新しい農業の風はモクモクからやって来る/商業界

¥1,680
Amazon.co.jp
カンブリア宮殿 22012年4月26日 放送
過疎の町に年間50万人50億円!
『もくもくファーム』を成功に導いた戦略に迫る!
日本の農業に危機感をいだいた元農協職員の二人が築いた
『地元農業も潤い、消費者も大満足、そこはまさに奇跡の農場』
未来を開く新しい農業!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※『モクモク手づくりファーム』はこちら!
http://www.moku-moku.com/
◆ゲスト◆ 
伊賀の里 モクモク手づくりファーム社長
木村 修(きむら・おさむ)氏
伊賀の里 モクモク手づくりファーム専務
吉田 修(よしだ・おさむ)氏を観ました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
■豊かさを創る質問■
・あなたは、大事なメッセージを伝えつづけていますか?
・あなたは、絶対にこれを知って欲しい!
という思いでメッセージをつたえていますか?
・あなたは、消費者に商品やサービスを
「わかってもらう仕組み」を築いていますか?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※カンブリア宮殿はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

__________________________
<卓越のレシピ>
一番大事なのは『伝えること!』なのです
__________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆特産品による地域の再生は日本全国、各地で他でもやっています。
何故、「もくもくファーム」は成功できたのか?
実は創業当時「もくもくファーム」の経営は、火の車だった!
それを救ったのがこの「ハム」
バレンタインデーのプレゼント用の「ハム」!
その伝統は今も健在で毎年ユニークな新製品を開発している。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆他にも、さまざまな体験をとおして、農業に興味をもってもらう
イベントを行う。
本格的な農業体験が出来る
『ネイチャークラブ』は、会員数が42000人に迫る
「何度来ても、愉しい!」
「伊賀の里モクモク手づくりファーム」では
企画を打ちつづけて、メッセージを配信しつづけている!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆面白かったのは、バレンタインデーのプレゼント用の「ハム」
ですが、あれはどなたが考えたのですか?
修氏:あれは二人で考えました。
バレンタインデーのレバーを、本当の豚の心臓(ハート)にした
こともあります。
「本物のハートを贈ります」みたいに!(笑)
『政治を創る!で、創政治(ソーセージ)」という商品を
創ったこともあります。
村上龍:商品の名前を考えるのは楽しいですか?
吉田 修氏:愉しいですね!
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆村上龍:「モクモクファーム」のカタログは、
「モクモクファーム自社」でやられているのですか? 
それとも、外注しているのですか?
木村 修氏:はい! 自社でつくっています。
村上龍:このカタログは、読み物としてもオモシロイですね。
とくに最高に面白かったのが、工場長の松尾さんの
『いいところまでいったのに、没になった残念新製品!』
というのですね。
・『お茶漬けソーセージ』という新製品があって
お茶をかけるとトロケてお茶漬けになるソーセージ!
これは良いじゃないか!となったけど、包装形態が定まらず
没(ボツ)になった!
・それから、こんな『生ハムみたことない!』という新製品アイデア!
ヒレの生ハム1本にの『ロースのラード』をつけて食べる!
というもので「美味しいのですが、あまりにマニアックで没」
になった。
これオモシロイですよ!
これはカタログのプロがつくったカタログではないのですよね。
『絶対に自分たちは、これを知って欲しい!』という人がカタログを
編集してつくっているのですよ。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆木村 修氏:そうですね。
一番大事なのは『伝えること!』なのです。
なぜならいいものでも、伝わらないと、売れないのですよ。
だから良いものだとわかったものは、「自ら伝える力」を
もたないと。ということで「もくもくファーム」では自社で
カタログをつくっているのです。
村上龍:せっかく良いものをつくっても、伝える力がないと
売れないですよね。「自立」とか、「人に依存しない」とか
「真似しない」とか言っていますが・・・。
結局、誰かに伝えないと生き残っていけないですよね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆木村 修氏:そうなんです。
ですから「運動」なのです。
「そこは、こういうことが大事だ!」
「それは、こういうことが大事だ!」
「ここは、こういうことが大事だ!」
というのを伝えるのです。
それが「運動」なのです。
大切なのは、メッセージを伝えることです。
良いものを創っても伝えないと、売れないのです。
ですから自分らが、メッセージを表現していくことが大切なのです。
◆吉田 修氏:消費者は「お客様」ではないのです!
消費者は『仲間』なのです。
だから「もくもくファーム」では
「いらっしゃいませ!」は言わないのです。
「こんにちは!」は、いいます。
村上龍:「こんにちは!」は、挨拶ですからね。
◆木村 修氏:これは僕たちは、『常に仲間でありたい!』と
考えているからです。
「商品やサービスで、もちろんお金はいただきます。
商品やサービスは、お金との交換ですから!」
我々も生活者の役にたつように一生懸命、商品やサービスを
つくります。
そしてその商品やサービスを「わかってもらう仕組み」をつくること
が大事だと思います。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆小池映子:体験コーナーでは、お子様だけでなく、大人の方も
楽しめる場所をつくられているのは、農業を理解する場なのですね。
木村 修氏:たとえばイチゴ狩りでも同じです。
「食べ放題!」とかはダメです! なぜなら「食べ放題」は
何の教育価値も生まれません。
イチゴはどういうふうに栽培して、どんだけ力がつき、どういう
食べ物なのか? どういう食べ方があるのかを知ってもらうのです。
そこがわからないと、イチゴの価値がわからないです。
吉田 修氏:イチゴ狩りを試しに見にいったのです。
イチゴ狩りが閉まる20分前にいったのです。
「そこでは、食べ放題なのえイチゴをたくさん食べなければイカンよ!」
といっていたのです。するとたくさん採って捨てたりしているのです。
でも僕らは、あれはしないのです。
本当に農業を知ってもらうには、そのプロセスをしっかりと知ってもらうことだと思いました。
新しい農業の風はモクモクからやって来る/商業界

