ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則/ジェームズ・C. コリンズ

¥2,039
Amazon.co.jp
スタンフォード大学教授の
ジェームズ・C・コリンズとジェリー・I・ポラスの名著
『ビジョナリー・カンパニー』を読みました。
『ビジョナリー・カンパニー』は
この世でとくに長く続き、特に成功している企業、つまり
『真に卓越した企業と、それ以外の企業の違いは、
どこにあるのか?』を調査しています。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
とても興味深いのは・・・
この調査結果で、広く信じられている、真に卓越した企業の
神話が12も覆されている点です。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
1995年9月初版ですが・・・
今なお、変わらぬ原則が伝わってきます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
ビジョナリーカンパニーに学ぼう
----------------------------------------------
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ビジョナリーカンパニー(未来志向)の企業とは
成功しているだけでなく、長くつづいているだけでもない
超一流企業であり、何十年もの間その地位をたもっている。
例えば・・・
・3M
・アメリカンエクスプレス
・ボーイング
・IBM
・ウオルマート
・ウオルトディズニー
・GE
$さくらの「ウェルシーシェフ」
『12の崩れた神話』より・・・
◆神話1 「素晴らしい会社を始めるには素晴らしいアイデア
が必要である」
<現実>
 ビジョナリーカンパニーには、具体的なアイデアを
まったくもたずに設立されたものもある
会社設立当初から成功を収めた企業の比率は、比較対象企業
よりビジョナリーカンパニーのほうがかなり低かった。
ビジョナリーカンパニーはスタートで出遅れても、長距離レース
では勝つことが多い。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆神話2「ビジョナリーカンパニーには、ビジョンを持った
偉大なカリスマ指導者が必要である」
<現実>
ビジョナリーカンパニーにとって、ビジョンを持ったカリスマ
指導者は全く必要ない。
偉大な指導者になるよりも、長く続く組織を作り出すことに
力を注いでいる。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆神話3 「成功している企業は、利益の追求を最大の目的にしてる」
<現実>
ビジョナリーカンパニーの目標はさまざまで、利益を得ることは
そのうちのひとつでしかない。
確かに利益を追求しているが、それを超えた基本的な価値観や
目的といった基本理念も同じように大切にしている。
不思議なもので、利益を最優先している比較対象企業よりも
ビジョナリーカンパニーのほうが利益を上げている。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ ビジョナリーカンパニーには共通した「正しい」
基本的価値観がある
<現実>
ビジョナリーカンパニーであるための
基本的価値観に「正解」はない。
決定的な点は、理念の内容ではなく・・・
理念を「いかに深く信じているか」、そして「会社の一挙一動」に
いかに一貫して理念が実践され、息づき、現れているかである。
ビジョナリーカンパニーは
「何を価値観とするべきか?×」と問いかけることはない。
「我々が実際に大切にしているものは何なのか?◎」
という問いを立てている。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆(重要)IBMがとくに成功を収め、環境の変化に対応する能力が
高かったのは、カルトのような企業文化がとくに強かった時期である
『IBMの基本理念』
・従業員に充分配慮する
・顧客を満足させるために時を惜しまない
・最善をつくす
ビジョナリーカンパニーを読むと・・・
神話「人の意見」と、現実「事実」を区別する重要性を
つくづく感じますね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「あなたはビジョナリーカンパニーの<現実>から
何を学び,実践しますか?」、
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 長距離レースで勝ち続けよう
■ 超一流で、長く続くことに注力しよう
■ 利益を追求するだけでなく、理念をより深く信じて
一貫して実践しつづける、組織文化を築こう
----------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★★
サイゼリヤに、ワインをしにきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※「ワインする」はワインを楽しむ意味の
動詞です。(*^。^*)
今年もサイゼリヤは賑わっていますね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
お料理はエスカルゴに、フォカッチオ、辛味チキン
にミネストローネ、そして・・・
大好きな赤ワインのデカンタ500ccをいただいて
お値段なんと1500円
リーズナブルで心地よく満足できるのは
B級グルマーとしては最高ですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
サイゼリヤさん、今年もよろしくお願いします。
ありがとうございます。
◆サイゼリヤはこちら
http://www.saizeriya.co.jp/