ドン・キホーテ〈前篇1〉 (岩波文庫)/岩波書店

¥903
Amazon.co.jp
聖書の次に世界的に出版されている大ベストセラー小説
『ドン・キホーテ』スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテス著を読みました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■豊かさを創る質問■
・ あなたは、「現実の世界」と「妄想の世界」
のどちらの世界を生きていますか?
・あなたの建設的な不満は何ですか?
・ あなたは、あなたの「思い」から全てが始まった
ことを確信していますか?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
__________________________
<魔法のレシピ>
人間は自分が考えたとおりの人になる!
__________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ ラ・マンチャのとある村に貧しい暮らしの郷士が住んでいた。
この郷士は騎士道小説が大好きで、村の司祭と床屋を相手に騎士道物語の話ばかりしていた。やがて彼の騎士道熱は、本を買うために田畑を売り払うほどになり、昼夜を問わず騎士道小説ばかり読んだあげくに正気を失ってしまった。
狂気にとらわれた彼は、みずからが遍歴の騎士となって世の中の不正を正す旅に出るべきだと考え、そのための準備を始めた。古い鎧を引っぱり出して磨き上げ、所有していた痩せ馬をロシナンテと名付け、自らもドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャと名乗ることにした。
◆最後に彼は、騎士である以上、姫が必要だと考え、エル・トボーソに住むアルドンサ・ロレンソという田舎娘を貴婦人ドゥルシネーア・デル・トボーソとして思い慕うことに決めた。
用意がととのうと、彼はひそかに出発した。
冒険を期待する彼の思いと裏腹に、その日は何も起こることなく宿屋に到着した。宿屋を城と思いこみ、亭主を城主だと思いこんでしまっていたドン・キホーテは、亭主にみずからを正式な騎士として叙任してほしいと願い出る。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ 亭主はドン・キホーテがいささか気の触れた男であることを見抜き、叙任式を摸して彼をからかうが、事情を知らない馬方二人が彼の槍に叩きのめされてしまい、あわてて偽の叙任式を済ませた。
翌日ドン・キホーテは、遍歴の旅にも路銀や従士が必要だという宿屋の亭主の忠告に従い、みずからの村に引き返すことにした。だが途中で出会ったトレドの商人たちに、ドゥルシネーアの美しさを認めないという理由で襲いかかり、逆に叩きのめされてしまう。そこを村で近所に住んでいた百姓に発見され、ドン・キホーテは倒れたまま村に帰ることになった。
◆ 打ちのめされたドン・キホーテの様子を見た彼の家政婦と姪は、
この事態の原因となった書物を残さず処分するべきだと主張し、司祭と床屋の詮議の上でいくつか残されたものの、ほとんどの書物が焼却され、書斎の壁は塗りこめられることになった。
やがてドン・キホーテが回復すると、書斎は魔法使いによって消し去られたと告げられ、ドン・キホーテもそれに納得した。
遍歴の旅をあきらめないドン・キホーテは近所に住む、いささか脳味噌の足りないサンチョ・パンサという農夫を、手柄を立てて島を手にいれ、その領主にしてやるという約束のもと、従士として連れていくことにした。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ ドン・キホーテは路銀をそろえ、甲冑の手直しをして二度目の旅に出た。
やがてドン・キホーテとサンチョは3~40基の風車に出くわした。ドン・キホーテはそれを巨人だと思いこみ、全速力で突撃し、吹き飛ばされて野原を転がった。サンチョの現実的な指摘に対し、ドン・キホーテは自分を妬む魔法使いが、巨人退治の手柄を奪うため巨人を風車に変えてしまったのだと言い張り、なおも旅を続けるのだった
◆ 遍歴の旅から戻ったドン・キホーテはしばらくラ・マンチャ

