宇宙を味方にしてお金に愛される法則/ボブ プロクター

¥1,575
Amazon.co.jp
岩元貴久さんが「何かを学ぶとき」氣をつけていることは
「その分野で一番の人から学ぶこと」だそうです。
机上の空論ではなく
「実際にその分野で一番の人」から学ぶことが大切だといいます。
その理由は「実際にその分野で一番の人」から学ぶと具体的な事例だけでなく
「考え方」や「これからの社会の動向」が学べるからです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
相手への思いやり、心遣いが成功の鍵である
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~Twitter、Ustream.TV、Facebookなど、ソーシャルメディアで世界一成功し…/ゲイリー・ヴェイナチャック

¥1,575
Amazon.co.jp
◆「ツイッター」や「Ustream」や「フェースブック」など
『ソーシャルメディアを活用して』
実際に何十億円と稼いでいる人が、ゲイリー・ヴェイナチャックです。
ゲイリーはいいます。
『今、僕らは、心からやりたいことをして
自分らしく好きなだけ稼げる時代に生きている。』
 
◆そしてゲイリーが
「ソーシャルメディア時代のグル(指導者)」としてCNNやABCなどの
メディアに出演して、答えた
ソーシャルメディアで成功した「21の秘訣」があります。
① 相手への思いやり、心遣いが成功の鍵
② とにかくハードワークを厭わないこと
(例:自分宛のメールには、すべて目を通して返事をするなど)
③ 口コミの力が増大し、誰もがその力を持っている時代である
ことを認識すること
④ 質の高い、価値ある情報を発信すること
⑤ ソーシャルメディアの中での行動は、カクテル・パーティーで
会話するのと同じである
 
⑥ソーシャルメディアは情報を発信するよりも「人の話を聞く」ことが重要!
⑦ よくわからないからやらない。理解してからやる、というのでは遅い!
とにかく行動すること
⑧ブランドは企業の思い通りには作れない。顧客がブランドを
コントロールする時代になった
⑧ 自分が大好きなことについて語ればいい。
ネット上には、同じ興味を持つ人が存在し、繋がれる時代
⑨ 人がもとめているものを知り、それについて語ること
⑩ 常に新しい事業機会にアンテナを立て、直感に従って行動する
⑪ 自分が好きなこと、得意なことをコンテンツにする
⑫ 絶対成功するという自信をもってのぞむ
⑬ タイミングが重要
⑭ 本音で語ること
⑮ ソーシャルメディアを使うことで、顧客が何をのぞんでいるか
を知ることができる
⑯ 自分が試したことがない、やったことがないこと未知のことを
やってみる勇氣をもつこと
⑰ ツイッターのフォロワー数は問題ではない。重要なのはフォロワーの質
⑱ フォロワーを増やすコツは、思いやりの発言と行動。
自分のためでなく、相手のための情報発信
⑲ソーシャルメディアを活用すれば従来のビジネスのルールを
変えることができる
⑳ ツイッターは情報を発信するツールではなく、
フォロワーの声を聞く、そしてそれに答える
21 ソーシャルメディアの時代は、口コミがブランドをつくる
◆ 「実際にその分野で一番の人」から
事例だけでなく「考え方」や「これからの社会の動向」
を学び、より効果的に活用してゆきましょう。
有難うございます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ ツイッターのフォロワー数は問題ではない
重要なのはフォロワーの質である
■ フォロワーを増やすコツは、思いやりの発言と行動
自分のためでなく、相手のための情報発信
■ ツイッターは情報を発信するツールではなく、
フォロワーの声を聞く、そしてそれに答えるツールである
『ソーシャルメディアの時代は、口コミがブランドをつくる』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級グルメ>★★★★
 
友人のお誕生日に
京王プラザホテルにある、グラスコートに行きました。
ビュッフェ台には、前菜からデザートまで様々な料理が所狭しと並べられてあり、
何から食べようか悩みます。
 
お客様の98%は女性(マダム)!!びっくりしました\(◎o◎)/
前菜の海老、ムール貝、タコなどはどれもあっさりとしたお味で素材の味が生きています(*^_^*)
カクテルグラスに盛り付けてあり、見た目もキレイ(#^.^#)
 
ホールの中心に“ライブキッチン”があって、好みの分量や味付けでできたての
お料理を出してくれます。
なんだか見てるだけでワクワク
これこそブッフェの醍醐味!!
 
パスタコーナーにて、イカ墨のパスタのバジルトマトソースと
パルメザンチーズの器であえてくれるパスタをいただきました。
 
ローストビーフも柔らかくてGood!
どれも美味しく頂きました。
 
前回、食べられなかった前菜などをたくさんいただきましたが、まだまだ
食べきれないほど種類が多く、また行きたいと思いました。
ありがとうございました