気絶するほど儲かる絶対法則/石原 明

¥1,470
Amazon.co.jp
昨日に引きつづき
石原明さんの「成功曲線を描こう」セミナーで
教えていただいたことを書かせていただきますね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
人は「意識の持ち方、物の見方、考え方」で結果が全然違う
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■日本には企業が「約250万社」あるそうです。
そのうち上場企業は約4000社(3000社+1000社)
そして80%の企業が、年商3億円以下です。
◆石原さんは「成功している社長」は
人間は、その人の「意識の持ち方、物の見方、考え方」で、
結果が全然違うことに氣づいてます。
例えば、世の中には「ただ知らないだけ」なのに
『無理!!』だとか『出来ない!!』とか
思っている人が多くいます。
◆また凄い結果を出す人をみると、それだけで『凄い』と思っています。
ところが石原さんは「優秀な社長」と仕事をするうちに
そういう社長でも「全然、凄くないところがある」ということに
氣づいたそうです。
例えば・・・
『凄い結果を出す社長』が、奥さんには何もいえなかったり・・・
もの凄く引っ込み思案だったり・・・
◆だから、凄くうまくいっている社長がいたら
石原さんは、質問するそうです。
社長、こういう時は「どうやって考えるのですか?」
この質問を返してくれる社長は、かなり余裕があるそうです。
◆石原さんは、本当に強い会社は、最初の1個をヒントに2個目を
大きく当てる人、つまり元のものを上手にアレンジして成功する人
だといいます。
松下電器の松下幸之助さんは、このアレンジが非常に上手かった人で
ソニーが各社に先駆けてつくった製品を、より大衆向けに、よりリーズナブルな
価格でたくさん売る。
「マネシタ電気」などと呼ばれましたが、これはひとつの大成功した商法です。
◆松下幸之助さんは
「うちは品川にソニーという研究所がある。」
と言っていたそうですから、まさに、あっぱれ!!ですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■凄くうまくいっている社長に質問しよう。
「こういう時はどうやって考えるのですか?」
■本当に強い会社になるために、上手にアレンジして成功しよう
■より良いものを、より積極的に、より大量に生み出そう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★
 
今日は神保町の学士会館で
ハヤシライスをいたただきました。
こちらのハヤシライスは特性デミグラソースが
さっぱりしているなかにコクのある、とても上品なお味です。
神保町の学士会館は、歴史を感じる、とても落ち着く場所で
新聞や雑誌も読めるようになっております。
 
ゆっくりと読書や思考を楽しむには、とても素敵な場所です。
有難うございます。