人とお金に好かれる「貯徳」体質になる!/竹田 和平

¥1,470
Amazon.co.jp
◆最近、新聞でも『日本の財政危機』について書かれることが
多くなりました。
日本国の2009年の歳入は37兆円、ところが歳出は92兆円を超え
44兆円の国債を発行しています。
それだけでなく日本の借金は約1000兆円、この負債をさらに
加速して増やしているのが日本国の現状です。
◆安陪首相や福田首相、藤井財務大臣が、相次いで辞任するのも
なんだか、わかる氣がしますね。
では日本国のこのような財政状態に際して、私たちはどのように
対応すればよいのでしょうか?
◆戦争を越えて、80年の経済サイクルを経験されてきた
『日本一の個人投資家で、100社以上の大株主の竹田和平さん』は
とても豊かなインスピレーションを与えてくださいます。
■以下は、キクタスの音声インタビュー
書籍『人とお金に好かれる貯徳体質になる』竹田和平さん
(どんな時代にも成功しつづける56のルール)より
書かせていただきますね。
◆キクタスはこちら
http://kiqtas.jp/book/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
「徳の世だ」と決めると、徳の世となる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■竹田和平さんは
これから日本経済に、「冬の季節」が訪れるといいます。
・前回の冬の季節は戦争がありました。
・春にどんどん繁栄して、
・夏に、海外を買い占めました。
・そして秋にバブルがはじけ
その後、日本はこの20年ほど経済成長していません。
冬は、経済的には厳しいですが、
そこで、しっかり学ばないと、次の春にしっかり芽がでない。
まさに勉強する時期が「冬」なのです。
◆竹田和平さんは、3年前から、貯徳問答講をつくりました。
20年後は、どうしても「貯徳の世」にしたい。
次の世は「徳の世だ」と決めると「徳の世になる。」
そのためには、「徳」を学ばないと。
今は、かなり「徳」が枯れている。
犯罪が増えたり、不安だったり、幸せを感じないのは
「徳」が枯れたことなのです。
◆これから20年間でしっかり「徳」の世をつくってもらわないと
そうでないと皆が、「福祉、福祉」なんていっていたら
どちみち財政はもちません。
そして破綻することは明らかですから、どっかで大きな舵をきらないと。
国家が、財政赤字をシメルとなりましたら
そのときに大量失業がでますよ。
◆もっと大変なのは、国家財政がパンクしてしまったら
貨幣価値という信用がなくなります。
そうすると、いきなり物々交換の世の中になりますから・・・
「貨幣価値は信用」ですから。
そんな世の中になったら大変まずいので、まだ少しでも余裕があるうちに
変えないと。
◆人間は「自我」と「まろ」(真心)があります。
日本人は、その割合がだいたい50%:50%です。
欧米人は「自我」80%:20%「まろ」(真心)です。
科学で文明を築きあげるというのは波動ですね。
自我で相手を支配する、マーケットシェアーを競うというの波動です。
自我は、マーケットを取ってしまおうという波動ですね。
◆「まろ」(真心)から出てくるのは「徳」なんです。
日本人は、「徳」をすごく学んでいる民族です。
『徳川家康』なんかは、「徳の川で天下を康らかにお治めよう。」
という名前ですから。
「相手を負かせてやろう!!」というのは自我経営です。
「まろ」(真心)が輪になるのが最高に強いんです。
これからは「まろ経営」です。
「貯徳」は、「人」や「お金」に好かれますから。
「人」や「お金」に好かれたら最高ですからね。
◆好きなことを仕事にする根本は?
「ワクワク」ですね。
ワクワクする知恵が大切です。
仕事をどうしたらいいかわからないのは、知恵が足らん。
「ああ、こうしたいなあ、こうしたらいいなあ。」と
知恵は、まろ(真心)になると出てくるのです。
知恵は、まろ(真心)で質問すると、まろ(真心)で答えてくれますから。
自我情報というのは、非常に危険です。
◆「聞く」姿勢については、自然体です。
なんでも「GOODタイミング」で出会うと思っていますから。
いつも「喜びなさい」というのと「学びなさい」というのが
向こうから、やってきますから。
向こうからくるのものが、「あまり良くない」ときは
「自分がそういう状態」なので引き寄せる。
つまり「学びなさい」ということだと思ってますから。
◆氣をつけていることは「忙しくしない」ようにしています。
時間に追われて『慌てる』のはよくないです。
時間に追われていて、物事に『肯定の意味をつける暇がない』
というのはマズイなあと思います。
だから、次から次へと忙しいときは「これはまずいなあ」と思い
瞑想などをして「心を落ち着かせます。」
忙しいということは『心を落ち着かせなさい』ということなんですね。
◆これからは「徳の時代」です。
『徳』や『真心』がないと、戦争をやらざるおえない社会になったり
北朝鮮みたいに、完全に支配される恐ろしい世の中になるのはまずいので。
それには自分で自立して共生しないと、「政府だより」は非常に危ない。
「政府だより」だと・・・
政府が変わると、変な方向にいってしまう可能性がありますから。
社会的な不安が起こると、政府は、戦争とか起こしたりするから注意しないと。
◆それには「ありがとう、ありがとう」と感謝して
いい仲間つくって自立することです。
人間は、砂漠の中で、ひとりでは自立できませんから
だから「共生」という仲間をつくろうよ。
ひとりで自立できなくても、他の人と一緒なら自立できますから。
『共生』という、信頼できる仲間をつくろうよ。
和平さんは、輪廻転生の発展力、絆の発展力をつくろうと決意して
いますから。
「信じてやる」ことを決意していますからね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■時間に追われていて、物事に『肯定の意味をつける暇がない』
ときは、瞑想などをして「心を落ち着かせよう」
■ひとりで自立できなくても、他の人と一緒なら自立できる
『共生』という信頼できる仲間をつくろう
■知恵は、まろ(真心)で質問すると、まろ(真心)で答えてくれる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
//////////////////////////////////////////////
<今日のクリエイティブビジョン>
■竹田和平さんは日本で「金」(GOLD)の現物を最も多く所有している
そうですが、2000年に松藤民輔氏が、これから「金」の時代が来るという
講演を名古屋でされた時には、聴衆が7人しかいなかったそうです。
ちなみに、その聴衆の一人が、竹田和平さんだったそうです。
竹田和平さんは、やはり天に愛されているのでしょうね。
当時の、金(GOLD)価格は、まだ1オンス200ドル台でした。
■『恐慌』を予測して、金山の経営をはじめ
今年、ジャスダックに上場した、投資家で実業家の松藤民輔さんは、
現在の状況を面白いくらい、よく研究して「透視」しています。
※たまに間違いますが・・・(笑)
■松藤民輔さん関連の記事はこちら
・金の時代
http://ameblo.jp/sakura-toyota/entry-10417398343.html
・我が友恐慌
http://ow.ly/1L4Hr
・「ペーパーマネー」と「本物のお金」
http://ameblo.jp/sakura-toyota/entry-10417398260.html
■松藤民輔の部屋はこちら
http://blog.ushinomiya.co.jp/
//////////////////////////////////////////////
<さくらのB級ぐるめ>★★★
 
大阪の御堂にきました。
「モダン焼き」や「細めんの海鮮焼きソバ」の美味しいこと!!
ビールや赤ワインにも、よくあいます。
 
「さすが食い倒れの街、大阪ですね。」
トンペイ焼きや、新鮮なタコ、国産牛のステーキ
と友人たちと大いに盛り上がりました。
 
有難うございます。
■鉄板や 上方御堂はこちら
http://www.medic-web.jp/shop/s10001984/