カンブリア宮殿 2012年1月26日放送
ペット保険から保険を変える業界の風雲児の挑戦!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ゲスト◆ 
アニコムホールディングス社長
小森 伸昭(こもり・のぶあき)氏を観ました。
アニコムホールディングス流の社員育成法にせまる!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■豊かさを創る質問■
・あなたは、何を基準にして保険に加入していますか?
・あなたは、ロープレで実際の工程を演じ体験を積む事で
リスクマネジメントを徹底していますか?
・あなたの職場は、現場の発言の機会を効果的に
生み出していますか?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
__________________________
<魔法のレシピ>
「保険」は「人」である!
__________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※アニコムのペット保険はこちら!
http://www.firstplace.co.jp/anicom02/index.html?utm_source=ad&utm_medium=ppc
◆『小森社長は、保険は人だ!と仰られてますよね。』
小森社長:保険はどうやって安心を生み出すのか!
というと、保険は仕入れが、ないんです。
保険は設備や機械があるのではなく
「ただ人」がいるのです。
例えば.保険は!
Aさん:「こいつなら、ちゃんとお金を支払ってくれる!」
と思われるのか?
Bさん:「こいつは、払われないかもしれない?」
と思われるのか?
なのです。だから「保険は人なのです!」
例えば、この前も保険でお金が払われた! 
前々回も保険で支払われた! 
前回も保険で支払われた!
だから今回も保険で払われる!と信頼して
もらっているのです。
だから『保険は人だ!』といっています。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「アニコムのロープレで、売上げは上がらないのですか?」
ロープレは営業というよりも、例えば会議をやるとき
多くの会社では参加者が押し黙って発言をしないですよね。
ところが会社でロープレをする文化があると、皆が話す勇氣を
もっています。
会議で、何かの施策について話しているとき、
「実際にその施策のシーンをロープレでやってみて!」と
やって現場のスタッフに振るのです。
そして、その施策の全ての工程を、実践さながらでロープレ
すると、イメージができますから、いろんな局面に対応する
対応力がつきます。
小池さん:「実際に立ち上がって、ロープレで演じていると、
そのプロセスのイメージができますよね。」
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆小森社長:会社が大きくなると新しいことをやるとき、
どうするかわからないと、机の上だけの考えで、
リスク管理がなされてなくて、実際にやってみると、
いろんな失敗して上手くいかずに、返り血を浴びることが
ありますよね。
ところが全ての工程を実践さながらでロープレしていると、
ミスが少なくなるのです。
そこで全ての工程を何度もロープレして体験していると
場をこなせるようになるのです。
逆に、しっかりとロープレをしていないと、若い管理職が
場をこなせないので、発言もできないことがあるのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆詳しくは、調べてはいませんが・・・。
アニコムホールディングスは日本の金融機関で、
最も若い女性の管理職が多いと思います。
ロープレをすると、人前で話す!という場数を踏めますから
体験が多くなりますし、実際にそれをやる勇気もでます。
村上龍さん:日本の企業というのは、会議で自分の意見を
言うというのは、大前提では「肯定されていない!」のでは
ないでしょうか?
日本の会社で、KY「空気読め!」というのは、
『自分の意見を言うな!』ということですよね。
「特に、自分の上司がいったことに反対する!」というのは
何か機会がないとできないし、根づかない!ですよね。
ロープレは、自分の意見を言う!そのための
機会なのではないですか?
小森社長:そうですね。
ロープレはその発言ができる「代弁の機会」にもなります。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆村上龍 編集後記◆
今、庭で私の愛犬が吠えている。
散歩に行きたがっている。
朝夕の散歩は毎日欠かすことがないので、時間になると
出かけるものと思っているのだ。
犬は、私に服従しない。対等だと思っている。
ペットブームは、少子化、希薄になった人間関係と孤独、
そして経済的な豊かさなど、いろいろなものを象徴している。
小森さんは、ペット保険という新しい分野で、
リスク回避だけではなく、膨大な情報を病気の予防に役立てる
という、画期的なシステムを作った。
ペットに愛情を注ぐとき、わたしたちは人間的により豊かになり
成長することができる。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
【ゲストプロフィール】
◆ゲスト◆ 
アニコムホールディングス社長 小森 伸昭氏
1969年 兵庫県神戸市生まれ
1992年 京都大学経済学部卒業 「東京海上火災保険」
(現・東京海上日動火災保険)入社
1996年 経済企画庁に出向し、調査部門で経済白書の
まとめや健康保険制度に携わる
2000年 anicom(動物健康促進クラブ)を設立、
「ペット共済」としてスタート
2008年 アニコム損害保険会社としてペット保険販売開始
2010年 東証マザーズ上場
【企業情報】
会社名 アニコムホールディングス株式会社
本社 東京都新宿下落合1-5-22
創業 2000年7月
売上高 108億円(2011年3月期)
経常利益 3億4000万円(2011年3月期)
社員数    269人(2011年11月末)
契約件数 37万(2011年11月末)
契約病院数 5007(2011年11月末)
※カンブリア宮殿はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

_____________________________
<魔法のレシピ>
■ 保険は信頼である! 
■ 毎日のロープレで、実際の工程を演じて体験を積むことで
リスクマネジメントが可能になる!
■ 毎日のロープレで、社員が発言する勇氣を醸成する!
______________________________
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★
神戸屋 国産ポークのピリ辛チリウィンナーを購入しました♪
パンからはみ出たウインナーが美味しそうですヾ(@^▽^@)ノ
$さくらの「ウェルシーシェフ」
粗びきポークウインナーはパリッとジューシー!
デニッシュのようなパン生地に包まれています。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
たっぷりのトマトソースはピリッと辛くて、この味!
赤ワインにも合いそうで、大好きです。
やっぱり神戸屋さんのパンは、どれも美味しくて
Happyな気持ちになります♪♪
$さくらの「ウェルシーシェフ」
o(*⌒ω⌒)b♪♫•*¨*•.¸¸♪♫​•*¨*
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※神戸屋レストランはこちら!

http://www.kobeyarestaurant.co.jp/

ありがとうございます。