$さくらの「ウェルシーシェフ」
カンブリア宮殿 2012年5月17日放送
“日本人にもっとパンを!”パンを世に広めた企業・神戸屋の挑戦
◆ゲスト 神戸屋
代表取締役社長 桐山健一(きりやま・けんいち)氏
を観ました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※フレッシュベーカリー神戸屋はこちら!
http://www.breads-studio.com/index.php/page/user/mode/shop_fbk
■豊かさを創る質問■
・あなたは、文化を創っていますか?
・あなたは、知恵を活用していますか?
・あなたは、変化しつづけていますか?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
__________________________
<卓越のレシピ>
文化を創る!
__________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆神戸屋は1956年に桐山社長の祖父がアメリカに使節団として
いったとき、高速のパン製造の機械を教えてもらいます。
連続でパンをつくれる大量生産の機械です。
さらに神戸屋ではパンを包装する機械もこの頃、導入します。
村上龍さん:パンはヨーロッパが主流ですよね?
桐山社長:ヨーロッパのパンがアメリカに伝わって、
アメリカのパンが日本に入ってきたのです。
ヨーロッパのパンが日本に入ってくるのは高度成長の後です。
戦後、日本の子供達は飢えていたので、連合軍総司令部から、
日本に学校給食が導入されたのです。
あれが日本人がパンを食べるきっかけです。
コッペパンです。あれがアメリカのパンですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「学校給食のパンに、おからや脱脂粉乳がついてくる給食ですね。」
桐山社長:当時の日本は貧しかったからそういうパンにおからの
取り合わせも仕方がないのですね。
村上龍さん:給食であの当時のパンを食べた人はパンを嫌いになりません?
桐山社長:日本の高度成長のころ、テレビでトースターからパンがポンと
出てくるのが、豊かで美味しそうなイメージだったのです。
村上龍さん:テレビの影響は大きいですよね。
団地に人が集まり、ちゃぶ台から、テーブルに変わる時代ですね。
ちゃぶ台は江戸時代にもあって、ちゃぶ台から、テーブルに変わったのは
大革命なんですよね。今あるものは、昔からあるような氣がしちゃいますね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆神戸屋のパンづくりは、時代に逆行するように、機械から手作業にシフトした。
パンの工程のほとんどが手作業である。
なんと工場で手作業で分銅をつかってパンの材料を測っている!
神戸屋のパン職人:「デジタルだと逆に時間がかかります。
手作業なら慣れてくると1回で合うことが多いのです。」
パンを丸める手つきも職人は、全く違う!
それを釜で焼くと香ばしい香りとともにパンが焼き上がる。
外はカリカリ、なかはフンワリ!美味しい食感を生む気泡が
ほどよく生まれていた。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「パンのワールドカップで優勝した3人のうち2人が神戸屋の社員という
ことですが、どうして!そういう優秀なパン職人が神戸屋で育つのですか?」
桐山社長:「どうして!」といわれると
「神戸屋の生い立ち!」もあるかもしれません。
他のメーカーが、学校給食のためにパンをつくってきたことと
少し違うかもしれません。
『神戸屋は、食文化としてパンづくりをして参りました。』
ベーカリーレストランを作り、美味しい食事としてのパンをつくって
きましたからそこも違うかもしれません。
神戸屋ではパンの職人が900人います。パンのワールドカップは
まずは日本の代表選手にならなければなりません。
祖父が、美味しいパンづくりを競い合う風土をつくってきたので
そういうのが好きな人が集まってきたというのがあります。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「社員の3分の2がパン職人なのですね?」
パンを売る人間の労務管理をするわけですから、やはりパンのことを
わかっていないとできません。
パンを売る人も、労務管理する人も、何級という国家試験の
ライセンスはもっています。
神戸屋の社員役1500名のうち、970名はライセンスをもっています。
現場で毎日、実際にパンをつくっているのは500人くらいです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆桐山社長:パンをつくるのは時間がかかるのです。6時間かかります。
村上龍さん:神戸屋は無添加ですよね。夜中にパンをつくるのは
大変な仕事ですよね。
桐山社長:これも知恵を使うのです。冷蔵庫に入れてゆっくり発酵させるのです。
村上龍さん:パンをつくるのは楽しそうですね。陶芸の作品みたいに・・・。
桐山社長:パン職人は作品としては見ていないのではないでしょうか?
あれだけの種類のパンをつくるのは、8時間のうちに6時間かかりますから、
宝石のように1個をつくっていたらいけないのです。
ひとつひとつの出来は見ますが、作品という感覚はもっていないのでは
ないでしょうか?でも職人の本氣度は、パンの表面にでますから。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「生き残り、さらに発展しつづける」ために、神戸屋は進化し
続けているのですね。
・「過去のせい、誰かのせい」を捨てたときから人生は好転する 
          W・ダイアー
・変化は苦痛だ。だが、それはつねに必要なものなのだ!
          カーライル
・至上の処世術は、妥協することなく適応することである
          ジンメル
・人間はなにごとにも慣れる存在だ
          ドストエフスキー
・『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない
唯一生き残るのは、変化できる者である!』
          チャールズ・ダーウィン (イギリスの自然科学者)
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※フレッシュベーカリー神戸屋はこちら!
http://www.breads-studio.com/index.php/page/user/mode/shop_fbk
【ゲストプロフィール】
◆ゲスト 神戸屋
代表取締役社長 桐山健一(きりやま・けんいち)氏
【ゲストプロフィール】
1956年 大阪府豊中市生まれ
1981年  信州大学工学部卒業後、大手電機メーカー入社
1985年  神戸屋入社後、パンの勉強のためアメリカ留学
2002年  現職
【企業プロフィール】
創業 1918年
年商 640億(2011年12月期)
店舗 パン・洋菓子などの製造販売、ベーカリーレストランなど
グループ全体で101店舗を展開。
社員数  1216人(グループ全体で1524人)
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※カンブリア宮殿はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

_____________________________
<魔法のレシピ>
■ 知恵を使う!
■ 変化する!
 
■ 文化を創る!
______________________________
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★
神戸屋さんの新商品!「地中海レモン270円」を頂きました。
ポスターのキャッチフレーズが「キュンとはじけるッ爽快感!!」
ほんとに爽やかそぉ~ヾ(@^▽^@)ノ
$さくらの「ウェルシーシェフ」
爽快感のある酸味の地中海産レモンのクリームをたっぷり堪能できます。
レモンピールが入って食感のアクセントもGOOD!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
仕上げの洋酒の香りもいいですね(。◕‿◕。)​ノ
私にとってはパンではなくて頬張って食べるスィーツです!!
最近、神戸屋さんの新商品を見つけると嬉しくなります
感動の出愛を楽しんでいますo(*^▽^*)o♪
※フレッシュベーカリー神戸屋はこちら!
http://www.breads-studio.com/index.php/page/user/mode/shop_fbk
ありがとうございます。