Thumbnailcaq761eq
私たちは、毎日約3万回以上の「思考」をしているといわれます。

では「思考」とはなんでしょうか?

「思考」とは・・・「質問して、それに答えるプロセス」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

「欲しい結果を得るための質問」が

         複利となるまで毎日、繰り返そう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「思考」の90%以上は、意識してではなく
無意識(潜在意識)におこなわれています。

それでは私たちは毎日、無意識にしている約27000回にも及ぶ
自分の「思考」の全てを理解し、把握することはできるのでしょうか?

それはできないそうです。

ただし自分が今、「ポジティブな思考」をしているのか?
それとも
「ネガティブな思考」をしているのか?は、

自分自身の感情(気分)でわかります。

Thumbnailcak6xj1h

◆良い気分のときは「ポジティブな思考」をしていて

気分が悪い時は「ネガティブな思考」をしているのです。

例えば「不況」という外的な要因は、自分ひとりでは解決できません。

ただし「脳」は、殆ど無意識に質問をしています。

①これは、どういう意味を持つのだろうか?

※失敗者の質問の例

「不況だからしょうがない・・・そうだ」
「不況だからこれくらいで十分だ・・・そうだ」

②さらにこれは自分にとって「痛み」だろうか、
それとも「快楽」だろうか?

「痛みだ・・・気分が悪い」

◆大切なことは、どんな質問をするかは

「自分自身で選ぶ」ことができるということです。

そして、質問によって自分の思考の焦点を変えることで
得られる結果は大きく変わります。

※成功者達の質問を調査してみると、「不況」という
自分でコントロールできない外的要因に焦点をあてるのではなく

①「自分が欲しい結果は、何なのか?」

②「それを達成するために、具体的に何をしなければならないのか?」

という質問を自分にしていることがわかります。

◆そして、さらに重要なのは

③その欲しい結果を得るためのコストや負担を覚悟して支払うこと

つまり、

『欲しい結果を実現するためには、どんな努力でもする決断』

をしているのです。

『欲しい結果は、質問をコントロールすることから始まる』

◆アインシュタインはいいました。

Thumbnailcasclm1a ・「問題を生み出した思考(質問)と同じ次元の思考ではその問題は解決しない」

・「未来をしりたければ、過去をしることです」

・「この世の8番目の不思議は複利の力である」

毎日「欲しい結果を得るための質問」が複利となるまで、繰り返していきましょう。

◆追伸:ちなみに世界の景気の先行きについて・・・

世界的な投機家のジョージソロス氏は

Thumbnailcarx97ys 「2010年~2011年に、さらなる不況が訪れるそして、米ドルにはかってのような信頼はなく、米ドルに変わる紙幣もない。」と語っています。

注意:投資は自己責任、ご自身の責任、判断でお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<魔法のレシピ>

自分の人生の支配者になろう

■「自分が欲しい結果は、何なのか?」

■「それを達成するために、具体的に何を
   しなければならないのか?」

■『欲しい結果を実現するために、どんな努力でもする』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★

京王プラザのデュエットというアートラウンジに行きました。
Photo

、落ち着いていて、さくらのお気に入りのお店の一つです。

今日はケーキセットをいただきました[E:cake][E:cafe]

ケーキセットは人気らしく、夕方には売り切れいうことも・・・

091107_160159
洋ナシとクランベリーのパイと、ショートケーキを頂きました。
091107_160223

ホントはサバランを食べたかったんですが、人気で売り切れ・・・(-_-;)

でも、洋ナシのケーキ[E:cake]は季節限定で、とてもおいしかった(^^♪
091107_160132

ここで、色々とプランを立てるといい発想が浮かぶんです!

そして京王プラザのロビーにはもう、クリスマスツリーが飾られていました。
091112_143308

ラウンジはこちら
http://www.keioplaza.co.jp/rb/bl08.html

人気ブログランキングへ