¥1,680
Amazon.co.jp
_____________________________
<魔法のレシピ>
■ 『絶対に自分たちは、これを知って欲しい!』という人が
カタログを編集してつくっている!
一番大事なのは『伝えること!』なのです
なぜならいいものでも、伝わらないと、売れないのですよ
だから良いものだとわかったものは、「自ら伝える力」を
もたないと。ということで「もくもくファーム」では自社で
カタログをつくっているのです。
ですから「運動」なのです
「そこは、こういうことが大事だ!」
「それは、こういうことが大事だ!」
「ここは、こういうことが大事だ!」
というのを伝えるのです。
それが「運動」なのです。
■ 消費者は「お客様」ではないのです。
消費者は『仲間』なのです!
『本当に農業を知ってもらう』には、そのプロセスをしっかりと
知ってもらうことだと思いました
たとえば「イチゴ狩り」でも同じです
「食べ放題!」とかはダメです! なぜなら「食べ放題」は
何の教育価値も生まれません
イチゴはどういうふうに栽培して、どんだけ力がつき、どういう
食べ物なのか? どういう食べ方があるのかを知ってもらうのです
そこがわからないと、イチゴの価値がわからないです
※『モクモク手づくりファーム』はこちら!
http://www.moku-moku.com/
______________________________
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★
杉養蜂園 熱海店の『はちみつ入りソフトクリーム』を
頂きました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ソフトクリームはどこでも食べられるデザートですが、
『杉養蜂園』のはちみつ入りソフトクリームは
チョット違うんです。
本格的な厳選された美味しい蜂蜜を使っているため、
砂糖の甘さより蜂蜜の甘さがとても強く、
非常にまったりとした濃厚なコクを堪能する事ができます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
はちみつソフトクリームを一口食べてみると、
バニラの風味よりはちみつの強いディープな甘さが
コクを出していますヾ(@^▽^@)ノ
ダイレクトにはちみつの甘さが伝わってくるのです。
その濃厚な甘さがなくなってくると、じょじょにバニラの
風味がジワジワと舌の上から伝わってくるのです。
はちみつが好きな人にとって、最高のデザートですネ♪
『杉養蜂園』の店内には、様々な良質のはちみつ製品が豊富に
取り揃えてあります。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
店内にいるだけで、ついついはちみつの瓶を
買いたくなる衝動に駆られます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
熱海に行った時には、是非、試してみてくださいね
☆*.。((〃’艸’〃))。.*☆
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※『杉養蜂園』はこちら!
http://www.0038.co.jp/top/
ありがとうございます。