カンブリア宮殿 村上龍×経済人 (日経スペシャル)/村上 龍

¥1,680
Amazon.co.jp
カンブリア宮殿 2012年1月19日放送
◆ゲスト ブラザー工業 社長 小池 利和氏
『新分野に挑戦し続けろ、これが21世紀の多角化経営だ!』
を観ました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■豊かさを創る質問■
・あなたは、製造だけでなく、創造しつづけていますか?
・あなたは、経済環境の変化に耐えられる企業を
築きつづけていますか?
・あなたは、アイデアを実践で磨き続けていますか?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
__________________________
<卓越のレシピ>
どんな経済環境の変化にも耐えられる事業を築こう!
__________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆昔はカセットやレーザーディスクが使われていたカラオケ。
実は現在の『通信カラオケシステム』を世界で初めて開発したのが
ブラザーだった。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
この通信カラオケの開発、実はある大失敗が元になっていた。
1985年に電電公社がNTTとなり、電話回線への参入が可能となると
ブラザーはパソコン用のゲームソフト自動販売機「TAKERU」を開発。
客は好きなソフトを選び、電話回線を通じてフロッピーに
ダウンロードできるという画期的なものだった。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆『大失敗から生まれた世界初の通信カラオケ』
しかし、電話回線でのダウンロードに時間がかかり、
電話代を負担していたブラザーは大赤字となってしまった。
ところが『コンテンツをデジタル化し配信するビジネスモデル』
に可能性を感じた担当の安友は研究を続行。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
1992年、ついに『世界初の通信カラオケを開発』する。
ブラザーの開発した通信カラオケのジョイサウンドは業界
トップシェア。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
今では『携帯電話やスマートフォン向けのコンテンツなどと
合わせておよそ500億円を売り上げる事業』にまで成長した。
たとえ失敗しても技術と経験が残る、だからブラザーは新事業
を追求し続けているのだ。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆第2次世界大戦より前に書かれた
『ブラザーの設立趣意書』には
『輸入産業を、輸出産業にする!』と書かれている。
当時、日本では高価だった主力製品の『ミシン』
・ブラザーは1954年にはミシンの輸出を開始。
ブラザーは『輸入産業を、輸出産業にする!』ということを
創業から40年かかりながらも実現している。
・1961年には、ブラザーは欧米でタイプライターを始めた。
そしてインクジェットをだして、ドットプリンタをだして
着実に伸ばしていった。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆これは、ただの『売り上げ拡大を狙っての多角化』ではない。
『一つの事業に、経営資源を集中せず、いくつもの柱を持つことで、
どんな経済環境の変化にも耐えられる企業を目指しているのだ。』
その後、ブラザー工業は1984年にはロサンゼルスオリンピックに
タイプライターを公式提供するなど世界ブランドとなっていた。
しかし、当時すでにタイプライターに代わりパソコンが普及し
始めていた。
プリンターの需要が高まるなか、ブラザー工業はプリンター開発
では『後れを取っていた。』
◆1980年代、ブラザーの売上げが急落、当時ブラザーの筆頭株主の
スティールパートナーズから『オフィース危機に集中する』という
『選択と集中』の提案をうける。
小池社長はその提案を拒否した。
その矢先にライバル会社から発売されたのが、レーザープリンターだ。
『従来のプリンターに比べ飛躍的にスピードが速く見た目が美しい』
その頃アメリカで商品企画を担当していた小池社長は
『危機感を感じ!日本本社にレーザープリンターの開発を進言。』
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆さらに、90年代に入りアメリカで『ベンチャー企業が増える』と、
ブラザー工業は
『プリンター、ファックス、コピー機の機能が一体化した
小型の複合機の需要を探し当て』いち早く市場に参入。
アメリカでのブランド力が高まったブラザーは、
この分野でヨーロッパ、アジアへも進出する。
現在では売上、生産ともに8割が海外になり、
円高リスクを回避できるようになった。
ブラザー工業は44の国と地域に進出するグローバル企業でもある。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆不況のさなか、新規事業を開拓しつづけ、サバイバルしてきた
企業がある。
ブラザー工業の100年たった現在の売上高(連結)は5028億円
(2011年3月期)ある。
家電量販店にあるブラザーの現在の主力製品は、プリンター
などの事務機器で、その売上げは3400億円である。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ブラザーの開発した通信カラオケのジョイサウンドは業界トップシェア
である。
ブラザーの本社は名古屋にあるが、ブラザーの売り上げは
海外が70%ある。
『輸入産業を、輸出産業にする!』
この『ブラザー工業の設立趣意書』に書かれている創業の時の
理念を小池社長は観るたびに感動し心が洗われるといいます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆歴代納税額が日本一である斎藤一人さんのお話をお聴きした
ことがあります。
『成功は目と足だよ!』
『事業で成功している経営者は、会社にいないことが多い。』
なぜなら、上手くいっている事業や商売を観てまわっているからだ。
成功している経営者は、そういう時間が取れるようにしている。
逆に、事業が上手くいかない経営者の共通項は、勉強会にすら
参加しない。
この言い訳は、だいたいの場合、『忙しい!』だ。
斎藤一人 人生が全部うまくいく話 (知的生きかた文庫)/斎藤 一人

