こんにちは!久家邦彦です。今日も1日元氣で顏晴ろう!
◎あなたは最悪を想定し、最善の行動をしていますか?
◆賢者は最悪を想定し、最善の行動をする!
     浅井隆さん

○【賢者は最悪を想定し、最善の行動をする!】という言葉を聴いたことがありますが・・・。
不思議な時計があるのをご存知ですか?
日本国の借金時計です。
   ↓↓↓

http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html

大前研一さんの書籍『心理経済学』を読みました。
※お勧め大前研一さんの書籍『心理経済学』はこちら!
大前流心理経済学 貯めるな使え!/講談社

¥1,680
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<強運のレシピ>
ゴールと目的から考え、最善策をうち続けよう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆  大前研一さんは、日本の財政状況について、
   日本国内では誤解を招くような意見が散見されているといいます。
 例えば
 ・「日本は実際にはそれほど債務を抱えていない」
 ・「外国人が日本国債を買っているわけではないから安心だ」
 ・「国民の金融資産1400兆円があるから大丈夫」
   といった類のものです。
◆ 1400兆円の国民の資産とは言っても、本来は国の借金とは全く別のポケットに入っているお金です。
 国が「国民のお金をパクらない限り」この国民の金融資産1400兆円をアテにすることはできません。
 「国が保有している資産があるはずでは?」
 と思う人もいるかも知れませんが、国有地や東京大学などの資産はキャッシュにすると二束三文になってしまいます。 
金融危機においてはキャッシュしかモノを言わない状況になるので、こうした資産をアテにすることはできないと考えるべきです。
◆ それでも「まだ猶予がある」というような発言をしている学者もいますが、その考えはあまりにも機械的で、『人間の心理』を考慮していないと思うと大前研一さんはいいます。
今年でも来年でも、数年後には確実にデフォルトするという未来が見えたら、その時点でジ・エンドになるのです。
実際、ギリシャの危機も「いよいよギリシャが危ない」というタイミングでCDS(クレジット・デフォルト・ スワップ)を一気に売り浴びせる人たちが出てきたために引き起こされています。
実は日本国債についても同じような動きが見え始めています。
◆ つまり、「日本国債がデフォルトしたら儲かる商品」が次々と売り出されてきているのです。
こうした事態を考えると、もはや日本には一刻の猶予もないと自覚するべきでしょう。
そして、国民としては政府に期待しつつも、日本国がデフォルトするような事態についてその対策についても考えておくべきかも知れません。
◆【賢者は最悪を想定し、最善の行動をする!】という言葉があります。
最悪を想定する。というのは恐れることではありません。
「備えあれば、憂いなし」ということです。
現実の数字をみて、事前の課題とその最善の解決策を前もって考え、備え、リスクマネジメントしてゆくことです。
◆稲森和夫さんの教えに
『楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する』というものがあります。
・悲観的な人は、行動することができないかもしれませんし、そもそも、夢や目標、最善策を考えることがしずらいかもしれません
 
・楽観的な人は、リスクマネジメントや計画が甘くなりやすく、途中で、計画がぶれたり頓挫する可能性が高いかもしれません
 
『楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する』とは
物事を行うときに
①構想を練る段階では、そのアイデアの可能性を引き出せるように楽観的になるのがよい。
②具体的な計画を立てる段階では、あらゆるリスクを想定し、慎重かつ細心の注意を払って厳密にプランを練るのがよい。
③実行する段階では、思い切って行動するのがよい。
という意味です。
①構想の段階、②計画の段階で、思考を伸ばし、リスクマネジメントを徹底していれば、行動は楽観的にできるものです。
■「心のゴミをエネルギーに転換するために!」
思考を止めないで、思考を伸ばして、マイナス思考を消せるようになるには。
まずは、自分とのコミュニケーションから始まります。
普段から、自分の心と思考のコントロール!つまりセルフマネジメントの習慣が大切になるのです。
大切な人たちの笑顔がつづくために、そして先輩達が築いてきてくれた日本人の魂や、美しい文化や風土や慣習のバトンを後世につないでゆきましょう。
日本国を国家破産をさせないように、また、世界がデフォルトしないために、ゴールから考えて最善の行動を取って参りましょう。
※お勧め大前研一さんの書籍『心理経済学』はこちら!
大前流心理経済学 貯めるな使え!/講談社

¥1,680
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<強運のレシピ>
■ 経済のトレンドに敏感になろう!
■ ゴールと目的から考え、最善の行動をするための危機感をもちつづけよう!
■ 価値のある情報を集め、現実の数字をみて、事前の課題と解決策を前もって考え
リスクマネジメントしてゆこう!
『楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する』
       稲森和夫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

追伸:暖かさを感じる季節になりましたね。o(*^▽^*)o~♪
今日も素晴しい1日を☆彡ヾ(⌒∇⌒*)(*⌒∇⌒)ノ彡☆

■【40代以上、起業、転職、就職、投資!転換期をむかえた働く方のために!】
豊かで卓越した日本の偉大なリーダーから直接教えていただいた、【日本人のための成功法則】を
南部恵治さんと【開運塾】でお伝えしています。累計100万部を突破した、井上裕之先生の講演や対談も予定していますので。どうぞお楽しみに!
【開運塾】にご関心がある方は、久家邦彦のフェイスブックに友達申請してみてくださいね。
【久家邦彦のフェイスブック】はこちらd(⌒o⌒)b♪
    ↓↓↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007199144411

◆久家邦彦のプロフィール◆
焼き芋屋をしていたが、春になると仕事がなくなる。
「手に職をつけよう!」と一流ホテルに、バーテンダーとして入社したとき。そこで驚愕な事実に氣づく!
一流ホテルで10年以上の経験を積んだ超一流のプロバーテンダーが、カクテルコンペティションで日本一の賞を取ったカクテルがありました。この日本一のカクテルも、それをつくる【レシピ】を学べば、なんと!30分たらずで同じ味がつくれたのです。
しかも・・・何度でも同じカクテルが再現できる世界だったのです。
この後、【一流ホテルに来られるリッチでセレブなお客様と、自分は何が違うのか?】に興味をもちます。
そこで「もしかしたら、人生もカクテルと同じでレシピがあるのではないか?」と考え始め、人生を成功に導く【卓越のレシピ】を探す旅に出掛けます。
ホテルから独立後、4つの事業を立ち上げ365日、毎日14時間働くような生活が続き、身も心もカスカスになります。一時は公園のベンチで一人将来が不安で悩んでいたこともありました。
そのとき【卓越のレシピ】の重要性を思いだします。
そして営業の世界でそれぞれ日本一になったスパースターのセールスマン3人に会いにゆきます。
そこで学んだ【営業の卓越のレシピ】を活用することでその後、当時、業界で世界最大の売上をあげた企業の対面セールスで年間をとおして1番の実績をあげる。さらに低迷していた事業部のMGRとして、年商30億円の事業部を築きセールスとMGRで合計17回の日本一の実績を上げ100億円企業の役員となる。
一流一番から学び!一番になり!人を一流一番にする!
20年間で、延べ71,070人以上の事業経営者、投資家、プロスポーツ選手、芸能人、会社員、主婦から学生まで、様々な夢や目標の現実化と問題解決を支援する。
現在は『脳力革命で人を幸せに!』というミッションを軸に、企業・地方自治体・教育機関と幅広い対象に、多彩な研修や講演活動を展開!全国のクライアントや受講生から圧倒的な支持を得ている。

夢や目標を10倍豊かに現実化する!強運のレシピ!
  
日本現実化戦略研究所(まるげん)
『脳力革命で人を幸せに!』

      
 久家 邦彦