京都の『清水寺』に参拝してきました。
清水寺で面白いお話しをおききしました。
 
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
奇跡を起こす、信念を身につけよう
---------------------------------------------
 
◆清水寺の側面には、人の腰の高さあたりに細長く深い「溝」があり
その「溝」は、清水寺の廻りに一周刻み込まれている。
 
この「溝」は何かというと。
「昔、盲人のかたが目が見えるように祈願して、清水寺の本堂を
手で撫でながら千回、廻られました。
すると・・・奇跡的に目が見えるようになった。」
 
◆そこでその噂を聞いた大勢の盲人の方が、同じように
清水寺の廻りを、撫でながら、千回ぐるぐる廻って
目が見えるように祈願したそうです。
清水寺の周りにある「溝」は、その時の盲人の方たちが
撫でた跡なのです。
清水寺の舞台を支える、堅牢な木材も、何回も何回も人が
手で撫でているうちに少しづつへこんでいき、「溝」となったのです。
 
◆納税額で歴代1位の斎藤一人さんの教えで
「奇跡の起こし方」をお聞きしたことがあります。
 
夏になると道路のアスファルトを突き破り、草が生えているよね。
あれは「奇跡」だよね。
 
なぜなら、もし草をアスファルトに力で押しつけたら、
アスファルトを突き破るどころか、青汁になっちゃうよ。
 
では、なぜ、道路のアスファルトを突き破り、草が生えているかと
いうとね。
 
◆草は、今できる最高の力で、最高の時間をかけて、ジワーと
押し続けたからなんだよ。
頭のいい人は、何気圧で押したらとか考えると・・・出来ない!
となるの。
 
ところが草はそんなこと・・・「できない」などとは考えない。
 
◆草は、今できる最高の力で、最高の時間をかけてジワーっと押した
だけなんだよ。
だから、人が「自分はついている」「できる」と信じて
今できる最大の力で、最大の時間をかけてジワーッとやり続けると
「奇跡」が起きるんだよ。
『一念、岩をも通す』とは、人はその心「信念」のあり方によって
いかようにも成し遂げられることをいいます。
 
■豊かさを創る質問■
「あなたは奇跡を起こす法則をご存知ですか?」
「ついている!できる!と信じていますか?」
「あなたは、今できる最大の力で、最大の時間をかけて
ジワーっとやり続けていますか?」
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 一念、岩をも通す
■ ついてる!できる!という信念をもとう 
■ 今できる最大の力で、最大の時間をかけて
ジワーっとやり抜こう! 
---------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★★
 
夏場は、美味しい冷ややっこが恋しくなりますね。
男前どうふの『波乗りジョニー』をミョウガと
真空パックのお醤油でいただきました。
 
ミョウガと、美味しいお醤油でいただく『波乗りジョニー』と
冷え冷えのビールは、至福のひとときを演出してくれます。
 
♪゚・*:.。.Happy☆ヽ(*´∀`*)ノ☆Happy.。.:*・゚♪
よくぞ!日本人にうまりけりですね。
ちょっと、おじさんぽいかな?♪
(*・∀・)/▼☆▼\(・∀・*)♪
有難うございます。