わが友、恐慌──これから日本と日本人の時代が訪れる8つの理由/松藤 民輔

¥1,470
Amazon.co.jp
『賢者は歴史に学ぶ』という言葉があります。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
「わが友、恐慌」の著者で、日本で唯一金鉱山に特化した会社
㈱ジパング・ホールディングスをジャスダックに上場している
松藤民輔社長は
「大不況だった昭和恐慌時に誰が成功したのか?」
を探したことがあるそうです。
すると・・・
「106歳まで長生きされて、成功した、塩谷信男さん」がいました。
大断言―至福への扉をひらく/塩谷 信男

¥1,470
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
「心の運用」を身につけよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆昭和恐慌の時代、内科医は患者が来なくて医者でも
廃業が多かったそうです。
ところが塩谷先生はこの昭和恐慌時に
東大医学部を卒業後、直ぐに医院を開業します。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆大卒の平均年収が50円で、失業率は30%を超えた昭和恐慌の時代に
塩谷先生は開業一年で300円の年収。
大不況の時代に、あまりに凄いので
この塩谷先生の秘密を真似して大繁盛する人が出てきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆松藤民輔社長が,生前の塩谷先生93歳に講演をしてもらうと、
なんと、参加者が500人も集まりました。
松藤民輔社長はこの時、1時間半の講演の前に
93歳の塩谷先生と食事をすると総てのメニューを
平らげ、「少し寝ます」と居眠りされて、その後
$さくらの「ウェルシーシェフ」
「人生は思うようになりますよ。望むことは可能です。
事業でも、成功も、健康も人生は思うようになりますよ。」
とお話しされたそうです。
◆塩谷先生の講演会を主催して、塩谷先生から学んだ松藤民輔社長は
その後、ソロモンブラザーズで法人担当として、年間10兆円もの
取引を行い、2億円を超える年収を得ました。
ところが松藤民輔社長は、過去の歴史を研究してみると、
自分が多額の年収を得ていたのは、時代の大きな流れに乗っただけで
これは「バブル」だと悟ります。
そして「バブル」の後に何が起きたのか?
  
    「恐慌」でした。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「恐慌」というと、多くの人は、暗い時代だと
思いがちですが・・・
「恐慌」は1700年代から6回あり、その度に
「歴史が繰り返されている」といいます。
・例えば、6回の「恐慌」は、その前に必ずバブルがあり
バブルがはじけている・・・
・「恐慌」の時代には6回とも、すべてエネルギー革命が
起きている。
・バブルの時代にお金を追いかけていた多くの人が
「恐慌」でお金を失い、家族のもとに帰り、家族や人間関係を
大切にする人が増えた。
・さらに「恐慌の時代」は、6回とも共通して、殆どの金融商品の
価格が下がり
・逆に「恐慌の時代」に価格が上がったものは、金(GOLD)と、
金鉱株と、長期金利だけだった。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「1929年の大恐慌」には、こんな逸話があります。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
『大恐慌の前に靴磨きの少年が銀行の頭取から
チップとして金貨をもらいました。
大恐慌で、銀行の頭取は仕事を失い・・・
恐慌の後、靴磨きの少年は、金貨で家を建てた。』
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆そこで松藤民輔社長は、ペーパーマネーの時代が終わり
金(GOLD)の時代が来ることを予見して、金山会社の経営を始めます。
2005年には、アメリカのネバダ州の金鉱山を買収して、5年かけて軌道に乗せ
㈱ジパング・ホールディングスをジャスダックに上場されています。
証券時代だけでなく、事業家としても「夢を実現してきた松藤民輔社長」は
投資の運用の前に『心の運用が大切だ』ということを教えてくれます。
「日本には、資金も教育も機会あるのに『夢がない』と思いませんか?
『夢が実現可能です。』ということを伝えたいのです。」
松藤民輔社長は、世界NO.1の金鉱山会社になるという
さらなる「夢の実現」に向かい歩みつづけています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 「夢の実現」に向かい歩み続けよう
■  賢者は歴史から学ぶ
■『経営とは予測である 予測には根拠が必要である』
           E.デミング博士
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★
「なんつッ亭」の新作ラーメンをいただきました。
濃厚なスープに、「なんつッ亭」オリジナルの黒マー油
チャーシューも良いお味でした。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■「なんつッ亭」の拘りがd(-_^)good!!
HPに書かれています。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
①麺
なんつッ亭は『とんこつマー油』と言う独特のスープに相性の
良い麺を作り出す為に、店内に製麺室を構え自家製ストレート麺
をオリジナル小麦粉を使用し毎日打ってます。
この麺は博多とんこつラーメンにあるようなストレート麺に比べ、
やや水分多目で弾力を持たせ、太さも中太の麺に仕上げております。
麺はデリケートなので粉の温度、かん水の温度、並びに室内の湿度と
その日の天気によって異なります。
麺は本当に生き物なんですねぇ。
②スープ
なんつッ亭のとんこつスープは、濃厚かつクリーミー、そしてとんこつ
特有の臭みが無いのが特徴です。
その理由は丁寧な製法にあります。
ゲンコツは骨の中の髄が出やすいよう骨を全て割り、頭の骨や鶏ガラなどと
併せて24時間圧力をかけグッと煮詰めて濃厚なスープを作ってます。
この時骨から染み出る脂分が水に溶け込み乳化されて白濁したクリーミーな
とんこつスープが出来上がります。
また、途中あく抜きには余念がなく「にごり」や「えごみ」を
出さないよう心がけています。
なんつッ亭のスープ室は10機のガスコンロを稼動させ、時間差をつけた何本もの
寸胴でスープが煮込まれています。
そして、いろんな段階のスープをブレンドすることで複雑なハーモニーが奏でられるわけなのですね~。
*ゲンコツ・・豚の骨の間接部分
*えごみ・・臭みや渋み
$さくらの「ウェルシーシェフ」
③マー油
マー油とは7種類の揚げ方で揚げたニンニクをごま油をブレンドして作る油です。
ニンニクは揚げる時間によって全く別物と言っていいくらい風味が変化します。
色もうっすらキツネ色からこげ茶色、そして黒へと変化します。
この7段階に分けて揚げたニンニクとその油、そしてゴマ油を秘伝の技法で
ブレンドして出来上がる真っ黒なマー油は、苦味と香ばしさの中に7つの風味が
しっかりと封じ込められたなんともいえない旨みのある油となるのです。
④チャーシュー
ちゃーしゅーのポイントは、創業以来注ぎ足し注ぎ足し使っている濃厚醤油ダレ
にしっかり漬け込んでいる事です。
そしてラーメンの具としてのチャーシューは、決して己を主張することなくスープを
吸い込んで初めてその美味さが滲み出るように味付けされております。
まずは、スープにしっかりと沈めて少し時間を置いてみてください。
そして、麺を食べつつマー油がスープに馴染む頃一口食べてみていただければ、
ラーメンの具としての当店のちゃーしゅーの拘りを感じていただけるはずです。
⑤ネギ
毎朝、涙を流しながら切っています。
タマネギと同じ・・・目にしみるんだなぁ、、
$さくらの「ウェルシーシェフ」
「うまいぜ!ベイビー」で有名な
味噌屋八郎商店も「なんつッ亭」のグループ
なのですね。
有難うございます。
■「なんつッ亭」はこちら
http://www.nantsu.com/