961523_614535225359745_1354743008_n

 

 

こんにちは!心の壁を越えて、思いを現実化するパートナー
(まる現)の久家邦彦です。

 
◆「貯金」についてご質問をいただきました。


===============
ご質問
===============
 
ご質問があります。
 
・「お金を稼ぐ」のは、人や社会のためになり、
・「お金をもらう」のも、人や社会のためになり、
・「お金を使う」のも、人や社会のためになる
と思います。
 
人のためのエネルギーだからです。
 
・「無駄使いしない」も、必要なことだと思います。
 
■ですが、
 
「貯金をする」に関しては、
自分のためなので、最初から考えると無駄なエネルギーを
使うのではないでしょうか?
 
「お金を貯金するのもエネルギーが要る」と言っている方も
今までいました。
 
沢山稼いで無駄使いしないと、自然に貯まってくる
というパターンを作るのなら分かるのですが、最初から貯金をするというのは、
 
「効率の良くないエネルギーが沢山掛かってしまう」
という思いが、私の中にあります。
 
「貯金」について、どう考え、
どういう戦略を取っていったら良いでしょうか?
 
===============
ご回答
===============
 
◆なぜ、「経済的な豊かさ」が必要なのでしょう。
 
その理由は
 
・わたしたちは、
「自分が豊か」でないと、周りの人や社会に、効果的に貢献したり、
責任を果たすことが難しくなるからです。
 
ですから、
まず自分が「豊か」である必要があります。
 
◆もし「貧しさ」を受け入れたら、
どんどんミジメになるだけです。
 
「衣食足りて礼節を知る」という言葉がありますが、
この言葉は本当の話だと思います。
 
悲しいかな、わたしはこれが真実であることを
焼き芋屋のころ身をもって体験しました。
 
正直、あまり思い出したくないのですが、、、
 
どんなに「心が優しくても」今の世界では
「経済的な豊かさ」がないと、大切なものを維持したり、
効果的に成長し、発展しつづけることは難しいのです。
 
◆わたしたちには
「経済的な豊かさ」と「心の豊かさ」の両方が必要です。
 
だから
自分の生活から貧乏を追い出し!!
 
「富を築き、富を永続させること」から、
始めることが土台になるのです。
 
ただ、どんな生き方をするのかを決めるのは
「貯金」をふくめて本人次第です。
 
◆ご質問にある「貯金」と「経済的な豊かさ」
の関係につい考えるとき、
 
「お金の攻め」と「お金の守り」について考えてみましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>
 
お金を守ると、やがてお金に守られるときがくる!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆まず「お金の攻め」と「貯金」の関係ですが
 
