カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD]/ディズニー

¥3,360
Amazon.co.jp
DVD『カールじいさんの空飛ぶ家』を見ました。
『カールじいさんの空飛ぶ家』は親しみやすく心に残る物語ですが
人生で本当に大切なものを考えさせられました。
 
いい映画を見ると、感性が豊かになります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
映画やストーリーで感性を豊かにしよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆『カールじいさんの空飛ぶ家』の主人公はあるアメリカに住む 1人のおじいさん。
カール・フレデリクセン(カールじいさん)は現在78歳の元風船売り。
 
最愛の妻エリーの死後、カール爺さんは孤独に暮らしていましたが・・・
妻と必ず一緒に行こうと約束した南アメリカはベネズエラにある
秘境パラダイスフォール(楽園の滝)へと、風船を1万個もつけた家で
空を飛んで旅に出ます。
◆カールじいさんの家が風船で空高く舞い上がった時、同乗者がいることに氣づきます。
 
8歳の少年探検家ラッセル。
運が良かったのか悪かったのか、カールじいさんの家に同乗することになります。
少年ラッセルは運動は得意ではなさそうですが、カールじいさんの冒険には興味津々で
彼の助手となり活躍します。
 
◆空飛ぶ家がベネズエラに到着し、カールじいさんとラッセルは、ジャングルの中で
]  
誰も見た事のない幻の鳥や、不思議な首輪を付けた犬達に遭遇する。
 
滝についてみると・・・
エリーの冒険ノートの続きが読めました。
ノートは、カールとエリーの楽しそうな思い出がいっぱいでした。
 
そこでカール爺さんはエリーの残した冒険ノートを読み返し
エリーが言っていたある事に初めて気付きます。
 
◆エリーにとっては、カールと一緒にいた時間こそが
「幸せ」だったことに氣かついたカール爺さんはその後・・・
今まで、大切にしていた箪笥や椅子、貯金箱まで捨てて
仲間を助けに向かいます・・・
 
◆保険の営業で、トップセールスとなり
9年間で3億5千万円以上を稼いだある事業家は
毎年、映画(DVD)を100本以上見ているそうです。
「感性を豊かに育てる」ために、映画は本当にいいですね。
有難うございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■大切な人と『今』を大切にしよう
■仲間達と夢を生きよう
■いい映画で人間の『感情』を学ぼう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
さくらの「ウェルシーシェフ」 border=
大阪のモスバーガーで、ジャスミンティーを
いただきました。
打ち合わせのため
140円のジャスミンティーだけしかいただかなかった
のですが、店員さんの対応が、とても明るく
さくらの「ウェルシーシェフ」 border=
気持ちよくて、嬉しかったです。
■モスバーガーはこちら
http://www.mos.co.jp/index.php
有難うございます。