僕がワイナリーをつくった理由/ダイヤモンド社

¥1,575
Amazon.co.jp
カンブリア宮殿 2011年12月1日 放送
◆ゲスト カーブドッチ経営者 
落 希一郎(おち・きいちろう)氏を観ました。
■豊かさを創る質問■
・あなたのパワーパートナーは誰ですか?
・あなたのマスターマインドは誰ですか?
・あなたは、ゲームの達人ですか?
※カンブリア宮殿はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

__________________________
<魔法のレシピ>
ゲームの達人になろう!
__________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆小池映子:カーブドッチの「ビノ倶楽部」のアイデア!
あのアイデアは、どういうところからでてきたのですか?
落社長:女性のパートナーがいまして。その人の提言です。
ワイン造りでは葡萄を育てるので、お金が一番かかるのは
最初なのです。
苗木を買わないとならないし、最初の2年は葡萄がならないし
その間は、ワインができないのです。
ですからその間の資金が必要です。
銀行ではもちろんそのお金は貸してくれません!
それでしたら・・・。
『ワインが好きな人で、将来、良いお客様になる人に
前もって負担していただいてお金を集めよう!』と思いました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆『そこでビノ倶楽部をつくりました。』
「1億円を集めよう!」と思いました。
その時は、一口を10万円にするか? 一口100万円にするか?
一口1000円にするのか?を考えましたが、きついかな?と思い
『一口1万円で、毎年できたワインを10年間で10本送ろう』と
考えました。
こうしてビノ倶楽部をの会員を集め始めましたら
1億円が集まりました。
小池映子:「ビノ倶楽部の会員は、自分の苗木がある!」
というのはすごく嬉しいですよね。
村上龍:イスラエル人でパレスチナに入って行く人は、
『入植者』といわれますよね。
あれはパレスチナに入って最初に樹を植えるのですよね。
『ここは自分の土地だ!と、樹を植える!』のですよね。
これはもの凄くパワーがありますね!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆落社長:そうですね。
葡萄の樹も、ワインも人間より寿命が長いのです。
このままカーブドッチの会社がつづけば、ワインそのものでも
40年、50年のワインがでてきます。
カーブドッチには今、18年のワインがあります。
村上龍:自分の樹があるというのは、凄い帰属意識があると
思うのですね。
落社長:葡萄の樹が頑張っていると、人間が少しくらい
よろめいても大丈夫だ!というような安心感がありますね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆小池映子:温泉を掘ったり!ホテルなどの施設を創るのも
出資者の方が理解しているのですか?
落社長:もちろん!
出資者の方に「温泉を掘ります!」
「そこにホテルの施設をつくります。」と上手く話して
納得していただくのです。
カーブドッチは、レストランを8つ構え、そこでワインを買って
いただくのがミソです。カーブドッチは常勤で160名の人を雇用
しているので、年間で谷があるとよくないのです。
新潟は寒いので、本来は「冬」が谷なのです。
そこで温泉があって! ということで「冬」でも楽しめる
ようにしたのです。
さらに、お客様の8割が女性ですから・・・。
カーブドッチには美容院もスパもあります。
美容院はアメリカのアメダの美容院があります。
でも・・・。いきなりお客様が増えるのは心配もあります。
これは冗談ですが、TV放送が仇であの会社なくなったとならなく
なればいいのですが(笑)
カーネギー自伝 (中公文庫BIBLIO)/中央公論新社

¥940
Amazon.co.jp
◆鉄鋼王のAカーネギーの墓碑銘には、次のような言葉が
残されています。
・「Here lies one who knew how to get around him men
who were cleverer than himself.」
・「ここに、自分より賢い人々を、周囲に集める術を知っていた
人間が横たわる」
Aカーネギーは鉄鋼王として成功しましたが、「鉄」に関する知識は
殆どなかったそうです。そのことは彼の経歴を調べれば理解できます。
では何故、Aカーネギーは鉄鋼王として大成功して、当時の世界最大の
大富豪となったのでしょうか?
その理由は彼の廻りに、50人以上の優秀なマスターマインドが
いたからです。
※アンドリューカーネギーの歴史はこちら!(ウィキティーペデイア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/アンドリュー・カーネギー
富の福音/きこ書房

¥1,575
Amazon.co.jp
◆日本を代表する『勝ち組』である事業家に教えていただいた
ことがあります。
『勝つ人は、ゲームの達人』なのです。
自分一人で勝負するのではなく、誠実で優れた専門家を組織化して
夢や目標を実現していく人なのです。
Aカーネギーは『ゲームの達人』だったのですね。
大富豪アンドリューカーネギーに学ぶ ミリオネア養成講座 明確な目標設定編 (
¥1,680
Amazon.co.jp
【ゲストプロフィール】
◆ゲスト カーブドッチ経営者  
欧州ぶどう栽培研究所 代表取締役社長
落 希一郎氏
1948年:鹿児島県生まれ。東京外国語大学中退
1976年:西ドイツ国立ワイン学校卒業
その後、叔父が経営する(株)北海道ワインでワイナリー事業に従事
1992年:新潟県新潟市(旧巻町)にてカーブドッチ設立
【企業プロフィール】
所在地:新潟県新潟市西蒲区角田浜1661
年商:10億円(うちワインの売り上げ1億円)
従業員数:160人
「ヴィノクラブ」会員数:約1万人
※カーブドッチはこちら!
http://www.docci.com/
_____________________________
<魔法のレシピ>
■ 勝つ人は、ゲームの達人である!
■ 優秀なパートナーとビノクラブをつくり資金を集めた!
ワインが好きな人で、将来、良いお客様になる人に前もって
苗木のオーナーの負担をしていただいてお金を集めた!
■ 自分一人で勝負するのではなく、誠実で優れた専門家を
組織化して、夢や目標を実現していこう!
______________________________
<さくらのB級ぐるめ>★★★★★ ★★★
三陸石巻のボイル高級つぶ貝を頂きましたヾ(@^▽^@)ノ
つぶ貝は柔らかく煮込んであり、歯で簡単に噛み切れるほど
の柔らかさです。(*⌒ω⌒)b♪♫•*¨*•.¸¸♪♫​•*¨*
$さくらの「ウェルシーシェフ」
こんなに大きく、柔らかいつぶ貝は初めて頂きました♪
旨みたっぷりのタレに漬け込まれていて、そのまま食べられます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
真空包装になっているので保存もOK!!
ご飯のオカズでも、酒のツマミでも、どちらもいける味付けです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
美味しい海の幸をいただきながら、三陸漁港の復興支援にも
協賛できます。嬉しいですね。✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:
※詳しくは、こちらから!

http://sanriku-kobou.com/shohin23.html

ありがとうございます。