カンブリア宮殿 村上龍×経済人1(日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 ブルー む 2-2)/村上 龍

¥800
Amazon.co.jp
カンブリア宮殿で
『ギャルファッションの売上トップブランド!
その経営は62歳のおやじ!』
◆ゲスト
『セシルマクビー』を展開する、ジャパンイマジネーション会長
 木村達央(きむら・たつお)氏を観ました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
外資系ファストファッションが全盛を極めるアパレル業界で
国内のアパレルメーカーは頭打ち。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ところが不況でも、女性の客足が絶えないファッションの聖地
「SHIBUYA109」(渋谷109)にあって
2000年から10年連続で館内テナントの年間売り上げ
ナンバーワンの座を守り続ける人気ブランドがある。
「セシルマクビー」だ。
率いるのは、何と62歳のおやじ。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
木村達央さんが率いるジャパンイマジネーションは、
ギャル達から熱い支持を得続け、業績が好調。
しかし「私はファッションのことが分からない!」と
木村さんは言う。
そんな木村さんが、なぜ、ギャルファッションに成功したのか?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■豊かさを創る質問■
・あなたは、わからないことを、わかる人に任せていますか?
・あなたの会社は、お客様にたいしてフレンドリーで
ありながらも、お客様として礼儀正しく扱っていますか?
・あなたの会社には、人が集まってきますか?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
__________________________
<魔法のレシピ>
わからないことは、わかる人にまかせる
__________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆現場では、接客コンクールなどで優勝した、
今井さやかさんなどトレーナーが接客を教える。
一番大切なのは
「お客様と同じ目線で、同じ立場にたつこと!です。」
「上から目線もだめですし、下から見上げてもダメですね。」
ギャル風ですが、敬語はしっかり使う接客。
お客様との一線は越えない。
「お客様は、フレンドリーでありながら
お客様として扱ってほしい。」のです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「販売員が着てる、洋服がよく売れる。」
というのはあります。
やはり自信を持ってすすめることですね。
セシルマクビーの店員は、セシルマクビーの顧客だった人が
店員になっている。
顧客だったときに嬉しかったことをやってあげなさい。
嫌だったことはしないでください。
「好きでないと、薦められない。似合わないと薦められない。」
在庫がないわけではない。
「年間20回転、渋谷109の商品サイクルは2週間ですね。」
渋谷109の商品は定番がないのですね。
定番を求めているお客様はいますが、渋谷109のお客様
ではないですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「年商200億円から、年商1000億円とかはどうですか?」
売り上げ目標はあまり掲げてないです。
もちろん年間目標はありますが、売り上げとか、
成長は、結果ですから。
人が集まる会社は、ほっといても成長すると思います。
やはり、多様化するマーケットで規模の拡大というのは
あまりないですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆中国には進出しないのですか?
日本国内の市場が縮小していけば、やがては中国にも
と考えています。
「中国の人は、ブランドが浸透してからのほうが
いいのではないですか?」
「よく教えていただいて、タイミングを間違えない
ようにしないと。」(笑)
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆おかりえさんのブログには11億件を超えるアクセスがある。
おかりえさんは、今年ジャパンイマジネーションの社員になった。
おかりえさんは、プロのモデルでもないし、プロのデザイナー
でもない。
おかりえさんは、お客様の一番の代表ですね。
一番、お客様がこうなりたい!というシンボルですね。
中高生が、おかりえさんみたいになりたい!
ということがあるみたいですね。
今の時代に人氣があるのは、手が届くアイドルですね。
ついさっきまで普通の子だったのが、ブログで人氣になり、
3段飛び、4段飛びとなって、大人氣となった。
自分にも「なれそう!」な憧れがある。
ありがとうございます。
◆今、ファッションを顧客思考でやっていると、他のメーカーと
横ならびになり、同じようなファッションが増えてきた。
『セシルマクビー』の年代のファッションが全体に大人化している。
時代の流れが早くなりすぎて、大きな変化が起りにくく
なっているのかもしれません。
だから、ジャパンイマジネーションの新しいブランドである
『アンクルージュ』はアンティーク調にして、コンセプトを
逆に狭くしている。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ギャルファッションで、売上トップブランドを築く
セシルマクビーの強さは「いつも時代の風が吹いている!」
ことだと思います。
「どのように時代の風を捉えるかだ」と思います。
ファッションは、時代の、その時々の流れに乗り続ける
ことが大切だと思います。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆村上龍さんの編集後記◆
『多様化という大波』
女性のファッションは普通のおじさんにはわからない。
だがしばらく前までは、信じがたいことに、百貨店などで
おじさんが仕入れを担当していた。
消費者の嗜好は、恐ろしい勢いで多様化している。
わからないことはわかる人にまかせる、簡単そうで、
でも非常にむずかしいことを木村さんは実行して、成功した。
【ゲストプロフィール】
◆ジャパンイマジネーション会長
木村達央(きむら・たつお)氏
1948年10月22日 東京出身
1955年 学習院初等科に入学
1971年 学習院大学経済学部を卒業、三菱商事に入社
1976年 ㈱デリカ(後のジャパンイマジネーション)に入社
1983年8月 取締役営業部長
1990年8月 代表取締役社長
2010年4月 代表取締役会長に就任
≪企業情報≫
株式会社ジャパンイマジネーション
創業1957年7月 前「デリカ」 (1946年父が新宿洋品店 開業)
株式上場未上場
展開ブランド 全レディース 計8種
CECELMcBEE セシルマクビー・ファビュラス セシルリンク
Ristty Be RADIANCEa,g.plasquoi?quoi?rid.dle
売上高 206億円(10年1月)
◆お薦め書籍 カンブリア宮殿 村上龍×経済人1
カンブリア宮殿 村上龍×経済人1(日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 ブルー む 2-2)/村上 龍

¥800
Amazon.co.jp
__________________________
<魔法のレシピ>
■ 権威がなくなり、大衆が賢くなった
■ お客様は、フレンドリーでありながら
お客様として扱ってほしい
■ 人が集まる会社は、成長する
__________________________
<さくらのB級グルメ> ★★★★★ ★★★
京王プラザの中華料理『南園』で『飲茶のコース』
をいただきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
『京華席(けいかせき)』
・小前菜
・本日のスープ
・三種海鮮団子の湯引き
・青野菜の炒め
・カレーはるまき
・海老と野菜入りシューマイ
・海老包みシューマイ
・ふかひれ入り蒸し餃子
・スープ入りまんじゅう
・小魚入りかゆ または ねぎ入りつゆそば
・デザート
$さくらの「ウェルシーシェフ」
『京華席』は、すこしづつ運ばれてきてサービスされますが
どれも美味しく大満足でした。
 
$さくらの「ウェルシーシェフ」
店内に、水の流れがあり、せせらぎの音が聞こえてきます。
お店の雰囲気もよく、ゆっくり食事を楽しむことができました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆京王プラザの中華料理『南園』はこちら
http://www.keioplaza.co.jp/restaurant/nanen/index.html
有難うございます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」