$さくらの「ウェルシーシェフ」
『相乗効果』とは何でしょうか?
簡単にいってしまえば、全体の合計が各部分の和より大きくなるということです。
Sコビー博士は「7つの習慣」のなかで、つぎのように書かれています。
『相乗効果』は人生において最も崇高な活動である。
昨日までの習慣は、『相乗効果を発揮する』ための準備だといえる
① 主体性を発揮する
② 目的を持って始める
③ 重要事項を優先する
④ WIN-WIN-WINを考える
⑤ 理解してから理解される
相乗効果を発揮する結果は、まさに奇跡ともいえる
新しいアイデアが生み出され、今までに存在しなかった
全く新しいものが生まれる。
7つの習慣―成功には原則があった!/スティーブン・R. コヴィー

¥2,039
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
相乗効果を発揮しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆自然界において『相乗効果』はいたるところで見られます。
二つの植物を近づけて植えると、根は重なり合い土壌を肥やし、
それぞれを別々に育てるよりも、よく成長する。
つまり1+1が3か、それ以上になるということです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ところが、自然界のような創造的な協力の原則を、人間関係において
活用するのは難しい。
なぜなら、防衛的なコミュニケーションしか、できなかったり、人は信頼できない
という教育や脚本づけを受けたりして、本当の意味で、『相乗効果』を発揮する
ことに心を開こうとしないからです。
◆『相乗効果』の本質は相違点、つまり「違い」を尊ぶことです。
人は世界をあるがままに見ているわけではない。
もし自分だけが,あるがままに見ていると思い込んでいるならば、
お互いの「違い」を尊ぶことはできません。
なぜなら、「間違っている人の話し」を聞く氣にはなれないからです。
◆Sコビー博士は、ののしり合い、自分の立場を守るために弁護士を雇った
人同士の交渉にかかわったことがあるそうです。
殆どの場合は、双方の信頼関係が低いために、別々の弁護士を雇うことは
さらに問題を悪化させるそうです。
◆ところが「両方が満足できるWIN-WINの解決策を求めることに興味はありますか?」
という質問をすると殆どの場合は、肯定的な答えが返ってくるものの
当事者たちは、そういうWIN-WINになるような解決策は不可能だと感じているそうです。
そこで・・・「それでは、相手の合意が得られれば、本氣で話し合いを続ける用意が
ありますか?」とたずねると
殆どの場合、答えは「ハイ」となるそうです。
そして、その話し合いの結果は、驚くほど違ったものになります。
何ヶ月も法廷で争っていたような問題が、数日または、数時間で解決してしまう
ことがあるそうです。
さらにその解決案は、殆どの場合が妥協的なものではなく、とても相乗効果的
なものになるのです。
◆斎藤一人さんは
「相手と自分の意見が食い違ったら相手が正しい」と決めているそうです。(笑)
そこで、相手がいっていることが間違っていても、とくに大きな問題が無い限り
「そうだよね。わかるよ。」といわれるそうです。
相手の気分を悪くさせることは、できるだけしないのです。
◆アイデアを出す強力な手法として、オズボーン博士が考案した
『ブレーンストーミング』という手法があります。
これは次の4つのルールにしたがって意見を自由に発言することが核となります。
1.他人の発言を批判しない
2.自由奔放な発言を歓迎する。夢物語でもよい。
3.質より量を求める。
4.他人のアイデアに便乗する。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆『相乗効果』を発揮するには、お互いの相違点(違い)を尊重して、
信頼をもとにWIN-WINとなる第3案や解決策がでるまで協力しつづけること
が基本なのですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 自然界は、すべてのものが相乗効果を発揮している
■ 相乗効果を発揮すると、今まで存在しなかった全く新しいものが生まれる。
■『相乗効果』を発揮するために,WIN-WINとなる第3案や
解決策がでるまで協力しつづけよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
ランチでサイゼリヤにやってきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
日替わりランチは、ハンバーグにソーセージ、鳥の竜田揚げの定食に
なんとドリンクバーもついていて600円という嬉しい価格でした。
サイゼリヤは、野菜もたくさん食べやすいメニューで大好きです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
有難うございます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」