カンブリア宮殿 2012年5月24日放送
ネット動画に革命を起こした『ニコニコ動画』を観ました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ゲスト 
ドワンゴ 代表取締役会長 川上量生(かわかみ・のぶお)氏
『ニコニコ動画』を運営するドワンゴは「利益を生み出すのは難しい!」
といわれてきたインターネットビジネスで、有料会員だけでも162万人を
獲得して業界の内外を驚かせました。
ドワンゴの川上会長は、動画を武器に独自のビジネスモデルで
ネットビジネスに、どんな“革命”を起したのでしょうか?
※『ニコニコ動画』はこちらから☆彡ヾ(⌒∇⌒*)(*⌒∇⌒)ノ彡☆
http://www.nicovideo.jp/
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■豊かさを創る質問■
・あなたは、「面白い!」というのを最優先していますか?
・あなたの事業は、楽しめる「場」をおもちですか?
・あなたの事業は、双方向で「反応を返す!」ことで
「うざい!」に「嬉しい!」が勝る仕組みがありますか?
__________________________
<卓越のレシピ>
一見、変人なんだけど、凄く頭がいい!
__________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆『ニコニコ動画』の最大の特徴はモニター上をコメントが画面上に
流れる『弾幕』という機能です。
『ニコニコ動画』、通称『二コ動』は「小沢一郎議員の単独会見」や
「スペースシャトル打ち上げ」など、次々と話題の動画を配信して
注目を集めた。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
これを運営するのが、川上量生氏が率いるドワンゴだ。
ドワンゴは、黒字化が難しいといわれてきた
「ネットの動画共有ビジネス」で初の黒字化を達成、業界の内外を驚かせた。
「ニコ動」その利益の“源泉”は、増え続ける会員だ。
・有料会員だけでも160万人超。
・無料会員と合わせると、何と2700万人が登録している。
※『ニコニコ動画』はこちらから☆彡ヾ(⌒∇⌒*)(*⌒∇⌒)ノ彡☆
http://www.nicovideo.jp/
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「ニコニコ動画」の強さは、一般の人たちが自分で作った動画を投稿し
共有し楽しめる「場」を作ったこと。
ユーザーが投稿した動画は777万本!まさに参加型メディアなのです。
その創作活動はまさに無尽蔵、無限大!
それでは、なぜ「二コ動」に人が集まるのでしょうか?
村上龍さんは、川上会長について語っています。
『川上さんは一見、変人なんだけど、凄く頭がいい!クールな人です。』
川上さんは、『この1年よくマスコミに出るようにした!』ということ
ですが、資料を読んでみるとオーソドックスな経営者という感じがするんですよ。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆今回のカンブリア宮殿の収録では、その一部を「ニコニコ動画」で生配信。
村上龍さんは番組放映前、
「ニコニコ動画」の生配信でモニターにコメントが流れるのは憂鬱だった!
という。
村上龍さんはいいます。
「僕は作家なんでインターラクティブ(双方向)はあまり好きではないのです。
インターネットは怖いんです。自分は作家なので一人で書く仕事なんで
書いてる最中にすぐに反応が返ってくると・・・怖いですね。」
川上会長:「みんなインターラクティブは、好きではないですね。」
村上龍さん:「モニター、うざくないですか?」
川上会長:「僕も、たまにうざく感じるときがあります。W
これは慣れる必要がありますね。
コメントが多くて動画が見えなくなるのです。動画をみてるのに!
逆にそれが面白いな!となりまして。W」
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「ニコニコ動画」は、「反応を返す!」ということでユーザーが
集まってくるんですよ。
ただ最初のころは、反応が返ってくるので「うざい!」というのも
あるんだけど、「嬉しい!」という氣持ちが勝って「ニコ動」が
はやったのです。
小池さん:このコメントが画面にながれる「弾幕」は誰が考えたのですか?
川上会長:「ユーザーのコメントを字幕にして、動画の画面に流したら
動画を見る邪魔ができるよね!」ということだったのです。w
最初は、『ウソの字幕ごっこのサービス』をつくったらどうなる?
という発想だったのです。
「そしたら皆が一斉にコメントしたら、画面がコメントでいっぱいになり
動画が見えなくなるから意味ないじゃん!」
それが面白い!ということになったのです。W
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆小池栄子さん:初心者にはわかりにくい、モニターの「WWW」とか、
「8888」はどんな意味なのですか?
・「WWW」は、「笑い」
・「8888」は、「パチ、パチ、パチ、パチの拍手」です。
小池さん:『ニコニコ動画』の参加者に質問です。
「皆さんは。今、どこでこの番組を見ているのでしょうか!」
弾幕・・・>「自宅」「大阪」「アフリカ」「ジンバブエ」
小池さん:「このコメントは全部、信じちゃいけないですね。」
川上会長:「以外に、正直なんです。」W
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆小池さん:他社は「弾幕」はしていないのですか?
