斎藤一人 人生が全部うまくいく話 (知的生きかた文庫)/斎藤 一人

¥560
Amazon.co.jp
「人は天に可愛いがられている」
 
斎藤一人さんは「あまり執着してはいけない。」
と教えてくださいます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
天に愛され、守られていることに氣づこう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
幸福力(しあわせりょく)[CD付き]/斎藤一人

¥1,575
Amazon.co.jp
◆例えば「相手」に執着するのではなく
「相手が幸せになること」に執着すればいい。
 
別れたら相手が幸せになるなら別れればいい。
 
「どっちが正しい、あっちが正しい」
ということに執着するよりも、
 
仲が悪くなってきたら別れればいい。
といいます。
 
◆「仕事」に一生懸命に執着するのは良いことです。
仕事は「人の役に立てば、儲かる」ように
できている。
もし仕事で儲からないとしたら、自分のやり方に
執着しているからです。
 
『人間は成長する動物なのです。』
伸び伸びしている会社は、常に新しい言葉や
新しいものが出てきます。
 
◆この世の中では、自分に執着しすぎると
間違えることがあるそうです。
例えば、会話を通じて「自分を偉く見せよう」と
する人がいます。
普通、そういう人の話は聞きたくありません。
 
人に自慢して、人をやっつけようとするのは
自分に執着して、自分が可愛いからなのです。
◆でもあなたは自分に執着して、自分を可愛がる
必要はないのです。
なぜなら
「あなたはすでに天に愛されている、からです。」
 
あなたは、すでに天に守られているから
大丈夫なのです。
例えば・・・
・あなたは意識しなくても呼吸をして生きています。
・あなたは寒くなったら、寒いと感じるので温かくで
きます。
・あなたはお腹が減ったら、お腹が減ったとわかり
・あなたが食べた食べたものは、消化され栄養が吸収
され、排出されます。
つまり、あなたは天に守られているのです。
 
◆あなたは、すでに天に可愛がられているのだから
あなたが愛さなければならないのは、あなたの廻りの
人です。
廻りの人にできることをやるのです。
人様が喜ぶことをすることなのです。
会話でも相手の為を思って一生懸命、一生懸命
話せばいいのです。
人様が喜ぶことをするのです。
 
◆千年たっている縄文杉でも、今年も新しい若葉
がでてきます。
「楠木(くすのき)千年、今年も変わらぬ若葉かな」
木だって毎年、毎年、新しい若葉を出しています。
人間には「若葉」ではなく「言葉」です。
 
木が若葉を出すように、毎年、つねに新しく
若々しく、みずみずしい若葉のような言葉を
話すことで成長していきましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 毎年、つねに新しく若々しく、みずみずしい
若葉のような言葉を話そう
■ 会話は相手の為を思って、一生懸命、一生懸命
話そう
■「相手が幸せになること」に執着し
人様が喜ぶことをしよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
松屋さんで「豚めし」をいただきました。
 
松屋さんは、美味しいものを、短時間で
しかもリーズナブルに食べられます。
「豚めし」の種類も
(小盛)270円(並)290円 (大盛)390円 (特盛)490円
から選べるのですね。
 
■松屋フーズは、昭和41年に一軒のラーメン屋からは
じまり、安くて美味しくて、しかもお腹いっぱいにな
る食事をしてもらって、お客様によろこんでもらおう
という思いが、「牛めし」との出会いにつながってい
きました。
■今では750店舗・年商600億円を超える東証一部上場
企業にまで成長しました。
この歴史の中で、社長をはじめ店長や従業員はどんな
思いで仕事に取組んできたのでしょう。仕事に対する
価値観はどうだったのでしょう。
■それは「お客様によろこばれる店づくりをめざして
お客様に奉仕する。
そのためには、どんな努力も惜しまない」という思い
でした。
お客様によろこんでいただくことが、働くよろこびで
した。
■このような思いが、代々の店長に受けつがれ、お客
様から愛され、お店がその地域になくてはならない存
在となり、1店舗また1店舗とお店の輪が広がってきて
今日の松屋フーズがあるのです。まさにこの思いが
「経営理念の源」なのだそうです。
■松屋さんの経営理念
お客様によろこばれる店づくりをめざすために。
① 店はお客様のためにあり、店は会社の姿である
② お客様は儲けさせてくれない店に用はない
③ 私たちが得られる満足の程は、お客様が得た満足
の程である
追伸:
「松屋」さんは店内で「豚めし」をいただくと
お味噌汁がつくのも嬉しいですね。
■松屋はこちら
http://www.matsuyafoods.co.jp/menu/lineup/02_don
.html