発明王エジソンは
「白熱電球を発明するまでに14000回以上も
失敗して、何故、あなたは諦めなかったのですか?」
と聞かれ・・・
「私は、一度も失敗などしていない。
このやり方ではダメだ。という発見(学習)を14000回して
これは正しいという発明をしただけだ。」
という言葉を残しました。
◆発明王となったエジソンは,なぜ?「失敗」ではなく
14000回も『このやり方ではダメだ』という解釈
(出来事の意味づけ)をし続けることが
できたのでしょうか???
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄である
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆トーマス・アルバ・エジソン
(1847年2月11日 – 1931年10月18日)は
その生涯で、およそ1,300もの発明を行った
アメリカ合衆国の発明家で起業家です。
 
◆エジソンは1847年2月11日にミラン(オハイオ州)
に生まれました。
小学校に入学するも算数の授業中に
「1+1=2」と教えられたのを鵜呑みにすることができず
「1個の粘土と1個の粘土を合わせたら、
大きな1個の粘土になる。なのになぜ2個なの?」
という具合で、授業中に事あるごとに
「なぜ?」を連発していたそうです。
◆さらにエジソンの好奇心は、学校内に止まらず
「なぜ物は燃えるのか」を知りたいと思い立ち、
藁を燃やしていたところ、自宅の納屋を全焼させて
しまったこともありました。
こうしてエジソンは、小学校の先生から
「君の頭はどうかしてる」
「この子の性根は、腐っている」
といわれ、入学からわずか3ヶ月で
小学校を退学します。
 
◆この時、エジソンの母親は、この先生に
「この子の性根は、腐ってなどいません。先生、
この子は、あなたよりよっぽど立派な大人になります。」
と言い返しました。
エジソンは、母親のこの言葉を生涯忘れることは
なかったそうです。
そして・・・
「母親が、自分にとっての最大のヒーローだ」と述べています。
自分の身の廻りに、自分の存在を信じてくれる人
がいる人は幸せですね。
もし誰もいなければ、自分で自分を信られるるように
なればいいですね。
◆この後、エジソンの勉強は、教育熱心で小学校の教師で
あった母親がすることになりました。
このような少年時代を送ったエジソンは母親も手伝い
その後、1877年に蓄音機の実用化(商品化)して
名声を獲得します。
◆エジソンは、ニュージャージー州にメンロパーク研究室を
設立して、集まった人材を発明集団として機能させるべく、
マネジメント面でも辣腕を振るいました。
エジソンの伝記ではこの発明集団を「天才の集合」
と呼んでいます。
ちなみに、のちに自動車王となるヘンリーフォードも
一時期、エジソンの研究所に勤めていました。
◆エジソンの研究所では、電話やレコードプレーヤー、
電気鉄道、電灯照明、等を矢継ぎ早に商品化してゆきます。
なかでも注力したのは白熱電球であり、数多い白熱電球を
実用的に改良しました。
◆エジソンは「白熱電球を発明するまでに
14000回以上も失敗しましたが、そのことを新聞記者に
「何故、そんなに失敗をしても、あなたは諦めなかったのですか?

と聞かれ
「私は、一度も失敗などしていない。
このやり方ではダメだ。という発見(学習)を14000回して
これは正しいという発明をしただけだ。」
という言葉を残しました。
 
◆エジソンは、この後、何年にもわたり
様々な発明を成功させて『発明王』といわれるようになります。
晩年に「発明王になる秘訣を教えてください。」と
聞かれたエジソンは・・・
『1%のヒラメキと、99%の汗だよ』と答えました。
この答えを聞いた新聞記者は、翌朝の新聞に
『努力の発明王エジソン・・・発明は、99%の汗
つまり努力が99%なのです。』
という記事を書きます。
◆ところがエジソンは、すぐに反論を述べています。
「私が、いいたいことの本質が、伝わらなかった。」
『1%のヒラメキがなければ、99%の汗(努力)は
まったく意味がない。』
「白熱電球は必ず点灯する、そして実用化できる」
という「1%のヒラメキ」があったので、99%の汗を
苦もなくかかせてくれたのです。
◆つまりエジソンは
①「白熱電球を点灯して、さらに実用化しよう」
そして「自分の母親や、世の中の暮らしをより豊かにしよう。」
という明確な目標を持ち、日々の研究に没頭していました。
②そしてエジソンは
日々の研究から学び、改善を続けていました。
「白熱電球は必ず点灯する、そして実用化できる」
そしてエジソンの頭の中には
「白熱電球は必ず点灯する、実用化できる」
というリトルピープルの声(ヒラメキ)や、
確信(信念)が生まれます。
③エジソンは、
狂人に思えるほどのエンスージアズムと
膨大な研究を重ねる中で
最終的に白熱電球を発明し、実用化するという
夢を現実にすることができたのです。
◆エジソンは・・・
「白熱電球を点灯して、さらに実用化しよう」
そして「自分の母親や、世の中をより豊かにしよう。」
という明確なビジョン(明確な目標)を持ち、
そのための実行計画をたてて、それが信念となるまで、
深層自己説得や行動と研究と改善を繰り返すことで
「白熱電球は点灯して、実用化できる。」という確信を
持っていたのでしょうね。
◆だからこそ・・・
「私は、一度も失敗などしていない。
このやり方ではダメだ。という発見(学習)を14000回して
これは正しいという発明をしただけだ。」と心の底から
いえたのだと思います。
◆発明王エジソンは、こんな「名言」を残しています。
■「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄である。」
■「最初のひらめきが良くなければ、いくら努力してもダメだ。」
「ただ努力だけという人はエネルギーを
無駄にしているにすぎない。」
■「ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを
考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこで
やる気をなくしてしまう。
     いよいよこれからだというのに。」
■「完璧だと思っても、もう一押しすれば、おまけが手に入る。」
■「人生における失敗者の多くは、
諦めた時にどれだけ成功に近づいていたのかに
気づかなかった人たちである。」
◆『言葉』はその人の『思考』を表現しています。
エジソンの『言葉』から
『エジソンの思考』から『エジソンの成功の秘訣』を
学ぶことができます。
やはり・・・
「成功する人には、成功する理由がありますね。」
有難うございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■「首から下で稼げるのは1日数ドルだが、
首から上を働かせれば無限の富を生み出せる」
■「成功するのに最も確実な方法は
常にもう一回だけ試してみることだ」
■「もし人間が持てる能力のすべてを発揮したとしたら、
人間は自分自身に対して文字どおりびっくり仰天して
しまうだろう」
          発明王 エジソン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級グルメ>★★★
 
やよい軒にいきましたヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ
何度かお店の前を通ったことがあり、落ち着けそうな
定食屋さんだなぁ~と思っていました。
やよい軒は明治19年東京の茅場町に西洋料理店として
オープンしたそうです。
それから120年くつろげる店内で心をこめた美味しい
和の定食を楽しめるごはん処として新たにオープンしました。
 
卵焼きは、「母の味」と似ていて懐かしく
とても美味しかったですo(*⌒ω⌒)b
 
ミックスグリル定食はハンバーグ、エビフライ・カツ
サラダ・お味噌汁がついて890円ヾ(@^▽^@)ノ
 
そしてご飯のお代わりも自由です!!
今、安くて美味しくて、くつろげるお店が
たくさん出来てきて嬉しいですね☆*.。((〃’艸’〃))。.*☆
ありがとうございます( ^-^)_旦
ペタしてね