成功の9ステップ/ジェームス・スキナー

¥1,995
Amazon.co.jp
ジェームススキナーさんはいいます。
『鬱』とは、落ち込んでいることです。
ですから「鬱病」とは『常に、鬱を感じている、言い換えれば、
常に落ち込みを感じている心の状態』なのです。
 
これは全て、その人が「何を感じるのか?」にかかっているのです。
つまり全て『感情』なのです。
 
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
『感情のコントロール』を身につけよう!
---------------------------------------------
 
◆『感情』は料理のようにつくれると考えています。
そして『感情』をつくるには、レシピがあるのです。
『感情』は、料理のように焼き上げるものなのです。
ですから『感情』にも材料があって、もし美味しい気持ちを
味わいたければ、美味しい気持ちを得る材料を使うことです。
 
例えば、チョコレートチップクッキーを作るときには
その「材料」と「レシピ」があります。
チョコレートと、ベーキングパウダー、卵、小麦粉など・・・
 
◆ところが、もしもチョコレートチップクッキーの材料の
「チョコレート」が、「犬の糞」だったら?
もちろん、全然、違う味になります。
食べられないです。
 
『感情』はこれと同じなのです。
もしあなたが、美味しい気持ちになりたければ、
美味しくなる材料を入れれば、美味しい気持になります。
ところが、多くの人は『感情』の『材料』が、「何」で
つくられるのかがわからないので、殆ど偶然に入ってくる
『材料』で感情がつくられるのです。
だから、多くの人は『感情のコントロール』が出来ないのです。
◆また、パソコンに例えて言うと
『自分の脳』を『パソコンの画面』だと考えてください。
 
パソコンの使い方が分らない方は、キーボードを
ぐちゃぐちゃに打ち込むと、パソコンの画面には、何だか
わからないものが打ち出されます。
ところが、パソコンのちゃんとした使い方を知っていたら
パソコンの画面に欲しい気持ちが打ち出されます。
これと同じで、欲しい『感情』の『材料』と『レシピ』が
分っていれば、いつでも自分の欲しい気持ちを得られるのです。
◆ジェームスが、もうひとつ教えてくれるのは
『感情のコントロール』を学んで欲しいのですが
それと同時に、今の環境のなかで『機会』(チャンス)を
見つけて欲しいということです。
今の環境を『問題』とみるのではなく、その環境のなかで
『機会』と見て欲しいのです。
・「景気が悪い!」とか
・「失業率が高いではないか!」とか
こういう環境の見方もありますが、
その環境で、機会を見つければいいのです。
 
◆なぜなら世界の1年間の経済は『70兆ドル』あるのです。
日本円で約5600兆円もあるのです。
例えば個人で1000万ドル、日本円で約8億円というお金は
1年間で使い切れないほどのお金なのです。
つまり年間『70兆ドル』というのは使い切れないくらい
大きなお金なのです。
この大きなお金が世界で動いているのです。
つまり、これだけの金額で何かを買っているのです。
要は『機会がなくなった』のではないのです。
『機会が移った』だけなのです。
 
◆韓国の経済危機の時に、ジェームスの友人の研修会社
は大きな売り上げを上げました。
「それは、なぜ、でしょうか?」
韓国が経済危機のときに、多くの人は、高額な「焼肉」を
食べられないので「ラーメン」を食べていたのです。
 
そこで、その研修会社は、製麺業者に研修を売り込みにいくと
そこは景気が良く予算が豊富にあったので、どんどん、業績が
拡大したのです。
つまり『機会がなくなった』のではないのです。
『機会が移った』だけなのです。
◆景気が良いときに、企業に売り込みにいっても、
「もうお付き合いしている業者がすでにあるから・・・」とか
断られやすいのです。
ところが、景気が悪くなると
「コスト削減のアイデアがあります。」というと提案は
採用されやすくなっているのです。
だから『機会を探して欲しいのです。』
今の時代は頭が柔らかければ、面白くてしょうがないのです。
◆その人がいる環境の中で『機会』を見つけるかどうか?は
『その人の状態次第』なのです。
例えば、3年前と環境が違う、1年前と違う、1ヶ月前と違う。
この変化が激しい環境に対して「ああ・・・どうしよう」
とか言って、『身体』を落ち込ませていたら
良い『機会』は見つけずらいですよ。
なぜならそのような『身体の使い方』をしていると
『思考の使い方』や『言葉の使い方』も
・「景気が悪い」とか
・「中国にやられている」とか
・「失業率が高い」とか
こういう環境の見方になりがちなのです。
だから機会(チャンス)に氣づきづらくなるのです。
◆逆に、同じ環境の中にいても、子供のように,柔軟な頭があれば
面白く感じるので、機会(チャンス)を見つけやすいのです。
・『ああ、この世界の変化は、オモシロイ機会だなあ』とか
・『あの国の独裁者が変われば、皆がより自由に物を買うように
なる。これは面白い機会だなあ』とか
・『原油が上がっている。これは面白い投資の機会だなあ』とか
ですから、今の同じ環境も柔軟に考えることができれば
「面白い機会だな!!」となります。
◆それでは世界のお金持ちは、このような不況、混乱、災難の
なかでどのようにして富を生み出すのでしょうか?
世界35カ国にまたがる2000億円企業を創業した
ジェームススキナーさんが
「100年に一度の、不況、混乱、災難をチャンスに変える方法」を初公開!
あなたの収入、売上に大きな変化をもらす「お金持ちの知恵」を
この機会に是非、手に入れてください。
<残り2日> 詳しくは今すぐこちらから!
http://www.ssigrp.com/dvd/3/
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 今の環境のなかで『機会』(チャンス)を見つけよう
■ 『機会』を見つけるかどうか?は『その人の状態次第』である
■ 言葉の使い方、思考の使い方、行動の仕方
状態管理を身につけよう!
---------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★★
ラーメン日高屋にゆきました。
 
和風チャーシューメンと半チャーハンのセット640円
をいただきました。
 
和風チャーシューメンのスープは出汁がよく効いています。
餃子もジューシーで美味しくいただけます。
 
10日付 日経新聞によると、ラーメンチェーン日高屋では
震災の影響で約 1500人の外国人従業員のうちの半数が
母国などに一 時帰国しているそうです