斎藤一人の人を動かす/永松 茂久

¥1,575
Amazon.co.jp
斎藤一人さんは
書籍『斎藤一人の人を動かす』PHP研究所 永松茂久著
のなかで『人を動かす』重要性を永松さんに話されています。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■『斎藤ひとり塾』柴村恵美子社長のHPはこちら
http://www.tuiteru-emi.jp/moushikomi.html
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
自分が変われば、世の中も変わる
---------------------------------------------
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆斎藤一人さんは、成功とは
『人が自分のために動いてくれるかどうか?』
この一点にかかっているんだよ。
自分にその魅力がないのに人を動かそうといっても
無理だよ。
『人を動かす』前に、まず最初に動かさないと
ならないのは自分自身だよ。ということです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆永松茂久さんは、
「なぜ、斎藤一人さんには、男女問わずに多くの
人が集まるのだろうか?」
と不思議に思い・・・
「どうすれば一人さんみたいに、
喜んで人が動いてくれる人になるのですか?」
と質問しました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆すると一人さんは教えて下さいました。
「俺、人をコントロールして動かそう」なんて思った
ことがないんだよ。
逆に『この人たちに喜んでもらうには、どうしたら
いいだろう!』って、いつも考えているんだよ。
そして、それをずっと考えて人と接していくと、勝手に
人が動き出してくれるようになったんだよ。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆これを聞いて、永松さんは『人を動かす』というのは
『人をコントロールすることではなく、人が動きたく
なる自分になることなんだ!』
と腹にストンと落ちたそうです。
この後、斎藤一人さんは・・・
自分が変われば、世の中も変わるよ。
そのことを明確に覚えておかなきゃいけないんだよ。
今回はその方法を詳しく教えるので、この話を聞いたら
まず自分ができるところから変えていきな。
と言われたそうです。
◆そしてこの書籍『斎藤一人の人を動かす』PHP研究所
永松茂久著の講義がはじまりました。
斎藤一人さんは、
『成功とは、人が自分のために動いてくれるか
                どうかで決まる』
そのためには
『人をコントロールすることではなく、人が動き
たくなる自分になること』
そして、斎藤一人さんは
『この人たちに喜んでもらうにはどうしたら
いいだろう!』といつも考えて接している
ということです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆斎藤ひとりさんのお話しをお聞きすると
いつも、本当に心が明るく、軽くなります。
毎日、人に喜んでもらえることや、
人から「有難うd(-_^)good!!」と言ってもらえることを
実践してまいりましょう。
■豊かさを創る質問■
「あなたが何をすれば、人があなたのために
動いてくれますか?」
「どうしたら、今日、出会う人が喜んでくれますか?」
「あなたがどのような人になれば、人がさらに
あなたのために動きたくなりますか?」
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■成功とは、人が自分のために動いてくれるか
どうかである
■人をコントロールすることではなく、人が動きたく
なる自分になろう
■『この人たちに喜んでもらうにはどうしたら
いいだろう!』といつも考えて接しよう
---------------------------------------------
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
ランチで五反田・広東市場の
ワンタン麺をいただきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
五反田で美味しいという評判のお店です。
お肉たっぷりの大きなワンタンが7個入った
ワンタン麺に,
マーボー丼か高菜飯、チャーシュー丼が
ついていて850円というランチがありました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ミニサイズもあります。d(-_^)good!!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
香ばしい自家製の食べるラー油や、
コクのある醤油づけのニンニク
おろしニンニクなど、薬味も盛りだくさんで
しっかりと堪能させていただきました。
有難うございます。