$さくらの「ウェルシーシェフ」
カンブリア宮殿 2012年5月24日放送
◆ゲスト ドワンゴ「ニコニコ動画」
代表取締役会長 川上量生(かわかみ・のぶお)氏を観ました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
「ニコニコ動画」を運営するドワンゴは1部上場企業である。
売上げは300億円を超える。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
そんな川上会長がいま足しげく通うのは、なんとスタジオジブリ。
あのジブリで修業の日々!? 肩書きは「見習いプロデューサー」
超大物プロデューサーの鈴木敏夫氏の見習いをしているのだという。
出社は週4日。
上場企業のトップとして異例の“修業”、その目的は!?
すべてが型破り!ネット時代の寵児、川上会長の狙いがスタジオで明らかに!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■豊かさを創る質問■
・あなたは、利益のみを優先していませんか?
・あなたは、理屈で説明できない価値に目をむけていますか?
・あなたは、コミュニケーションは『それ自体に』
快楽が潜んでいることに氣づいていますか?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
__________________________
<卓越のレシピ>
理屈で語れない価値に目を向ける!
__________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆川上会長がいま足しげく通うのは、なんとスタジオジブリ。
超大物プロデューサーの鈴木敏夫氏の見習いをしているのだという。
鈴木敏夫氏:「川上会長に弟子入りさせてください!」といわれました。
「この人、本氣だな」と思いました。
川上会長:アニメの工程管理は、ネットの工程管理に似ているのです。
ネットは作家性を高めて行かないと、世界で戦えないような氣がするのです。
ジブリの内容をドワンゴで出して、それをフィードバックしたいのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆4月「ニコニコ動画」は、幕張メッセで一風変わった巨大イベントを
開催した。
その名も「ニコニコ超会議」W
$さくらの「ウェルシーシェフ」
2日間で会場に来たのは9万人超。
だが実はこれ、億単位の赤字覚悟のイベントだったという。
川上会長:今回のイベントは「二コ動」のコンテンツの『投稿者』と
『閲覧者』が趣味を共有化しているのです。
2日間で、92000人を集めて、4億円の大赤字です。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆村上龍さん:ここにどんな狙いがあるのですか?
川上会長:人が集まるのは、パワーですよね。
「今の時代、人を集めることをやらない時代ですよね。」
$さくらの「ウェルシーシェフ」
それに理屈で説明できないことにお金をださない管理の時代!
ですよね。
でも『未熟なのは、理屈のほう』なのです。
「理屈で語れない価値に目を向ける!」
お金のためでなく、大きな場所に集まることに意味があるのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
村上龍さん:だから幕張メッセの全ホールを貸し切ったのですね。
川上会長:そうです。
村上龍さん:『ニコニコ動画』は、世界には出ていかないのですか?
川上会長:世界にでていっても勝てる確率は低いと思います。
ですからタイミングをうかがっています。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆米Amazonの創業者で最高経営責任者を務める
ジェフ・ベゾス氏はいいましした。
・成功の秘訣は他社の動向に気をとられないこと
・「インターネット業界の変化は速く、競合他社の動きや技術を
中心に考えるとすぐに戦略の見直しを迫られることになる。
しかし、顧客を中心にすれば長期的な戦略が立てられる」
・「自分の情熱を本当に注ぐことができる仕事を興し、
それが顧客に大きな価値を提供できるものならば、
成功への道は開かれている。」
$さくらの「ウェルシーシェフ」
価格とは、何かを買うときに支払うもの。
価値とは、何かを買うときに手に入れるもの 。
    ウォーレン・バフェット
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆村上龍の編集後記
「コミュニケーションという快楽」
収録を「ニコ動」で生中継すると聞いて、最初は憂うつだった。
発言のたびにあの「弾幕」が流れると集中できないかも知れない。
だが、実際にやってみると意外に面白かった。
生中継は途中で終わったのだが、「延長すればいいのに」と本気でそう思った。
「弾幕」に対しては、うざいというより、なかなか面白い
という高揚感のほうが強かった。
つまり、コミュニケーションは、それ自体に快楽が潜んでいるのだ。
川上さんは、そのことを熟知している。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
だから、ドワンゴのビジネスは、利益を優先しない。快楽を優先する。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
_____________________________
<魔法のレシピ>
■ 理屈で説明できないことにお金をださない管理の時代!
 『未熟なのは、理屈のほうである』
■ 人が集まるのは、パワーである!
■ コミュニケーションは、それ自体に快楽が潜んでいる!
_______________________________
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★
『カフェド・クリエ』でモーニングとアメリカン(390円)をいただきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
モーニングはA・Bの二つのセットがありそれぞれ390円でした。
Bプレートを注文( •ॢ◡-ॢ)-♡
内容は、
・トースト(クロワッサンのどちらか)
・コーヒー大きいサイズ(飲み物選べます)
・サラダ(レタス、トマト、コーン、ポテサラ、和風ドレッシング)
・ウインナー2本
・パストラミポーク
・玉子(ゆで卵をつぶしてマヨネーズで和えたやつ)
$さくらの「ウェルシーシェフ」
アメリカンコーヒーは、雑味がなくすっきりとした味わいに仕上げた
アメリカンということで、ゆったりと美味しくいただきました。
♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬  
◆『カフェド・クリエ』の理念や「いっぱいのしあわせ」という
ブランドイメージの考え方が素敵ですねo(*^▽^*)o~♪
$さくらの「ウェルシーシェフ」
『カフェド・クリエ』は
カフェを通してすべての人のこころを豊かにします」
「最高のサービスを通して感謝の気持ちを伝えます」
という企業理念を掲げカフェ・ド・クリエを運営しています
『カフェド・クリエ』のクリエとは人生をたのしむ皆さんのことです。
それがわたしたちと、みなさまのいっぱいのしあわせです。
「コーヒー一杯のしあわせ」からはじまる「たくさんのしあわせ」を
おとどけします。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■『カフェド・クリエ』はこちら!
http://www.pokkacreate.co.jp/
有難うございます。