マネーの未来、あるいは恐慌という錬金術──連鎖崩壊時代の「実践・資産透視学」/松藤 民輔

¥1,680
Amazon.co.jp
卓越したアナリストである増田悦介さんは
「金価格の動向」について、明るい分析を
されています。
増田悦介さん金価格や銀価格には「クセ」がある
と教えてくださいます。
『賢者の羅針盤』から書かせていただきますね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
世の中が混乱している時期には、金(GOLD)が高くなる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆金(GOLD)の用途は、「6割が宝飾品」、「3割は投資」、
「貯蓄、投資など価値の貯蔵に使われるのは1割あるかないか」です。
銀の用途は「工業用が6割から7割」、「宝飾品は1.5割」、
「価値の貯蔵は1割くらい」です。
・だから、平和で経済的に活発な成長が続いているときには
銀の需要が伸びます。
・逆に、世の中が混乱している時期には、
金(GOLD)が高く、銀は安くなります。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆つまり、世の中の経済が発展しているときで経済状況が
順調に進んでいるときは
「銀が高く、金が安いのです。」
また、デフレの時代の金(GOLD)価格は、長く高くなります。
長く金価格が高いので、金を一般の方が投資しやすい時期になります。
逆に、インフレの時代の金(GOLD)の価格の値上がりは激しい分、
値下がりも急激です。
だからインフレのときの金価格は
一般論ではシロートが手を出さないほうがいい時期なのです。
◆では「現在がデフレか?インフレか?を見抜くにはどうすればいいですか?」
お店にいって「物の値段が、あがっているか?さがっているか?見る」
企業でしたら「安売りしている企業がうまくいっている、元気がいい時期はデフレ」
「逆に、高いものがどんどん売れる時期がインフレ」です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■平和で経済的に活発な成長が続いているときには
銀の需要が伸びる
■経済状況が順調に進んでいるときは
銀が高く、金が安くなる
■デフレとインフレを見分けよう
・安売りしている企業がうまくいっている時期はデフレである
・高いものがどんどん売れる時期はインフレである
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★
$さくらの「ウェルシーシェフ」
回転寿司の『海鮮 三崎港』にきました。?(????)
$さくらの「ウェルシーシェフ」
炙りトロ、炙りサーモン、炙りサバの
炙り3品盛り
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ぼたん海老、あま~い卵やネギトロ、イカソーメン
青柳などなど・・・
$さくらの「ウェルシーシェフ」
アサリのお味噌汁も180円と、味も値段も大満足でした
☆(*^o^)乂(^-^*)☆
『海鮮 三崎港』も「京樽」のお店なのですね。
「京樽」といえば、『茶きん寿司』が有名です。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■『茶きん寿司』の歴史■
「京樽」の創業者田中四郎は、奈良生駒山の聖天さま
(大聖歓喜天)を信仰し、
昭和13年に京料理とふぐの料亭(人形町)『京樽』を開いて
東京に出てきてからも、浅草にある待乳山(まつちやま)の聖天さま
への参詣を欠かすことはありませんでした。
その聖天さまの御紋章が『二股大根』と『巾着(砂金袋)』で、
この見慣れた巾着の形から思いついて創案したのが『茶きん鮨』。
というわけで、茶きん鮨には美味しさとともに、聖天さまの功徳、
縁起のよさ、幸せを願う心も込められているのです。 (?^??^??)
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■海鮮 三崎港はこちら
http://www.kyotaru.co.jp/kaitenzushi/kaitenzushi.html