リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと/林田 正光

¥1,470
Amazon.co.jp
書籍『リッツカールトンで学んだ仕事で一番大切な事』
林田 正光著を読みました。
林田さんはリッツカールトンの接客の特徴を一言でいうと
「ノーと言わない」ことだといいます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■豊かさを創る質問■
・あなたが仕事で取るべき対応の基準をどこに置いていますか?
・あなたは、お客様一人ひとりのニーズにあった
パーソナルサービスを提供していますか?
・あなたは、お客様に何かを頼まれたら「喜んで」
「かしこまりました」と誠心誠意、応じていますか?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆リッツカールトンホテルはこちら!
http://www.ritz-carlton.co.jp/
_______________________________
<魔法のレシピ>
『ノーと言わない』接客を身につけよう!
_______________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆リッツカールトンではお客様から何かを頼まれたら
「かしこまりました」「喜んで」と応じて誠心誠意お応えします。
例えば、お客様から宿泊予約のお電話をいただいた時に
あいにく満室だったとします。
このとき「申し訳ありません。あいにく満室でして・・・」
といったのでは「ノー」と言うことと同じになります。
リッツカールトンでは
「私どものホテルはいっぱいですが、もし宜しければ
近くのホテルの空き状況と料金を聞いてご連絡さしあげますが
いかがたしましょうか?」と提案します。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆また例えば、レストランのオーダーストップが2時30分だと
します。
ところがお客様が3時にお見えになったとしたら、普通の
レストランだと
「すいませんオーダーストップなので、またのお越しを
お待ちしています。」となります。
ところがリッツカールトンでは
「せっかく来てくださったのだからオーダーストップの後でも
食事をしていただきます。」
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆リッツカールトンのホテルマンは、お客様をお名前でお呼び
します。
「~~様、いらっしゃいませ。」
これはリピーターのお客様だけでなく、初めてのお客様に
対してもです。
実際に初めてリッツカールトンに訪れて、名前を呼ばれて
驚いたいう人も少なくありません。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆リッツカールトンでは実はドアマンは、小さなイヤホンと
レシーバーを装着していて、荷物についたタグなどから
お客様のお名前を把握して、名前でお呼びして歓迎の意を
込めるのです。
同時にレシーバーでレセプションにお客様の到着を
お知らせします。
レセプションはそれを受けて、ルームキーの手配に
取りかかります。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆林田さんはこうしたシーンをみるにつけ、仕事は
チームでやるものだ!ということを痛感させられたといいます。
リッツカールトンでは従業員は、『自分が取るべき対応の基準』
をお客様が満足するかどうか?においています。
これをやるとお客様は「喜ぶだろうか?」「幸せになるだろうか?」
ということです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
例えば、儀礼的に「いらっしゃいませ」と挨拶するだけなら
誰でもできるでしょうが、このような事務的な対応は誰も
喜びません。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
お客様がリピーターであれば
「~~様、いらっしゃいませ。以前いらしたときはゴルフでしたね。
スコアはいかがでしたか?」と対応するのです。
これがパーソナルサービスです。
「パーソナルサービス」だからお客様に感動していただけるのです。
人を動かす 新装版/デール カーネギー

¥1,575
Amazon.co.jp
◆Dカーネギーの名著『人を動かす』 P107には、
鉄鋼王のアンドリュー・カーネギーがスコットランドでまだ少年だった
ころのお話が掲載されています。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ある日、少年のアンドリュー・カーネギーがウザギをつかまえた。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ところが、そのウサギは腹に子を持っていて、まもなくたくさんの
子ウサギが小屋にいっぱいになった。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
すると、餌が足りない。
だが、アンドリュー・カーネギーにはすばらしい考えがあった。
近所の子供たちに
「ウサギの餌になる草をたくさん取ってきたら、
その子の名を、子ウサギにつける。」といったのである。
◆少年時代のアンドリュー・カーネギーは、このとき
一銭もお金を出すことなくウサギの餌を手に入れています。
これは相手の名前を、うさぎにつけることで、その人の重要感や
満足感を満たす人間の心理をうまく使ったのです。
この計画はみごと当たったのです。
そしてA.カーネギーは、このときのことを事業家になっても
決して忘れなかった。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
アンドリューカーネギーは鉄鋼業に参入した際、競争相手との
合併で、相手の会社の社長の名前を、新会社名に入れることで
相手が承諾することがあったのです。
人とのコミュニケーションを円滑にするには、まずは相手の名前を
覚えること。
そして相手の名前を大切に扱っていることを相手に理解してもらう
ことが重要なのですね。
書籍『リッツカールトンで学んだ仕事で一番大切な事』はこちら!
リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと/林田 正光

¥1,470
Amazon.co.jp
◆リッツカールトンホテルはこちら!
http://www.ritz-carlton.co.jp/
_______________________________
<魔法のレシピ>
■「パーソナルサービス」だからお客様に感動していただける
お客様をお名前でお呼びしよう!
■ お客様の快適さのために『ノーと言わない』で代替え案を
提案しよう!
■ お客様が「喜ぶかどうか?」、お客様が「幸せかどうか?」を
自分の対応の基準にしよう
_______________________________
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★
BEARD PAPA’Sシュークリームを
頂きました(-^〇^-)
$さくらの「ウェルシーシェフ」
非常に香ばしく、また甘い香りに誘われて、
ついつい足を運んでしまうこちらのビアードパパ(#^.^#)
$さくらの「ウェルシーシェフ」
季節限定の焼きいもシュー!のポスターに
引き寄せられちゃいました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
さつま芋の王様と呼ばれる「鳴門金時」を使用!
その鳴門金時を皮ごとペーストにし、
自慢のカスタードにたっぷり混ぜ込まれていて
ほくほくした風味とトロ~りとしたカスタードクリーム
との相性は最高です。
サクサクしたシュー皮にはゴマが入っていて風味豊かです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
外はサクッと、そして中のクリームはトロッとしたその食感は、
本当にやみつきになってしまいます(*´∀`*)
味も甘過ぎないのでくどくないし、何個でも食べられちゃう
美味しさ!!(*^―゜)b
※BEARD PAPA’Sシュークリームはこちら
http://www.beardpapa.jp/
ありがとうございます。