人を動かす 新装版/デール カーネギー

¥1,575
Amazon.co.jp
斎藤一人さんが、最低でも7回読むように薦めて
下さいました書籍『人を動かす』Dカーネギ―を
読みました。
 
人を動かす3原則の1番目は
『盗人にも5分の理を認める』ということ
なのですね。
 
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
全てを知れば、全てを許すことになる
----------------------------------------------
 
◆アメリカのシンシン刑務所の所長は、服役している
囚人たちについて、こう語ったそうです。
「受刑者で自分自身を『悪人だ』と考えている人間は
殆どいない。
彼らはになぜ、犯罪を犯したのか?を尋ねると・・・
「なぜ、金庫破りをしなければならなかったのか?」
「なぜ、ピストルの引き金を引かなくてはならな
かったのか?」
などを、実に上手く説明する。
 
◆刑務所にいる犯罪者の多くは、たいていの悪事に
もっともらしい理屈をつけて、それを正当化して
刑務所に入れられているのである。
そして、刑務所に入れられているのは、実に不当だと
感じているのである。
アメリカで殺人鬼と呼ばれた、2丁拳銃のクローネ
という男が、電気椅子に座るときに残した
最後の言葉は・・・
「自分の身を守っただけで、こんな目に
あわされるんだ!」
「極悪人でさえ、そうなのだから、「悪人」でない
「普通の人」は、自分をどう考えているのだろうか?
 
◆ベンジャミン・フランクリンは、若いころ
つき合いが下手だったが、その後・・・
外交上手となり駐仏大使となりました。
その秘訣は
「人の悪口は決して言わず、長所を褒めること」
だったそうです。
心理学者のBFスキナーの動物実験では
「悪いことをしたときに叱るよりも
良いことをしたときに褒めてご褒美を与えた方が
はるかに物を覚え、訓練効果が上がる。」
という報告がされています。
 
◆リンカーン大統領も、相手を傷つけるような
辛辣な手紙は出さなかった。
それどころか、
自分のことを悪く言う人間に対しても
「あまり悪く言うのは辞めなさい!
我々も立場を変えると、相手のようになるのだから」
といっていました。
「悪意を捨てて、愛を取れ!」
「人を裁くな!裁かれるのが嫌なら」
◆人を非難する変わりに、相手を理解しようと
努めよう。
「どういうわけで、相手がそんなことをしでかす
にいたったのか?」よく考えてみよう。
その方が、はるかに得策で、面白くもある。
そうすれば同情・寛容・好意もおのずとうまれてくる。
「全てを知れば、全てを許すことになる。」
 
◆書籍『人を動かす』には『父は忘れる』という
感動的な内容が掲載されています。
『人生の質は、コミュニケーションの質』
とAロビンズはいいますが・・・。
書籍『人を動かす』Dカーネギーは
仕事の関係や家族関係、パートナーとの関係はもちろん
さらに素敵な出会いを求めている方など
人生をより豊かにしたい方には、是非、7回読む
ことをおすすめいたします。
◆『あなたは、相手をどのように許しますか?』
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 殆どの人は自分を悪人だとは思わない
盗人にも5分の理を認めよう
■「悪意を捨てて、愛を取れ!」
「人を裁くな!裁かれるのが嫌なら」
         リンカーン大統領
■ 人の悪口は決して言わず、長所を褒めよう
----------------------------------------------
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
東京の大塚で大きな地震がきて、山の手線が
とまったため、世界飯店に入りました。
 
世界飯店では、26周年記念の美味しいラーメンを
いただきました。
醤油とんこつ味のラーメンに、野菜、にんにく、
辛めなどトッピングはすべてサービスで無料で
500円です。
 
お店の人が親切な方達で、地震で電車が
止まっている間は
「ゆっくりしていって下さい。」
と優しい声をかけてくださいました。
 
世界飯店は本格的な中華料理店なので
美味しい中華やお酒も楽しめます。