エジソン (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記)/ポプラ社

¥924
Amazon.co.jp
生涯におよそ1,300もの発明を行った
アメリカ合衆国の発明王で起業家である
『エジソンの歴史』を読みました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■豊かさを創る質問■
・あなたは、霊感(閃き)を重視していますか?
・あなたは、「本質」と「はたらき」を理解し
それを効果的に「活用」していますか!
・あなたは、発明や商品開発をするだけでなく、
『ビジネス』や『事業』としての成功を目指していますか?
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
天才とは1%の霊感(閃き)と、99%の努力である!
---------------------------------------------
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆エジソンはいいます。
「天才とは1%の霊感(閃き)と99%の努力!」
この霊感とも呼べる(閃き)が、一般に軽視される
傾向がある。
99%までもの弛まぬ努力も確かに必須なのではあるが、
1%の霊感(閃き)を大切にし、これを生かす事が
出来なければならない。
エジソンは、自分自身を
「自然界のメッセージを受け取る受信機」に例えるほど
霊感(閃き)を重視していた。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆1%の霊感(閃き)を生かすことが出来るか?どうかは
一般論として「出発点が正しいか否か?」が挙げられている。
エジソンによって爆発的に普及した白熱電球の発明を
例に挙げると、ガラス球内部のフィラメントに電流を
導通させて発光させる技術は、エジソンが研究に着手する
際には、実は既に完成していた。
だが、『フィラメントが2時間程度で焼き切れてしまい、
商品として実用化出来るものではなかった。』
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆一方、エジソンは、世界最大の総合電機メーカGEの
創業者の一人であり、当時ニューヨークのマンハッタンに、
世界で最初の送電インフラを施設していた事業家として
の面もある。
わずか2時間の寿命では電球はガス灯に劣るものの、
寿命を延長出来れば商品化が可能となって、しかも
エジソン自ら施設済の送電インフラをもって、
夜のニューヨークに太陽をもたらすことが出来る!
というのが、この場合の「出発点である1%」といえる。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
つまり、エジソンは
『ビジネス』や『事業』としての成功チャンスに
賭けたのである。
しかし、当時の「常識的」科学者達は、誰も電球の
長寿命化に興味を持たなかった。
というのは「発光するほどの高温状態では、フィラメント
が直ぐに燃え尽きてしまう(酸化)ことが当然である!」
と考えたからである。
◆ところがエジソンは、この賭けに打って出た。
エジソンは7千種類もの材料で、延々と試行錯誤を続ける
「99%の努力」の末、偶然日本製の扇子から抽出した
竹を材料としたカーボンファイバーによって寿命が
300時間延長、白熱電球の商品化が実現し、
結果としてエジソンは大成功した。
エジソンは
「白熱電球を発明するまでに14000回以上も
失敗して、何故、あなたは諦めなかったのですか?」
と聞かれたとき・・・。
「私は、一度も失敗などしていない。このやり方ではダメだ。
という発見(学習)を14000回してこれは正しいという
発明をしただけだ。」という言葉を残しました。
エジソンは失敗だと思わないで、発見(学習)だ
と思っていたので、発明を続けられたのですね。
◆新聞記者に「発明王になる秘訣を教えてください!」
と聞かれたエジソンは・・・
『1%のヒラメキと、99%の汗だよ』と答えました。
この答えを聞いた新聞記者は、翌朝の新聞に
『努力の発明王エジソン・・・発明は、99%の汗
つまり努力が99%なのです。』
という記事を書きます。
◆ところがエジソンは、すぐに反論を述べています。
「私が、いいたいことの本質が、伝わらなかった。
『1%のヒラメキがなければ、99%の汗(努力)は
まったく意味がない。』
「白熱電球は必ず点灯する、そして実用化できる!」
という「1%のヒラメキ」があったので、99%の汗を
苦もなくかかせてくれたのです。
◆つまりエジソンは
①「白熱電球は必ずより長時間、点灯できる!
実用化できる!」
「世の中の暮らしをより豊かにしよう!」
という明確な目標と目的を持ち、日々の研究に没頭していました。
②日々の研究から学び、改善を続けていました。
そしてさらに強力に
「白熱電球は必ずより長時間、点灯できる!実用化できる!」
という確信(信念)が生まれます。
③エジソンは、
狂人に思えるほどのエンスージアズムと
リトルピープルの声(ヒラメキ)を実践することで
膨大な研究を重ねる中で、最終的に白熱電球をより
長時間点灯し実用化するという夢を現実することが
できたのです。
◆エジソンはの心の中には、
「白熱電球は必ずより長時間、点灯できる!実用化できる!」
という確信(信念)が生まれたのでしょうね。
だからこそ
「私は、一度も失敗などしていない。
このやり方ではダメだ。という発見(学習)を
14000回して、これは正しい!という発明を
しただけだ。」と心の底からいえたのだと思います。
◆エジソンは最初の発明が、商品としてお金にならならったため、
エジソンは、そのときの教訓を活かし商品化まで考えて発明に集中
していたので成功したといわれています。
上記にあるように白熱電球の発明も
ガラス球内部のフィラメントに電流を導通させて発光させる技術は、
エジソンが研究に着手する際には、実は既に完成していたのですね。
ただしその白熱電球はフィラメントが2時間程度で焼き切れてしまい、
商品として実用化出来るものではなかったのです。
◆エジソンによって爆発的に普及した『白熱電球の発明』は
当時のわずか2時間の寿命の電球では電球はガス灯に劣るものの、
『白熱電球の寿命を延長出来れば商品化が可能となって、エジソン
自らが施設済の送電インフラをもって、夜のニューヨークに太陽
のような明るさをもたらすことが出来る!
というのが、エジソンの「出発点である1%」にあるイメージ
だったのですね。
※発明の商品化や特許申請やにご関心がある方はこちら!
http://tokkyo.filepat.com/

◆ 発明王エジソンは、こんな「名言」を残しています。
 (1847年2月11日 – 1931年10月18日)
■ 1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄である
■ 最初のひらめきが良くなければ、いくら努力してもダメだ
ただ努力だけという人はエネルギーを無駄にしているにすぎない
■ ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを
考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこで
やる気をなくしてしまう。いよいよこれからだというのに
■ 「完璧だ」と思っても、もう一押しすれば、おまけが手に入る
■ 人生における失敗者の多くは、諦めた時にどれだけ成功に
近づいていたのかに気づかなかった人たちである。
◆『言葉』は『思考』を表現します。
エジソンの『言葉』はエジソンの『思考』を表現しているのですね。
やはり・・・
「成功する人には、成功する『思考』(理由)がありますね。」
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■「本質」と「はたらき」を理解し、それを
効果的に「活用」する!
■ 人間は自然界のメッセージを受け取る受信機である!
霊感(閃き)を重視しよう!
■ 発明や商品開発をするだけでなく、
『ビジネス』や『事業』として成功しよう!
---------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★
『ラ・パウザ』でランチをいただきました。
ランチはパスタやピザがあり、680円でドリンクバーやスープもセットに含まれているお店でした。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ピザは薄くて何枚でも食べられそうな感じ。たっぷりチーズが食欲をそそります。『ラ・パウザ』では高温窯でサッと薄焼きにしているので香ばしいそうです!
パスタはトマトソースをいただきました。出来立ててで熱々のパスタにさっぱりとしたトマトソースがよく合います。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
「ラ・パウザ」とは、イタリア語で『休み時間』のことだそうです。
美味しいイタリアンが気楽に食べられるのが嬉しいですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■『ラ・パウザ』はこちら!
http://www.lapausa.jp/index.php
有難うございます。