¥560
Amazon.co.jp
◆時代の変化が激しいということは、それだけニーズが生まれ、
『それを解決する機会』が増えているということですなのですね。
      ↓
・1980年代に、ブラザーの売上げが急落したときに
アメリカで商品企画を担当していた小池社長
ライバル会社から発売されたレーザープリンターを観て
『従来のプリンターに比べ飛躍的にスピードが速く見た目が美しい』
と感じる。
      ↓
小池社長は
『危機感を感じ!日本本社にレーザープリンターの開発を進言した。』
      
・1990年代に入りアメリカで『ベンチャー企業が増える』と、
ブラザー工業は
      ↓
『プリンター、ファックス、コピー機の機能が一体化した
小型の複合機の需要を探し当て』いち早く市場に参入。
      ↓
アメリカでのブランド力が高まったブラザーは、
この分野でヨーロッパ、アジアへも進出する。
      ↓
・現在では売上、生産ともに8割が海外になり、円高リスクを
回避できるようになった。
◆『ブラザー工業の設立趣意書』のような創業理念やミッション、クレドを
『変えずに』もちつづけること!
それと同時に、時代の変化のなかで、事業や商売の現場の知恵(暗黙知)を
学びつづけ、自分の事業に工夫して応用し続けること!
つまりどんな経済環境の変化にも耐えられる企業になるための
イノベーション、リスクマネジメントを徹底して
『変え続けること』が重要なのですね。
<<強運者となる4つのステップ>>
1、強運者を見つける
2、強運者にちゃんと聴く
3、強運者に好かれる
4、強運者とパワーパートナーとなる。
<<村上龍さんの編集後記>>
『空氣など読むな、創造せよ!』
ブラザー工業は創業以来100年を超える歴史を持つが、
創業者や歴代社長の自伝の類が極端に少ない。
おそらく「過去を振り返るよりも新規事業のアイデアが優先」
という企業文化が根づいているからだ。
「製造ではなく創造」という社風は、ミシン修理の際に部品を
独自に作ったという創業以来の伝統に由来している。
小池さんは、23年間もアメリカにいて、日本的な序列とは無縁に
本社社長に就任した。
ブラザー工業は「空気」など読まない。
ひたすらアイデアを磨き、新規事業とグローバル展開に賭ける。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
【ゲストプロフィール】
◆ゲスト
ブラザー工業 社長
小池 利和(こいけ・としかず)氏
1955年 愛知県生まれ
1979年 早稲田大学政治経済学部卒業、ブラザー工業入社
1982年 アメリカ現地法人に出向
2004年 帰国後に取締役就任
2007年 社長に就任
【企業情報】
会社名 ブラザー工業株式会社
本社 愛知県名古屋市瑞穂区苗代町15番1号
設立 1934年1月
売上高(連結) 5028億円(2011年3月期)
経常利益(連結) 386億円(2011年3月期)
従業員数(連結) 29873人
(2011年3月31日現在)
_____________________________
<魔法のレシピ>
■ アイデアを磨き続けよう!
『変えてはいけないもの』と『変えなければならないもの』
を明確にしよう!
■ 多角化経営で生き残る!
一つの事業に経営資源を集中せずいくつもの柱を持つことで
どんな経済環境の変化にも耐えられる企業を築こう!
■ 「空気」など読まない!
たとえ失敗しても技術と経験が残る、新事業を追求し続けよう!
_______________________________
<さくらのB級グルメ>スイーツ編★★★★★ ★★
コンビニスイーツ 濃厚ショコラ&ホイップシュー
を頂きました☆*.。((〃’艸’〃))。.*☆
$さくらの「ウェルシーシェフ」
セブンイレブンさんのシュークリームの
待望の新作でーす(*^O^*)
$さくらの「ウェルシーシェフ」
香ばしく焼かれた生地♪
この中にはとろける2種類のクリームが一度に味わえるシュークリームで、
ビターチョコの味わいがミルキーホイップと相性抜群ですo(*’▽’*)/~☆
あっさりした口どけのホイップなのでこのコラボ、重くありません!!
シューは香ばしく、ふわふわ。
噛めば噛むほど香ばしさがアップして
クリームを引き立てます(*゚∀゚*)
これで130円ΣΣ(゚д゚lll)!! おいしくて、
リーズナブルな価格(。◕‿◕。)​ノ最高ですね!!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
セブンイレブンのスイーツはどれもヒット商品ばかりです\(^o^)/
今後の新作にも期待です♪