『サイゼリヤ』の正垣会長の
大学時代の先生の教えに「1を聞いて10を知る」のではなく
『1の中に10を知る』ようになりなさい。
それが社会に出てから役に立つ。
というお話しがあるそうです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
1の中に10を知る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆物理学の世界では、ひとつの対象をじーっと見ていくと
その中にたくさんのものが見えてくる。
「1を極めることが10につながる」それが物理なんだと。
だから・・・
なんでもいいから、ひとつを極めろ、そうすれば10のことが
見えてくるはずだ。ということです。
 
◆正垣さんはいいます。
例えば「おいしい野菜」を考えるとき
野菜の90%は「水」です。
だから「おいしい野菜」のポイントは
「いかにして水分を最適な状態に保つか?」ということ
逆にいうと、どんなに高級な品種でも水がダメなら
味もガタ落ちになってしまう。
 
◆水にとって最適な温度は「4℃」
この時、水の密度が一番高くなる。これが水にとって
ベストな環境。
だから「サイゼリヤ」では収穫した野菜は、もう畑の中で
冷蔵庫に入れちゃう。
野菜を運搬する冷蔵庫もぴったり「4℃」
調理場の温度も「4℃」
野菜を洗う水の温度も「4℃」
要するに、畑で収穫してから、お客様の口に入るまで
『サイゼリヤ』の野菜は、すべてが「4℃」になっている。
 
◆だから野菜の品質が落ちない。
まさに採れたての美味しさなんだ。
このサイゼリヤの「おいしい野菜」をつくる
プロセスは「1の中に10を知る」典型かもしれない。
 
◆そして、ここまでやると広告がいらなくなる。
イタリヤレストラン『サイゼリヤ』では、1回も宣伝を
したことがありません。
本当に美味しいものは食べたらわかるから、
商品がそのまま広告になってくれます。
 
◆「1の中に10を知る・・・」
本当に、学校の勉強は意外なところで役にたつのですね。
有難うございます。
■『サイゼリヤ』はこちら
http://www.saizeriya.co.jp/
ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書2 「勉強」と「仕事」はどこでつながるのか/6人の特別講義プロジェクト

¥880
Amazon.co.jp
※参考文献
ドラゴン桜 公式副読本
『16歳の教科書』勉強と仕事はどこでつながるのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■学校の勉強は意外なところで役にたつ
■商品が良ければ、そのまま宣伝となる
■深く穴を掘れ、穴の直径は自然と拡がる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
 
また『サイゼリヤ』にきました。
 
「赤ワイン」と「ミラノ風ドリアの卵入り」を
いただきました。
 
正垣会長のお話しに『サイゼリヤ』で一番人気があるのは
「ライス」である。
『サイゼリヤ』の考える「おいしい」ものとは
「毎日、食べられるもの」なのです。
というのがありましたが『サイゼリヤ』の
「ミラノ風ドリア」やお野菜は、本当に
毎日でもたべられますね。
 
有難うございます。
■『サイゼリヤ』はこちら
http://www.saizeriya.co.jp/
ペタしてね