山崎豊子さんの原作で、書店でもよく見かける
「沈まぬ太陽」の映画をTVで観ました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
日本の国を代表する航空会社『国民航空』の労働組合委員長の
恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を
命じられてしまいます。
10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすも
ジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行った恩地は、
さまざまな悲劇を目の当たりにします。
その後、恩地は国民航空の組織の建て直しを図るべく就任した
国見新会長(石坂浩二)のもとで、会社の腐敗と闘うという
ストーリーですが、フィクションといわれても、どうしても
現在の日本航空と重ね合わせて観てしまいますね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
大切なものを、大切にしよう
----------------------------------------------
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ここからは「沈まぬ太陽」のさらに詳細なあらすじです。
1980年代、国民航空35周年記念パーティに
恩地(渡辺謙)がケニア大使の接待役として出席、
経営者側で取締役の行天(三浦友和)と八馬取締役(西村雅彦)が
「迷惑だ!」と退席を促すシーンから始まります。
このパーティの最中にジャンボ機墜落事故が発生します。
◆その後、場面は1960年代に戻ります。
国民航空・労働組合のリーダーの行天と副リーダー恩地が
経営者側に給料の労働条件の改善と賃金アップを求めて交渉する
シーンに移り・・・
経営者側に要求が通らないなら大臣が羽田を利用する日にスト
をすると宣言し、こうして何とか賃金のベースアップを勝ち取ります。
この後、労働組合の八木労働組合書記長(香川照之)が恩地を中心に
祝勝会を上げます。
ところが・・・行天はその中に加わりません。
◆この後、行天は経営者側へ寝返り、経営側の息がかかった
御用組合が設立されて、旧労働組合は分裂状態になります。
経営者側と激しく対立した恩地は、国民航空の小さな海外支店や
初開設の支店に飛ばされて、左遷され続けます。
恩地の家族はそれに着いていきますが、子供達がホームシックに
なるなど大きな負担になります。
最初は家族が共に行動していましたが、途中で帰国し、恩地一人で
活動するようになります。
そして恩地自身もストレスから錯乱を起こします。
◆帰国した恩地は、労働組合で共に活動していた仲間達の酷い扱い
を聞いて愕然とし、社長に
「しない約束だった報復人事を何故したのか?」と問い詰めますが
納得できる回答はありません。
そんな中ジャンボ機墜落事故が起きて、恩地は遺族担当に指名され
体育館で遺族による犠牲者の確認作業に立会い、航空事故にあった
遺族の為に尽力することになります。
こうして遺族の家を回る恩地でしたが、息子や夫を失ったことで
失意の人々を見て、そこに無力感を感じます。
◆国民航空は、もともと事故が頻発していた中で
この大事故が起きたため日本国の政府主導で利根川総理を
中心として国民航空を立て直すべく
関西経済界で企業再生の実績を買われた国見正之(石坂浩二)を
国民航空の新会長として招聘します。
この時、労働組合や遺族係での真摯な対応が評価された恩地は
会長室付けとなり、事故再発防止のため改善活動を提案します。
そして国見会長がこれを採用することで、国民航空の再生への
第一歩を踏みだします。
◆しかし、国民航空の既存の権力で甘い汁を吸っていた経営陣は
国見会長へ、あの手この手で妨害工作をしてきます。
そんな中、国見会長が社内を調査していると、裏金が動いている
疑いを発見し、恩地にアメリカへの調査を依頼。
調査した恩地はアメリカの弁護士事務所で契約について数千万の
金額差が国民航空資料とアメリカ弁護士事務所に有り、裏金が確実
になります。
さらに為替レートでも怪しいところがある事が分かります。
◆ところが為替は政府の竹丸副総理(小林稔侍)等の実力者にも
影響を及ぼす為、政府は急遽、国民航空の国見会長の退任を求めます。
国民航空の取締役会で、国見会長が辞意を表明したその日
