Thumbnailca358i1l 人間は

「与えすぎると駄目になる」
とか


「甘やかされて育つと
               使い物にならない」

という言葉を
聞くがありますが・・・

これは、本当のことなのでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>
少しの違いが大きな違いを生む
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジグ・ジグラーという著者から
                     学んだお話しです・・・

Thumbnailcazrcfkp

◆ある暑い日にアメリカの中西部でこんな出来事がありました。

デビット・アンダースンと同僚が、ギラギラとした夏の太陽[E:sun]が照りつけるなかで砂利やコールタールに囲まれ、線路の補修という重労働をして働いていました。

少しすると列車がやってきて、近くの駅に停車しました[E:train][E:train][E:train]

その列車の最後の車両は、豪華でとてもきれいなつくりになっていました。

◆まもなく、その豪華な車両の窓があき声がしました。

「デイブ! デビット・アンダースンだろう!!」

デビット・アンダースンは車両のほうを見て答えました。

「やあ、ジムじゃないか?」

ジムはデイブをその豪華な車両に招き入れ、1時間ほど話をしました。

◆やがてデイブが話しを終わり仕事に戻ると、仲間たちがデイブを取り囲み

目を輝かせて、デイブに質問を浴びせました。

「デイブ、あの人はジム・マーフィーじゃないか!!

この鉄道会社の社長だろう!?」

「そうだよ。」

「デイブはどうやって、社長のジム・マーフィーと知り合いになったんだい?」

「実は、ジムと俺は20年以上前になるけど同期でこの会社に入社したんだよ。

それ以来、我われは友人なんだ。」

◆仲間たちはデイブに問い返しました。

「同じ日にこの会社で働き始めた同期なのに、なぜデイブはこうして炎天下のなか

線路の補修という重労働をしていて、かたやジム・マーフィーはこの会社の社長になっているんだい?」

デイブは少しうなだれて言いました。

「この20年間から、俺は毎月もらう自分のお給料のために働き、ジムはこの鉄道会社のために働いてきたというわけさ。」

◆同じ会社で同じ日に入社して働いていても
「ほんの少しの差」

長い間には、結果的には大きな差になってしまうことがよくあります。

「神は細部に宿る」という言葉がありますが

この「ほんの少しの差を大切にするのか」
それとも「大切にしないのか」


この習慣が大きな違いを生むのですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

■自分のためだけでなく、より大きな視点で働こう

■「ほんの少しの違い」を大切にしよう

■「神は細部に宿る」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>

東京ヒルトンホテルのラウンジで、香りの良いコーヒー[E:cafe]をいただきました。

Thumbnailcau5ydrf

天井が高く、広く落ち着いた店内には、海外からのお客様も

多く、ゆったりと思考を広げるにはとても良い空間です。

さらに、パソコンの電源を貸してくださり楽しみながら

リラックスできました。

ありがとうございます。

人気ブログランキングへ