とてもユニークに感じた
「効果的な勉強法」について書かせていただきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
勉強の先にあるものだけでなく、その時に得られる嬉しい気持ち
を明確にして、繰り返しインプットしよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆Z会で「全国1位、東大確実」と
とても優秀な成績を出されているお子様の育て方
『教育の秘訣』について教えていただきました。
◆その方は、子供が「自ら勉強をする」ようになるために
子供に「良い成績をとったら、どんな気持ちか?」
を常に質問をします。
するとお子さんは
「嬉しい。先生に褒められる。皆に認められる。気持ちいい」と
良い気分になるそうです。
 
◆そこで、この方は、繰り返し、繰り返し、お子さんに
「良い成績をとったら、どんな気持ちか?」を聞きつづけ
そのときの気持ちを、何度も、お子さんに感じてもらうそうです。
これを繰り返していると、子供はある時期がくると
自ら勉強をする良い習慣ができるそうです。
 
◆また『続ける技術」の著者で塾を経営されている 石田 淳さんは
子供が勉強をしつづける方法として、試験の成績など結果にフォーカスする
のではなく、勉強時間の目標を決めて、その目標の勉強時間を子供が
クリアするたびに、その子供に、簡単なご褒美を出して表彰することが
有効だといいます。
◆さらに保険のセールスで卓越した業績を出されている
経営者の方はいいます。
「大人も、子供も同じです。
保険の契約という結果にフォーカスすると、
殆どの営業が考えすぎて動けなくなります。
そうではなく、あくまで大量行動をし続けることができる仕組みを作ること。
そしてその行動が、結果につながっているのか?それを検証することが重要です。」
と教えてくださいました。
◆やはり卓越した成果を出される方の共通点は
「目先の結果に集中するのではなく、その先にある目的や
良い気分にフォーカスしています。」
そして、そこにつながる大量行動ができる仕組みを
活用していますね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■勉強して欲しい成果をを得たら、どんな気持ちか?
繰り返しイメージして感じよう
■目先の結果に集中するのではなく、その先にある目的や
良い気分にフォーカスしよう
■欲しい成果を得るために、大量行動ができる仕組みを活用しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 <さくらのB級ぐるめ>★★★
さくらは、記念日に、高級レストランのランチに
いくことがあります。
 
「A級グルメのディナーではないところがミソです・・・(笑)」
今回は、ちょっぴり奮発して、瀬里奈のランチにいきました。
 
コースは、和牛のヒレステーキか蟹を選べるということで
ステーキのコースをいただきました。
前菜から始まり、蟹のてんぷら、和牛のヒレステーキ
がついています。
 
瀬里奈のランチは、3500円からありますので
たまには自分へのご褒美や、大切な人とゆっくり
するのも良いですね。
■瀬里奈 はこちら
http://r.gnavi.co.jp/g017403/