新版 古寺巡礼京都〈18〉妙法院・三十三間堂/菅原 信海

¥1,680
Amazon.co.jp
京都で『国宝 三十三間堂』に参拝してきました。
 
三十三間堂の免震法の歴史を読んでみると
人間の進化の歴史の偉大さを感じます。
 
斎藤一人さんの書籍『強運』の教えにもありましたが
『もともとの努力もしないで強運になろうなんていうのは
基礎もないのにビルを建てるようなものだよ』という教えが
胸に響きますね。
■豊かさを創る質問■
・あなたは基礎をつくらずに大きなビルを建てようと
していませんか?
・あなたは、歴史に触れていますか?
・あなたは、歴史の教訓から学んでいますか?
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
歴史を感じよう
---------------------------------------------
 
◆ 国宝 三十三間堂(こくほう さんじゅうさんげんどう)
 
正式名は、蓮華王院で、その本堂が「三十三間堂」と通称されます。
これは、東面して、南北にのびるお堂内陣の柱間が33もあるという
建築的な特徴によります。
「三十三」という数は、観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数
を表しています。
 
◆ 平安後期、約30年の間、院政を行った後白河上皇が、
自身の職住兼備の「法住寺殿・ほうじゅうじどの」と呼ぶ院御所内に、
当時、権勢を誇った平清盛の資財協力によって創建したものでした。
ところが、そのお堂は建長元年(1249)、市中からの火災により焼失し
鎌倉期・文永3年(1266)に再建されたのが現存のものです。
朱塗りの外装で、堂内は、花や雲文様の極彩色で飾られたといい、
今もわずかにその名残を停めています。
 
◆地上16メートル、奥行き22メートル、南北120メートルの長大なお堂は
和様、入母屋造り本瓦葺きで、手前からはるか彼方へ一点透視的に漸減する
眺めは、胸のすく壮快さです。
◆三十三間堂の建てられた平安期、都には見上げるような大建築が
ありましたがその多くは、地震や火災のために、短期間で姿を消して
しまいました。
この反省から、工人たちは様々な工夫を凝らしたのです。
まず、基礎地盤には、砂と粘土を層状に堆積して地震時の地下震動を
吸収する〈版築・はんちく〉を用い、堂内の屋台骨は、柱間を2本の梁
でつなぐ〈二重虹梁・にじゅうこうりょう〉とし、
外屋の上部も内・外柱に二重の梁をかけて堅固さを増加しました。
◆ 加えて、構架材の柱や長押、梁は“揺れ”を予測した組み方とし
土壁面積を極力小さくした上で、溝を切った柱に板壁として横板を落し込む
〈羽目板・はめいた〉とするなど、お堂は、波に揺れて浮ぶ筏のように
“揺れ動く”建築としての免震工法が施こされたのです。
※国宝 三十三間堂はこちら
http://sanjusangendo.jp/s_1.html
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 歴史に触れよう 
■ 歴史の教訓から学ぼう
■ 基礎の上に建築しよう
---------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★
京都駅で天婦羅『ハゲ天』にいきました。
 
海老や鱧など新鮮なネタを、揚げたてで、さくさく頂ける逸品
天婦羅定食を満喫しました。
 
美味しい天婦羅を、素材のお味がはっきわかる
『塩』でいただくのが大好きです。
 
昼下がりの老舗の天婦羅『ハゲ天』のランチ・・・。
丁寧に炊き上げたご飯や、香り高い赤だしの美味しい
お味噌汁もついて、さらにお代わまでできて
900円以下で、いただけるのは嬉しいですね。
これだけリーズナブルなのは、京都駅の
昼下がりのランチだからかもしれませんね。
 
■『ハゲ天』は昭和3年「たから」の屋号で銀座に店を構え、
数々の美食家に愛されて参りました。
初代のハゲ頭から、いつとはなしに「ハゲ天」と名乗るようになり
早80年・・・今では天ぷら御懐石からお総菜まで天ぷらの全てを
歩んでいるそうです。
 
天婦羅の『ハゲ天』では、7月は暑い時期ですので
スタミナをつけていただくため「はも・鰻・穴子」の三種を。
また夏野菜などは唐辛子や山葵、カレー粉などでぴり辛の
味付けをされているそうです。
 
季節コースのお食事として提供している、サラダ風天丼は
サッパリとした味わいでご好評いただいているそうです。
「サラダ風天丼?」
是非、食べてみたいですね。(^^♪
ありがとうございます