感動の条件 ~あなたの一生を1時間で変える本~ [DVD付]/永松 茂久

¥1,680
Amazon.co.jp
斎藤一人さんの末弟子である永松茂久さんの
書籍『感動の条件』を読みました。
日本一の大商人の斎藤一人さんから永松さんが学ばれている
商売の実学がわかりやすく書かていて、さらに永松重久さんの講演会DVDが
ついているので、商人や事業家の方、経営者、営業職の方には
是非、お奨めです。
 
書籍『感動の条件』の中で、永松さんは「フォーミー」と「フォーユー」の
考え方について書かれています。
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
仕事は人を喜ばすと繁盛する
---------------------------------------------
 
◆例えば居酒屋に「あ~疲れた、ビールが飲みたい。」
とやってくるお客様は、殆どが幸せになりたい人だということです。
「この店は、繁盛してないみたいだから、俺たちが入って
幸せにしてあげよう。」
などと考えてお店を選ぶお客様は、殆どいません。
お客様は美味しいお酒を飲んで、幸せになりたいから居酒屋に
やってくるのです。
 
◆そう考えたときに仕事をするなら「フォーユー」の考え方で
したほうがいいにきまっています。
しかも『類は友を呼ぶ法則』により「フォーミー」と「フォーミー」同士、
「フォーユー」は「フォーユー」同士が引きあうようになります。
「フォーミー」組は、どこまでいっても奪い合い、争い合い
「フォーユー」組は、どこまでいっても与え合い、喜ばせ合いが続く。
永松さんは、ひょっとしたらこれが「天国」と「地獄」かもしれない。
そして、実はこれはその人の持ち方で決まる。といいます。
 
◆書籍『感動の条件』には斎藤一人さんが松永さんに教えてくれた話が
たくさん書かれています。
例えば、あなたが「饅頭屋」を経営しているとします。
そこが評判になり大成功しました。その店ではもうこれ以上
生産能力はあがりません。しかし大行列!
ここで、あなたならどうしますか?
永松さんはこう聞かれて・・・
「2店舗目の出店にすぐにとりかかる」と答えました。
 
◆これに対して日本一の大商人の斎藤一人さんはこう答えました。
「あんこを増やしてさらに美味しい饅頭をつくる。」
店舗を増やすのではなく、お客様の笑顔を増やす。
つまり感動のレベルを上げることでした。
そうすれば、さらに評判を呼んで饅頭は売れに売れ、やがて溢れて
二軒目をつくらなければならない状態になります。
『上手くいったときこそ、さらに人を喜ばせる。
       さらなる「フォーユー」を追求する』
すると求めなくてもビジネスがどんどん大きくなっていきます。
それは規模の問題だけでなく、内容の拡大にもつながるのです。
 
◆永松さんは教えてくれます。
逆に事業を展開するときに、スタッフ一人ひとりが
相手の立場に立って考える心が浸透する前に、新しい事業を
開始するとお客様を「幸せになりたいお客様を幸せにできません。」
その結果、感動が減り、やがて行き詰まります。
どんな大手企業でも人の集まりです。そこで働く人、一人ひとりの
心持や、人間力にかかっているのです。
 
◆東日本大震災の後、『今、自分にできること!』という言葉を
よく耳にするようになり。
『FOR YOU』の精神が見直されつつあるように感じます。
今、目の前の人や仕事を大切にしながら『今、自分にできること』を
やり続けていきましょう。
素晴らしい書籍を、本当に有難うございます。
 
■豊かさを創る質問■
「あなたの仕事は人に、どんな喜びを与えていますか?」
「あなたの仕事でどうしたら、さらに人に喜びを与える
ことができるでしょうか?」
「あなたが、目の前の人や、仕事を、さらに大切にし続けるために
あなたには、何が必要ですか?」
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■事業の繁栄は、そこで働く人、一人ひとりの
心持や、人間力にかかっている
■上手くいったときこそ、さらに人を喜ばせる
       さらなる「フォーユー」を追求しよう
■人生が繁栄する条件を実践しよう
---------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★★
ランチは、山崎製パンの『ランチパック 富士の宮焼きそば』
をいただきました。
 
ご当地グルメの富士の宮焼きそば!
これが風味がよくボリュームも丁度良くいいお味なのです。
 
『ランチパック 富士の宮焼きそば』は
富士宮やきそば風に仕上げるために、焼きそばに
肉かすと、イワシのだし粉を使い、さらにからし入りマヨネーズタイプの
ドレッシングがサンドされているそうです。
 
お手軽でお奨めです。
◆『ランチパック』こちらから
http://www.matsuyafoods.co.jp/menu/