CD-ROM付 図解 成功の9ステップ/ジェームス・スキナー

¥1,050
Amazon.co.jp
書籍『7つの習慣』や「成功の9ステップセミナー」で
著名なジェームス・スキナー氏の起業とビジネス
について、お話しをお聞きしました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
原則に沿って事業を続けよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
成功の9ステップ/ジェームス・スキナー

¥1,995
Amazon.co.jp
◆起業に必要な優先順位の最初は
①『その国の法律に従うこと』
法人に関する法律は、国ごとに定められています
その範囲でビジネスをやることはもちろんですが
そのために
弁護士、税理士、社労士など、国の機関と
話ができる専門家を活用することだといいます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆2番目は
②『売上を上げること』
売上を上げれば、改善ができます。
例えばさらに『売上を増やす』ために・・・
・さらに顧客数を増やすのか?
・さらに単価をあげるのか?
・さらに購買頻度を増やすのか?
それとも
『収益をより継続的に拡大していく
固定売上が上がる仕組みをつくる』などです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆『3番目は収益を改善することです。』
固定費を限りなく0(ゼロ)にすることです。
毎月支払う固定費は極限まで下げるのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
例えば、Jスキナー氏の創業時は、自分の手のひらに
『固定費0(ゼロ)』と書いて
会社にコピーもおかなかったそうです。
なぜなら、コピーがあるから無駄なコピーをする。
コピーは1回1回、外で取りにいくと無駄コピーが激減
したそうです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆さらに経営者として『一刻も早く損益分岐点を超える為』に
・社員の給料は最低賃金ぎりぎりの固定給を支払い
それにプラスして、セミナーに集客したインセンティブ(変動費)
で給料をお支払いする。
・最初は家賃も、自分が今、住んでいるところから始める。
そして、収益を改善しつづけることだといいます。
◆面白いと感じたのは、Jスキナー氏の経営哲学の一端です。
「自分が現場で経営する会社は、他の人が出資したお金で
経営をする。」
「自分の資金は、他の優秀な経営者が経営する会社に投資する
ということです。」
理由は、いろいろあるようですが・・・
このやり方だと、人様のお金(資金)や、自分のお金(資金)を
無駄にする確立が低くなり
より効果的に活用できると考えているそうです。
◆『業を起こすのことが、起業』と考えると
収益をあげつづけることは当然ですが
他の人のお金(OPM)や、他の人の時間(OPT)や
他の人の能力、他の人の知恵を活用することが
事業だと考えると
社会に貢献する形で、より良い事業をすることが
最低限のミッションだと思われます。
原則に立ち返り、関係者がより幸福になるための
事業を続けていきたいですね。
有難うございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 事業の目的に従い、関係者に貢献しよう
■ 事業に必要な優先順位に従おう
■ 関係者がより幸福になるために事業を続けよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
「ステーキの食いしん坊」にいきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
焼きたてで美味しいサーロインステーキ(200g)が
ジュージューと鉄板の野菜の上に盛られて運ばれてきます。
ソースもお好みで選べて大満足です。
スープやライスがついたセットメニューも1500円以下
で美味しいステーキがいただけます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ステーキには赤ワイン(190円)が良く合いますね。
有難うございます。
「ステーキのくいしんぼう」のホームページの会社案内で
上田社長が会社を樹に例えて大切なメッセージを書かれていますね。
Happy (ノ^^)乂(^^ )ノHappy
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■「ステーキのくいしんぼう」はこちら
http://www.kuishinbo.jp/index.html