裏金工作の主要人物である国航商事会長となった八馬取締役の
解任決議を提案します。
八馬取締役の仲間であったはずの行天常務が解任動議に
手を上げると、他の役員も続々と手を挙げ八馬取締役
を解任します。
◆恩地はこの後、会長室が無くなった為に遺族係へ戻るつもり
でした。
ところが行天常務は、恩地を恐れ、再びナイロビへの人事命令を
くだします。
この時、事故の遺族係を経験して、遺族のつらい日々や虚しさという
感情を目の当たりにしていた恩地は、自分が受けている逆境など
遺族の辛さに比べれば、取るに足らないことだと感じます。
そしてこのナイロビへの移動命令に、以前と違う気持ちで向かう
自分がいることに氣づきます。
◆恩地は、ナイロビへの移動命令を家に帰り家族に説明します。
娘の純子(戸田恵梨香)は、この年でのナイロビへの移動は
納得できないと怒ります。
しかし、りつ子夫人(鈴木京香)と息子の克己(柏原崇)は
恩地の気持ちを冷静に受け止めます。
恩地自身は、「今回は、ナイロビで素直に仕事をしたい。」
と言います。
◆行天常務は八木に航空チケットを金券ショップで売りさばかせて
そのお金を懐に入れていました。
八木はこの腐敗を告発する為に東京地検に、会計資料を証拠として
送付し自殺します。
その後、地検に八木から送られた会計資料から、特捜部が
国民航空に来て、行天常務は特捜部へ連行されることになります。
◆一方の恩地は、航空機事故で家族を亡くした遺族を思い御巣鷹山
へお参りした後、ナイロビに赴任。
恩地はナイロビの大草原で、野生動物の家族の生活や
大きな大きな真っ赤な夕日を見ながら・・・
そこにいつまでも消えない光、「沈まぬ太陽」を感じます。
恩地がナイロビの大草原で見た、野生動物が家族と暮らす
自然のありのままの姿や、ナイロビの真っ赤な夕日の光に
見たものは・・・
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「航空機事故の遺族の氣持ちを忘れなてはならない。」
という真摯な姿勢と、この事故を、大きすぎる教訓として
永遠に心に刻み、あらゆる交通機関の安全を願い続ける
ことなのでしょうね。
その想いを、心の中にもち続けるものが『沈まぬ太陽』
なのかもしれません。
「人間の心には、消してはいけない光がある」のだと思います。
◆映画「沈まぬ太陽」を観ていると・・・
日本航空(JAL)だけでなく、内部の問題を改善できない
企業や日本国の財政問題など、根本的な原因は共通している
ような氣がします。
「見つからなければいい。自分さえ良ければいい。
他の人や、会社、国はどうなってもかまわない。」
という行き過ぎた利己主義が問題の解決を遅らせている
のではないでしょうか?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆そしてこの問題の解決策は
『感謝の氣持ち』や『徳』を積むことなど
『人として大切なものを、大切にすること』なのだと感じます。
多くの人と出愛い10年、20年と経つと感じますが・・・
『徳』を積んでいる人は、やはり天に守られ
汚いことをしている人は、一時的に儲かったように見えても
いつかはその代償を支払うことになるようですね。
■「あなたの心の中で、あなたを明るく照らし続ける光は何ですか?」
斎藤一人さんは、教えてくださいます。
「義理と人情、NO1」(*^。^*)
$さくらの「ウェルシーシェフ」
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 天知る、地知る、君知る、我知る
■ 汝の良心の声を聞き、それに従え
■ 人間の心には、消してはいけない光がある
----------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★
$さくらの「ウェルシーシェフ」
エクシオールカフェで、HOTココアをいただきました。
寒い冬に、熱々のココアが身体を温めてくれて嬉しいですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
甘いホイップクリームが、リラックスした志高の時間へと導き
心も身体も癒してくれます。
エクシオールカフェには、パソコンのコンセントが使える席も
いくつかご用意されているので、原稿をかくときにも便利ですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
いつも有難うございます。