一生かかっても知り得ない 年収1億円思考/江上 治

¥1,470
Amazon.co.jp
書籍『一生かかっても知り得ない年収1億円思考』江上治著
を読みました。
江上治さんはマインドの弱い人、低い人、すなわち「稼げない人」は
固定観念(概念)に縛られているものだといいます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■豊かさを創る質問■
・あなたは、固定観念(概念)に縛られていませんか?
・あなたは、20年後の人生設計から資産運用を考えていますか?
・あなたは、長期的な視点をもって楽しい道を選んでいますか?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
_______________________________
<魔法のレシピ>
資産運用は20年後の人生設計から考える
_______________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆固定観念にしばられていると、何がよくないのかというといえば
局面が変化したときに、それに対応して自分の行動を変えられない
からである。
ネットワークビジネスに嵌った女性の場合でいえば
「お金」である。
彼女は『お金』に縛られて行動を決めていた。
「もっと稼ぎたい。もっとお金を稼げるはずだ!」と考え
安定したOL生活を捨て、友達に誘われてネットワークビジネス
にのめり込んだ。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
それに失敗して「簡単にお金は稼げない」と悟ればまだしも
さらに借金のリスクを負い、経営の知識もないくせに
雑貨店経営まで始めてしまった。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆江上治さんはファイナンシャル・プランナーとして資産運用を
任されていますが、お金の運用というよりもまず、その人の
人生設計をどうするのかを考える。
「20年後にどのようにしたいのですか?」
というスタンスであり、投資も10年、20年後に資産が倍増、
3倍増するように設計する。
これがあくまで長期的な視点に立ったお金儲けであるが
短期でお金を追い求めるとどうしても投機的になる。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆投機的な生き方をすると、人間は短絡的な考えに陥りやすい。
そのやり方で一時的には上手くいくときがあっても、結果としては
絶対に成功しない。
そして失敗したとわかったときの対応が、また遅い。
損切りができないのである。
懸命な人間、固定概念に縛られていない人間ならば、これまで
自分がやってきたことが失敗だと氣づけば、冷静に分析して
方向転換を計る。
視点を変え、方向を変える、損切りしてでも従来とは違った世界を
模索する。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「長期的な視点をもって現在をみつめれば、ここで損をしても
やむを得まい。方向を変えよう。」という知恵が生まれるのだが
短期的な視点だけで生きてると、「やり直そう」という
切り替えができない。
つまり「捨てるべきときに、捨てられない」のである。
「稼げる人」は、切り替えが実に早い。
常に「長期的の中での現在」という目が備わっているから
損切りもすばやい。
だから稼げるのである。
斎藤一人 人生が全部うまくいく話 (知的生きかた文庫)/斎藤 一人

¥560
Amazon.co.jp
◆日本一の商人である斎藤一人さんは、
道が二つに分かれたときに
『楽しい道』と『正しい道』があったら、1歩先まで考えて
『楽しい道』を選ぶこと書籍に書かれていました。
例えば
・「仕事はしない方が楽だから、家で寝ているよ」という人は
間違いなく、会社をクビになります。
「会社をクビになるほうがいいですか?」それとも
「仕事があるほうがいですか?」
・「カードでたくさん買い物をしたら、間違いなく次の月に
お勘定が来ます。」
「翌月から借金生活がいいですか?」それとも
「貯金がある生活のほうがいいですか?」
つまり1歩先まで考えて選択することが大切なのですね。
斉藤一人の絶対成功する千回の法則/斎藤 一人

¥1,575
Amazon.co.jp
『成功している人の共通項は、目先の快楽ではなく
長期的な視点をもって決断している』というお話を
おききしたことがありますが、実際にそのとおりなのでしょうね。
◆お薦め書籍
『一生かかっても知り得ない年収1億円思考』江上治著はこちら
一生かかっても知り得ない 年収1億円思考/江上 治

¥1,470
Amazon.co.jp
_______________________________
<魔法のレシピ>
■ 固定観念にしばられていると、局面が変化したときに
それに対応して自分の行動を変えられない
■ 成功している人の共通項は、目先の快楽ではなく
長期的な視点をもって決断している
■ 1歩先まで考えて『楽しい道』を選ぼう
_______________________________
<さくらのB級グルメ> ★★★★★ ★
博多で長浜屋台ラーメンの『山ちゃん』にいきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ビールと一緒に、串焼きのバラやズリをいただき
ラーメンをバリかたでいただきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
チエーンもあるという人氣店ですが
食べやすいお味ですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■長浜屋台ラーメンの『山ちゃん』のHPより
$さくらの「ウェルシーシェフ」
オープン当初より、材料の骨にこだわり、じっくり時間をかけ、
コクがあるのにさっぱりと臭みのない豚骨スープを作っています。
麺は長浜ラーメンの特徴のひとつ“腰のある”麺にこだわり、
飲んだ後の締めにも食べたくなるのが長浜ラーメンの特徴でもあります。
具材はシンプルにねぎとチャーシュウ
後は好みで紅しょうが、ごま、こしょうで食べて頂きます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
長浜ラーメンは元々、魚市場で働く人たちが仕事の合間に
早く食べられるように麺が細いとも言われていますが、今では男性だけではなく
女性にも食べやすいラーメンとして人気があります。
戦後広まった屋台の面影をのこしながら、今では老若男女問わず
気軽に飲食を楽しみながら旅行客の方々には、
故郷に帰ったようなくつろぎ感を思わせる安心感で楽しんでいただいています。
また、常連のお客様とも暖かい会話を楽しむことができるのも、
屋台ならではの特徴です。
店舗では数々のアーティストの方々にもご贔屓にしていただいております。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■博多ラーメンの『山ちゃん』はこちら!

http://nagahama-yamachan.jp/

ありがとうございます。