静養していた。その間目立った奇行も見られなかったのだが、一月ほど後に司祭と床屋が訪れると、やはり狂気は治癒していないことが判明した。
そんな中、ドン・キホーテの家にサンソン・カラスコという学士が訪れる。カラスコが言うには、ドン・キホーテの伝記が出版され(すなわち『ドン・キホーテ 前篇』)、広く世の中に出回っているのだという。ドン・キホーテ主従とカラスコは、伝記に書かれた冒険について、また記述の矛盾についてひとしきり語り合うのだった。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆やがてドン・キホーテとサンチョは三度目の旅立ちの用意をかため、出発する。ドン・キホーテの姪や家政婦は引き止めようとするが、カラスコはむしろ彼の出発を祝福して送り出した。
旅立ちを果たした主従が最初に向かった先は、エル・トボーソの村であった。
ドン・キホーテが三度目の出発にドゥルシネーアの祝福を受けたいと考えたためであった。彼はサンチョに、ドゥルシネーアを呼んでくるように頼むが、サンチョは困惑する。
ドゥルシネーアは架空の人物であるし、モデルとなったアルドンサ・ロレンソのこともよくは知らなかったためである。
◆ 結局サンチョは、エル・トボーソの街から出てきた三人の田舎女を、ドゥルシネーアと侍女だと言い張ることにした。
その結果、ドン・キホーテは田舎娘をドゥルシネーアと見間違えることはなかったが、自分を憎む魔法使いの手によってドゥルシネーアを田舎女の姿に見せる魔法をかけられているものだと考え、彼女らの前にひざまずき、忠誠を誓ったがまったく相手にされなかった。
ドン・キホーテは、心の支えであったドゥルシネーアにかくも残酷な魔法がかけられたことを繰り返し嘆いた。
◆ やがて主従は、「鏡の騎士」と名乗る、恋に悩む遍歴の騎士に
出会う。ドン・キホーテは鏡の騎士と意気投合し、騎士道についてさかんに語り合うが、鏡の騎士が「かつてドン・キホーテを倒した」と語ったのを聞くと、自らがドン・キホーテであると名乗り、彼の発言を撤回させるために決闘を挑む。
鏡の騎士が乗っていたのが駄馬であったため、ドン・キホーテはその隙をついて勝利することができた。落馬した鏡の騎士の兜を取ってみると、正体は学士のサンソン・カラスコであった。
カラスコの目的は妄想の世界において騎士として挫折させる事でドン・キホーテの目を覚まさせることであったが、ドン・キホーテの勝利により目論見は失敗に終わった。
◆当のドン・キホーテはと言うと、目の前のカラスコは魔法使いが化けた偽者ということにして片づけてしまった。
やがて、ドン・キホーテ一行のところに国王への献上品のライオンをのせた馬車が通りがかり、これを冒険とみたドン・キホーテは、ライオン使いに対して、ライオンと決闘したいと願い出る。
その場にいたものすべてがドン・キホーテを止めようとするが、ドン・キホーテは聞く耳を持たず、さかんにライオン使いを脅すので、やむなくライオン使いは檻の鉄柵を開け放つ。
何度もライオンを大声で挑発するドン・キホーテだが、ライオンはドン・キホーテを相手にせずに寝ころんだままだったので、ドン・キホーテは不戦勝だとして納得し、これから二つ名を「ライオンの騎士」とあらためることにした。
◆ やがて主従は、立ち寄った先でカマーチョという富豪の結婚式
に居合わせる。カマーチョは金にものを言わせてキテリアという女性と結婚しようとしていたが、結婚式の場にキテリアの恋人であるバシリオが現れ、狂言自殺をしてキテリアとカマーチョの婚姻を破棄させる。
その場にいた大勢の客がもめて大騒ぎになろうとしたところを、ドン・キホーテが仲裁に入り、事なきを得た。
バシリオとキテリアはドン・キホーテに感謝し、彼を住まいに招いた。彼はそこに三日滞在したが、その間に二人に思慮深い二三の助言を残した。
◆ なおも旅を続けた二人は、鷹狩りの一団の中にいた公爵夫人に
出会う。
彼女はドン・キホーテとサンチョを見るやいなや、すぐに自分の城に招待した。というのも、公爵も夫人も『ドン・キホーテ』前篇をすでに読んでおり、ひとつこの滑稽な主従をからかってやろうと思ったからである。
そんな企みには全く気づかないドン・キホーテは、公爵夫妻の城できわめて壮大な歓待を受け、その日はじめて、自分が空想上の騎士ではなくて正真正銘の遍歴の騎士であることを確信したのだったが…。
◆ ドン・キホーテは
1605年に出版された前編と、1615年に出版された後編があります。
ドン・キホーテは、騎士道物語を読み過ぎて妄想に陥った郷士の主人公が、自らを伝説の騎士と思い込み、「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」と名乗り、痩せこけた馬のロシナンテにまたがり、従者サンチョ・パンサを引きつれ遍歴の旅に出かける物語です。
17世紀当時、旧態依然としたスペインなどへの批判精神に富んだ作品で、風車に突進する有名なシーンは、スペインを象徴する騎士姿のドン・キホーテがオランダを象徴する風車に負けるという、オランダ独立の将来を暗示するメタファーであったとする説もあるそうです。
◆主人公の自意識や人間的な成長などの「個」の視点を盛り込むなど、それまでの物語とは大きく異なる技法や視点が導入されていることから、最初の近代小説ともいわれています。
年老いてからも夢や希望、正義を胸に遍歴の旅を続ける姿が多くの人の感動をよんでいます。
※スペインでは「ドン・キホーテ」では通じないことが多く「エル・キホーテ」(el Quijote)と呼ばれる。
※ウィキティーペディアより
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ ドン・キホーテの小説は、『人間の思考が現実化していく過程』
をユニークな小説として表現していますね。
妄想から始まり、いつしか妄想と現実の境界線が失われ、
最後には最初の妄想を現実に生きている世界!
ドイツの哲学者 アウグスティヌスは言いました。
『人間の情念が、ある一定のレベルに達すると
あらゆる事物を結合して魔術的に解決してしまう!』
スペイン広場でスペインの白ワインを飲みながら・・・。
17世紀にタイムスリップしたようなひとときを
愉しませていただきました。
ありがとうございます。
※お薦め小説『ドン・キホーテ』はこちら!
ドン・キホーテ〈前篇1〉 (岩波文庫)/岩波書店

¥903
Amazon.co.jp
_____________________________
<魔法のレシピ>
■妄想から始まる!
■妄想を廻りの人が信じる!
■妄想が現実になる!
_____________________________
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★
餃子の王将で本日のお薦め「豚肉の味噌辛炒め定食」
850円をいただきました。肉食系ですねo(*^▽^*)o
$さくらの「ウェルシーシェフ」
王将はオープンキッチンのお店が多いので
料理人さんが手際良く大きなフライパンでお料理を
つくるところが見えます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
料理の過程を目で見て、炒める音を聴いて香りをかぐと、
食欲が増してきます。
豚肉の味噌辛炒めは、豚肉とキムチの辛さがよくマッチング
されていて、ご飯がすすみます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
店名にもなっている王将の「餃子」は、日本一の拘りのお味!
ということで、ふっくらした皮と焼きた香ばしい香りが嬉しいですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※餃子の王将はこちら!
http://www.ohsho.co.jp/
ありがとうございます。