川上さん:そうですね。「ニコニコ動画」を真似したサービスは
いくつか出ましたが、そんなにはやっているサービスはないですね。
村上龍さん:動画が見えなくなるの面白いですね!W
動画よりそっちの方が面白い!ということですよね。
川上会長:そうですね。うちの会社は悪ふざけが好きなんです!
村上龍さん:「面白い!」というのを最優先しているんでしょう!
川上会長:そうです。W
ネットの掲示板とか、今までの双方向のコミュニケーションは
「重い」んですよ。
ネットの掲示板とかみていて「問題がある!」と思ったのは
「コンテンツを真面目に読んじゃう!」じゃないですか!
例えば「2チャンネル」に、「1つ」のコンテンツを書き込むと、
「その1つのコメント」に「1000個のコメント」が襲ってくるんですよ。
そうすると、ノイズのコンテンツが大きくなって、オリジナルの価値が
下がってきますよね。
そうならない、ものを作ろうと思ったんですよ。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆川上会長はいいます。
「現実社会であるもので、インターネットに無いものは何だろう?」
これを、いろいろ考えたんです。
そして『インターネットには、広場がない!』と考えたのです。
インターネットは『好きなものしか見ない文化』ですよね!
例えば、僕も子供の頃にTVを家族で見ていたんですよ。
そういうものをつくりたいと思ったんです。
インターネットで、どうやって「嫌なものをどう見せるのか?」を
考えました。WWW
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆コミュニケーションは
「ドッチボール型」と「キャッチボール型」があります。
一方的にこちらの思いを相手に伝える「ドッチボール型」より
もちろん多くの人は「キャッチボール型」が良いと思うかもしれません。
しかし、振り返ってみると、わたしたちのコミュニケーションは必ずしも「キャッチボール型」
でないことに気づきます。たとえば上司が部下に一方的に指示を与える。などなど
「キャッチボール型」は、相手が話したことを聞き、それについて自分も話す。その繰り返しが「キャッチボール型」のコミュニケーションになります。
これをメディアで考えてみると、テレビや新聞、ラジオなど、多くの場合は「ドッチボール型」のメディアが主流でしたが、インターネットや「ニコニコ動画」などの登場で、「投稿者」と「閲覧者」がその思いを瞬時に共有できる広場が現れました。
特に「ニコニコ動画」の90%の有料会員が、「アクティブ」という衝撃の事実は、これからのメディアの行方を大きく示唆しているように感じます。
追伸:コミュニケーションでは、緊急性が高く、例えば危険があるようなとき、親が子どもに注意を与えるような場合には、もちろんティーチングが必要になります。
『豊かさとは選べることである!』サイゼリヤ創業者 正垣会長
多様性に感謝して、目的に応じてメディアを使い分けるように、コミュニケーションも
時と場合により使い分けていきたいですね。
感謝をこめまして!✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:
※『ニコニコ動画』はこちらから☆彡ヾ(⌒∇⌒*)(*⌒∇⌒)ノ彡☆
http://www.nicovideo.jp/
_____________________________
<魔法のレシピ>
■ 「面白い!」というのを最優先する
■ 「ニコニコ動画」は「反応を返す!」ということでユーザーが
集まってくる。「うざい!」に「嬉しい!」という氣持ちが勝って
「ニコ動」がはやった!
■ 「現実社会であるもので、インターネットに無いものは何だろう?」
インターネットは『好きなものしか見ない文化』である!
インターネットで、どうやって「嫌なものをどう見せるのか?」を考えた
「ニコニコ動画」の強さは、一般の人たちが自分で作った動画を投稿し
共有し楽しめる「場」を作ったこと。
・有料会員だけでも160万人超。
・無料会員と合わせると、何と2700万人が登録している。
・ユーザーが投稿した動画は777万本!
まさに参加型メディアである。その創作活動はまさに無尽蔵、無限大!
_______________________________
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★
大戸屋の『海老カツ定食』を頂きました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
大きなエビのぷりぷりとした食感が、たまりません
☆*.。((〃’艸’〃))。.*☆
海老かつは海老を寄せ集めた大きな1枚を揚げた後で4分割したもの。
海老のすり身とかじゃなくて、海老そのまんま100%!というのが
売りだそうですヾ(@^▽^@)ノ
$さくらの「ウェルシーシェフ」
これをソースではなく、特製タルタルソースを付けていただきました。
揚げたてを食べてみると、サクサクっとした食感が良かったです。
このタルタルソースは、玉子を完全に潰すところまでいかずに玉子の形が
分かるものです。
『海老カツ定食』の副菜はベビーリーフの他にポテトサラダもありました。
塩分が抑え気味のポテトサラダだったので、ジャガイモの甘さが感じられ、
美味しくいただきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
とんかつは町の中でもよく見かけますが、海老カツはあまり見ません。
やっぱりお店で食べる揚げたての海老カツは、熱々でおいしいですね。
お値段も860円とお値ごろ感がありました。( •ॢ◡-ॢ)-♡
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※大戸屋はこちら!
http://www.ootoya.com/
最後までお読みいただき、ありがとうございます。