「貯金」があれば、
投資のチャンス(収益が観える投資案件)に、
有利な条件で投資ができます。
 
反対に
「貯金」がなければ、投資のチャンスに、
有利な条件での投資が難しくなります。
 
◆「借り入れを起こして、投資する」こともできますが
借金があるうちは、主導権があなたから(債権者:貸し主)に移ります。
 
日本一の個人投資家 竹田和平さんも
戒めてくれていますが
 
「信用取り引き」や「借金をして」
 
・心が落ち着かなくなったり
・身体が病気になるような
 
投資はしないほうがいいというのがあります。
 
◆これは会社の経営や、
日々の家計の経営についても同じだと思います。
 
もちろん無借金で、貯金ができるということは
「運が良い」といのもあるかもしれませんが
 
まずは
「借金を失くして、無借金になり、貯金をしていこう」と
決めることが大切だと思います。
 
なぜならわたしたちの人生は
「思いが原因となり、それが行動の習慣に現れ、
人生という結果をつくってゆくからです」
 
■もし「貯金」があれば、
「信用取り引き」や「借金をして」
投資や経営、生活をする必要がなくなります。
 
たとえば
・「大切な人を守れること」
・「嫌な人に頭をさげなくていいこと」
・「やりたいことを大好きな人といつでも思う存分できること」
 
これが
どれだけ「爽やか」なことか考えてみてください。
 
こう考えると
「借金は、しないほうがいいし、貯金があるほうがいいのです。」
 
■仮に、経営や投資で
 
・「必ず儲る」というのが「観える」ときや、
 
・きちんと儲る仕組みがあり
「N倍化できる」と感じるときもあるかもしれませんが、、、
 
それでも
「100%必ず儲かる、話はありません」
ですから借金はしないほうがいいのです。
 
また経営や投資で必要なときに、
いつでも致命傷を追わずに撤退できるためには
 
「貯金」があることが前提となります。
 
ですからリスクマネジメントや
生き残りのためにも「貯金」はあったほうがよいのです。
 
それが
「あなたや、あなたの大切な人を守ること」になるからです。
 
■次に「お金の守り」と「貯金」の関係ですが
 
毎年、倒産している会社の
「直接の原因」を調べてみると「債務不履行が9割」です。
 
つまり「借金を返せなくなることで倒産している」のです。
 
■反対に考えると
「豊かな貯金があって、借金をしなければ、倒産の9割の原因がなくなる」
ということです。
 
これって「すごいこと」です。
 
だから借金をなくして
「自分の等身大の経営や投資」をすること。「無借金経営」をすること。
 
そして
 
そこから豊かな「貯金」をうみだし、
余裕をもって経営や投資をする
「ダム式経営」をすることが大切なのです。
 
■では、なぜ日本現実化戦略研究所(まる現)では
 
『喜業塾』や、『DNAカウンセリング養成講座』で
 
『本物の売る力』を伝えて、それを
実践していただいているのでしょうか?
 
その理由は
会社(法人)が、借金(債務)で倒産する原因のほぼ7割が、
毎年「販売不振」によるものだからです。※中小企業庁データーより
 
「本物の売る力」を身につけると一生涯、家族を養い、
経済的に豊かに暮らせるだけでなく、
 
さらに経済的に余裕ができれば
「命を救う」ことができるようになるからです。
 
■「貯金」や「蓄財」について学ぶときお奨めの
書籍が2つあります。
 
・一つは
林学が専門の東大教授でありながら、独自の蓄財法と人生哲学をもって、
一代で巨額の財産を築くことに成功した
本田静六さんの書籍『私の財産告白』と
 
・二つ目は、
日本マクドナルド創業者  藤田田さんの書籍(一通り)です。
 
この2つの書籍は
「本質」を教えてくれる『名著』なので
読んでみることをお薦めします。
 
「原則」はいつの時代にもかわりません。
 
お二人とも、
「習慣形成の偉大な力」と「複利の法則」を活用されて
莫大な資産を築きました。
 
■最後に
「この2つの言葉」を忘れないで下さい。
 
・「お金を守ると、いずれお金に守られるときがくる!」
 
そして
 
・「お金はいずれ、ミッション(使命)のために使うときがくる!」
 
だからお金を、ダムのように貯めて、余裕をもって
人生を楽しくいきることが大切なのです。
 
わたしたちは、経済的にも、精神的にも、余裕があれば、
・失敗を、すぐにつぐなうことができます。
 
また、経済的にも、精神的にも、余裕があれば、
・万が一の逆境に備えることができます。
 
■ムダなお金を使わず、正しい投資をして、お金を稼ぎ、貯金をする。
 
より効果的な正しい投資をしつづけることで、富を築き、
より大きな富の流れを築きつづけることで
 
余裕をもって、さらに楽しく
大切な人や、社会に貢献して参りましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
<卓越のレシピ>
 
■ お金はいずれ、ミッション(使命)のために使うときがくる!
 
■ 豊かな貯金があって、借金をしなければ、
倒産の9割の原因がなくなる!
 
■ 富を築き、富を永続させて、大切な人や社会に貢献しよう!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
追伸:嬉しいお知らせです!!
 
東京の『 第4期 新 DNAカウンセリング養成講座』も
本氣の懇親会まで盛り上がりましたね!
 
自分のパターンを知り、
相手のパターンを知り、
人間を理解して参りましょう。
 
みなさんのご活躍と
GOOD & NEWを楽しみにしております。
 
■いい選択が未来を変える!
豊かな未来を現実化する!
 
日本現実化戦略研究所(まる現)
 
  久家 邦彦