カンブリア宮殿 2012年1月26日放送
ペット保険から保険を変える業界の風雲児の挑戦!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ゲスト◆ 
アニコムホールディングス社長
小森 伸昭(こもり・のぶあき)氏を観ました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■豊かさを創る質問■
・あなたは、できることから始めていますか?
・あなたは、足下を固めて、天を目指していますか?
・あなたは、WIN-WIN-WINを築きつづけていますか?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※アニコムのペット保険はこちら!
http://www.firstplace.co.jp/anicom02/index.html?utm_source=ad&utm_medium=ppc
__________________________
<魔法のレシピ>
足下を固めて、天を目指す!
__________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「アニコムのペット保険は、ペットの飼い主さんからの支持を受けた
ということですが、その理由を教えていただけますか?」
小森社長:人の健康保険で、保険が無かったときを想像して
ほしいのですが、レントゲンとか入院とかで10万円請求されて
それを後で自分で申告するシステムだったのです。
それが『健康保険証』をもっていて、水戸黄門の印籠のように保険証を
「コレ!」と見せるだけでいいというのは便利ですよね。
ですからペット保険も、元々、人間の健康保険のような便利な
仕組みがないと駄目だと思いました。
村上龍:「ペット保険」は「損害保険」ですか?
犬とか猫は、いまのところ、「モノ」になるので「損害保険」です。
将来は法律が変わると思いますが、日本の法制度は一歩遅れますから
そこは変わると思います。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆村上龍:アニコムのペット保険では「電子カルテ」が普及している!
ということですが、人間の医療でも遅れている「電子カルテ」が
普及したのは、大きかったのではないですか?
小森社長:ペット保険は、誰かが手間と経費を肩代わりしているのですね。
それは動物病院さんが、肩代わりしてくれていたのです。
そのカルテを全て手書きで書いていたら大変ですから・・・。
動物病院は、昔は一人のドクターで経営したいたのが、看護士さん、
受付というふうに分業化していったのです。
カルテ産業はシナプスみたいなものですから、我々はそこで
「電子カルテ」に参入できたのでラッキーですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆村上龍:「今のレセプト額は、凄い額ですよね。
人間でもそうですよね。」
小森社長:「電子カルテ」は、人間よりも動物が普及していますね。
人間のカルテは、全部をだされると、秘匿性があるので問題が
あるときがあるので、普及しづらいところもありますね。
昔の動物病院は、点数制度がなくて、一人一人の医師が診療価格を
3万円とか! 5万円!とか決めていました。
そのやり方だと患者さん同士が
「あそこの動物病院は、1万円だった。」
「うちの動物病院では、5万円取られた!」
となるので、あまり無理はできないと思います。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆動物病院にペット保険が入ると、価格がオープンになるのは
いいことですね。
それにアニコムホールディングスは、動物病院の事務の手数料を
減らすことができますから、動物病院にも便利でしたね。
村上龍:日本の国民は、皆、健康保険というのは世界に誇れると
思いますが!今は、健康保険は制度疲労がきていますよね。
小森社長は人間の保険は考えていなのですか?
元々、サラリーマンの息子ででしたので。
サラリーマンの息子でもできるビジネスの大きさ!で考えると!
まずは「ペット保険」で成果をだして「ペットでここまでできてる!」
というのを見せて、人間の健康保険もやってみたいですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
【ゲストプロフィール】
◆ゲスト◆ 
アニコムホールディングス社長 小森 伸昭氏
1969年 兵庫県神戸市生まれ
1992年 京都大学経済学部卒業 「東京海上火災保険」
(現・東京海上日動火災保険)入社
1996年 経済企画庁に出向し、調査部門で経済白書の
まとめや健康保険制度に携わる
2000年 anicom(動物健康促進クラブ)を設立、
「ペット共済」としてスタート
2008年 アニコム損害保険会社としてペット保険販売開始
2010年 東証マザーズ上場
【企業情報】
会社名 アニコムホールディングス株式会社
本社 東京都新宿下落合1-5-22
創業 2000年7月
売上高 108億円(2011年3月期)
経常利益 3億4000万円(2011年3月期)
社員数    269人(2011年11月末)
契約件数 37万(2011年11月末)
契約病院数 5007(2011年11月末)
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※カンブリア宮殿はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

_____________________________
<魔法のレシピ>
■ できることから始めよう!
■ 変化の流れに乗る!
■ WIN-WIN-WINを築きつづける!
______________________________
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★
ドトールコーヒーで「ジャーマンドック」をいただきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ジャーマンドックのソーセージの味は、
ドトールコーヒー創業者である鳥羽博道氏が欧州視察の際に
ハンブルクの街角で食べた味─ソーセージというのは、こんなにおいしいものだったのか!と感動した味─が原点となっています。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ただ一途においしいソーセージを求めて世界各国を駆け巡り、
ようやくドイツで理想の味を見つけたのですが、当時は輸入規制対象商品のため、日本への買い付けを断念せざるを得ませんでした。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
─どうしても日本で“あの味”を再現したい─そんな熱意を胸に、海外でも数々の賞を受賞している日本のハムメーカーと共同開発をスタート。試作に試作を重ねて、ついに理想のソーセージが生まれました。
ジャーマンドック.. ¥ 200
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※「ドトールコーヒー」はこちら!
http://www.doutor.co.jp/dcs/taste/germandog.html#1
ありがとうございます。