10174881_1521844344732189_7832746887128596432_n

◎歴史から学んでいますか?

◆「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」という言葉があります。

成功している事業家には『知恵の系譜』があります。

日本を代表する事業家の書籍をよんで、講演会などで話を聴いてみると
興味深いことに氣づきます。
・京セラやKDDIの創業者である稲森和夫会長は、経営の神様といわれた、
松下幸之助氏から、学んでいます。

・マクドナルドの創業者である、藤田田氏も松下幸之助氏から
学んでいます。

・ソフトバンクの孫正義社長は、高校時代に藤田田氏から
直接、学んでいます。

◆もし、ある分野で、夢や願望、目標など、

「あなたがのぞんだ思いを現実化したい!」とお考えであれば

その分野で卓越した業績をあげた、一流で一番の人間から
直接学ぶことです。

 

1509275_1521258744790749_640486343188680295_n

 

 

 

◆もちろん行動しなければ、結果はでません。

 

また、行動しなければ、その方法がそもそも
「うまくいくか」「うまくいかないか」がわかりません。

ですから「経験」も必要です。

◆ただもし、
ある分野であなたが成し遂げたいことがあるなら、

まずはその分野で、一流で卓越した業績をあげつづけている
人物から直接「学ぶ」べきです。

 

成功している大商人や事業家は、
この原則を理解し、活用しています。

◆「日本の財政赤字が1000兆円を越え、実質、破綻している」
という方がいます。

 

///////////////////////////////////

・『国及び地方の長期債務残高』は「約1010兆円」
(平成26年度予算案より)

・平成26年度一般会計予算は、約95.9兆円。

・このうち歳出(支出)についてみると、国債の元利払いに充てられる費用と、
地方交付税交付金と社会保障関係費(国民医療費が約39兆円など)で、
歳出全体の「7割超」を占めています。

・一方、歳入(収入)のうち税収は約50兆円であり、
一般会計予算における歳入(収入)のうち、
税収でまかなわれているのは「約5割」でしかありません。

・「残りの4割強」は、国債を発行して借金(公債金収入)に
依存しています。

※財務省HPより
///////////////////////////////////

 

DSCN9778

 

 

◆今、日本の財政赤字がどんどんふくらんで、日本国債を

買う人がいなくなってきています。

国債を買わないと日本国の予算が執行できません。
日本の税収では50兆円ですから、国債を買うしかありません。

 

◆ギリシャのデフォルトなどの影響で、金融機関も
預金者への責任から、国債を買うことができなくなってきました。

そこで最後の買い手として、日銀が現れて金融緩和ということで
どんどん国債を買っています。

◆アベノミクスは、2020年までに、財政黒字化をかかげて
『官』は、お金をじゃぶじゃぶだしています。

 

 

ですが、
『民』が、なかなかたちあがってきません。
納税が少ないのです。

 

バブルが崩壊した1991年から、日本国の税収が増えていません。

しかも財政支出を増やし、福祉を増やしたことで財政赤字が増えました。

1470376_1386387061611252_101922251_n

◆日本一の個人投資家といわれる、竹田和平さんは
これからの日本の財政の行方や、

経営、投資の在り方について、
どのようにお考えなのでしょうか?

こちらを学んでみませんか?

→  http://shii.jp/?p=1675

いい選択が未来を変える!
豊かな未来を現実化する!!
日本現実化戦略研究所(まる現)
久家 邦彦