$さくらの「ウェルシーシェフ」
鳥内さんと海原悠雲さんの「成果をだす人になるセミナー」に
参加してきました。
海原さんは、多くの人が、より良くなるためにセミナーに参加したり
本を読んでいても、なかなか望んだ成果がだせない理由は「メンタルブロック」
があるからだといいます。
本とセミナーは、殆どの場合「知る」で終わっているため
「知る」→「大量行動」→「わかる」→「できる」
という善循環がおきづらいのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
全体性を大切にしよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆メンタルブロックが厚い人の特徴は「無価値感」をもっている。
『自分はダメな奴だ!!』とか
『自分は愛されない!!』とか
『自分にはできない!!』とか
◆このメンタルブロックが厚いと、悪循環を繰り返すといいます。
「不景気」→「売れない」→「しょうがない」→「できない」→
「うまくいかない」→「ねたみ」→「政治が悪い・環境が悪い」→
「できない」→「諦める」
◆多くの人が「情報は力である!!というウソに騙されてきました。」
つまり、どんなに「よい情報」を知っていたとしても
行動しないと、その本質は理解できませんし、長期的には役に立ちません。
メンタルブロックの少ない人は「知った」ことをすぐに「行動する」
そしてそれを続けると「理解できる」ようになる
そして改善を繰り返すうちにそれが習慣となり「できる」ようになるのです。
「知る」→「行動する」→「続ける」→「わかる」→「できる」
◆例えば、どんなに良い食べ物を口にいれても
消化されて始めてエネルギーとなるのと同じことです。
知識を学ぶのは、あくまで「知る」ためではなく
それが「理解できて」、「できる」ようになるためです。
つまり『全体』としての目的が重要となるのです。
◆ポジティブな人は、良い循環になります。
「感謝している」→「希望」→「楽しい・幸福」→「行動」→ 
「結果」→「改善」→「学ぶ」→「成長」→「感謝している」→
「ついてる」→「楽しい」→「行動」→「成果」→「さらなる目標」
◆注意点としては、あるひとつのことを続けると知識や経験が
増えてきて専門家となってきます。
すると「偏見」が増えてくるので、物事の足りない場所
つまり「できない理由」に目がいきがちになります。。。
「できない」理由が増えてしまうと、、もっともらしい理屈が増え
「大量行動」ができなくなり、評論家になってしまう人が多くなります。
富の福音―速聴CD付き/アンドリュー カーネギー

¥1,680
Amazon.co.jp
◆100年前に鉄鋼王のAカーネギーは、仕事についていいました。
『やりたいことではなく、やるべきことをやることだ』
プロや専門家になるほど「実践を忘れないよう」
肝に銘じて行動していきたいですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 善循環、ポジティブ・スパイラルを習慣にしよう
■ 知識や経験が増えたときほど大量行動を習慣化しよう
■『やりたいことではなく、やるべきことを全力でやろう』
    Aカーネギー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
新宿センタービル 53Fのダイニング・アウト53に
ランチにいきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
このお店は、西新宿の大パノラマが楽しめます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
お料理も本格的なお料理が多く、さくらはここのお店の
ハンバーグ・デミグラソースと食べ放題のシュークリームが
大好きです。
http://r.gnavi.co.jp/g002220/
有難うございます。
■新宿センタービル 53Fのダイニング・アウト53はこちら
http://r.gnavi.co.jp/g640000/