カンブリア宮殿 2012年8月30日 放送
◆ゲスト◆ 
快進撃のスナック菓子の王者!ダントツを目指す攻めの経営
カルビー会長 松本 晃(まつもと・あきら)氏を観ました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
「カンブリア宮殿」を見て、氣づきや学びを実践してみると
廻りの人が明るくなり元氣になる内容だったので、より多くの人に
知っていただきたく、ここに一部を引用させていただきました。
※日本が元氣になるお薦めTV番組「カンブリア宮殿」はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

※カルビーはこちら!
http://www.calbee.co.jp
■豊かさを創る質問■
・あなたのビジネスや事業のクレドは何ですか?
・あなたは、クレドに従い、顧客、取引先、従業員と家族、
コミュニティー、株主を大切にしていますか?
・あなたは、クレドをインストールして、クレドを生きていますか?
__________________________
<卓越のレシピ>
クレドに従い、クレドを生きる!
__________________________

$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆村上龍:松本会長がいらした
ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)の「我が信条(Our Credo)」は
ロバートウッドジョンソンJr.という人が寄贈したものです。
『顧客や、従業員や、地域社会を考えて行動すれば、
最終的には株主の利益に結びつぐ。この基本的な大原則に基づいて
経営すれば企業は間違いなく成長する!』
これは、リーマンブラザーズとはだいぶ違いますよね?
◆松本会長:「違う」と思いますね。
特に大事なのは、四つのステークホルダーについてです。
まずは「顧客が1番だ!ということです。」
これは最近の経営では、今時、当たり前のことですが・・・。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆次は何か?
ほとんどの会社は株式会社だから、2番目は株主だ!
いうんですね。
ところが「違う」と!
「従業員とその家族が大切なのだ!
その人達にたいする責任をちゃんと果たさないとダメよ!」
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆じゃやあ3番目は株主か!というと、そうじゃない!
3つ目は『コミュニティーだと!』
コミュニティーとは何か・・・?というと、
地域社会であったり、国であったり、環境であったり、
資源であったりするんです。
そういうことをちゃんとやらないと株主には来ない!
ということです。
◆『この3つのステークホルダーを大切しないと利益は
株主に来ないんだ!』ということです。
「本当かいな?」と思いましたね!
でもジョンソン・エンド・ジョンソン(株)に入ったら
このとおりにやっていました。
ですからカルビーでも、ビジョンはこのジョンソン&ジョンソンの
「我が信条(Our Credo)」をわかりやすく短縮しまして、
これがビジョンなんだ!ということでやっています。
◆村上龍:なんかアメリカ的ではないような気がしますよね?
松本会長:「我が信条(Our Credo)」のこの考え方が実に正しい!
と思っています。
村上龍:リーマンショック迄、アメリカの投資銀行などでは
20代で年収が2億円!とか新自由主義的なものが、もてはやされて
いましたので、アメリカの価値観は弱肉強食だ!とか・・・。
ところが以前ゲストできていただいた、スターバックスのCEOも
「我が信条(Our Credo)」と同じようなことを言ってたのですよ。
だから案外、私たちのアメリカへの見方(観い)が、一面的だったのかも
しれませんね?
◆松本会長:そうですね。
もちろんなかには、1番が株主で、2番目がお客様という会社も
あるかもしれません。
ところが一番が株主!とやってもうまくいかないのですよ。
会社の経営をうまくいかせようと思ったら!
・1番目は、顧客だし、取引先なんです。
・2番目は、従業員やその家族です。
・3番目は、コミュニティーなのです。
そこまでいかないと株主にはこない!ということです。
これは非常に正しい考えかたです。
◆松本会長:ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)の
「我が信条(Our Credo)」は、世界で最も優れた
ビジネスドキュメントだといわれてます。
わずか1枚の紙ですからね! 
私はこの「我が信条(Our Credo)」を常にポケットに入れて
いつも持ち歩いています。
※ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)の「我が信条(Our Credo)」
はこちら!
http://www.jnj.co.jp/group/credo/index.html

◆我々の第一の責任は、我々の製品およびサービスを使用してくれる
医師、看護師、患者、そして母親、父親をはじめとする、すべての
顧客に対するものであると確信する。
顧客一人一人のニーズに応えるにあたり、我々の行なうすべての
活動は質的に高い水準のものでなければならない。
適正な価格を維持するため、我々は常に製品原価を引き下げる
努力をしなければならない。
顧客からの注文には、迅速、かつ正確に応えなければならない。
我々の取引先には、適正な利益をあげる機会を提供
しなければならない。
◆我々の第二の責任は全社員 ――世界中で共に働く男性も女性も
に対するものである。
社員一人一人は個人として尊重され、その尊厳と価値が
認められなければならない。
社員は安心して仕事に従事できなければならない。
待遇は公正かつ適切でなければならず、働く環境は清潔で、整理整頓され、
かつ安全でなければならない。社員が家族に対する責任を十分
果たすことができるよう、配慮しなければならない。
社員の提案、苦情が自由にできる環境でなければならない。
能力ある人々には、雇用、能力開発および昇進の機会が平等に
与えられなければならない。
我々は有能な管理者を任命しなければならない。
そして、その行動は公正、かつ道義にかなったものでなければならない。
◆我々の第三の責任は、我々が生活し、働いている地域社会、
更には全世界の共同社会に対するものである。
我々は良き市民として、有益な社会事業および福祉に貢献し、
適切な租税を負担しなければならない。
我々は社会の発展、健康の増進、教育の改善に寄与する
活動に参画しなければならない。
我々が使用する施設を常に良好な状態に保ち、環境と資源の
保護に努めなければならない。
◆我々の第四の、そして最後の責任は、会社の株主に対するものである。
事業は健全な利益を生まなければならない。
我々は新しい考えを試みなければならない。
研究開発は継続され、革新的な企画は開発され、
失敗は償わなければならない。
新しい設備を購入し、新しい施設を整備し、新しい製品を
市場に導入しなければならない。
逆境の時に備えて蓄積を行なわなければならない。
これらすべての原則が実行されてはじめて、
株主は正当な報酬を享受することができるものと確信する。
◆「我が信条(Our Credo)」で著名な
ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)は2009年までに
・76期連続増収
・25期連続増益
・47期連続増配
を実現し、長期的な企業価値を創造しています。
その理由は、まさにジョンソン・エンド・ジョンソン(株)
の「我が信条(Our Credo)」にあると感じます。
◆以下、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)の元社長 松本晃氏の
茨城経営品質大学「公開講座 第2回」より
http://www.icpe.or.jp/blog/2009/09/post_73.html

大切なことはすべてクレドーが教えてくれた/著者不明

¥1,365
Amazon.co.jp
やはり事業経営も国家経営も、まろ(真心)UPとまろわ(真心の輪)UPが
土台なのですね。
※カルビーはこちら!
http://www.calbee.co.jp
日本経済が元氣になる素晴らしい番組を有難うございます。
※お薦め番組「カンブリア宮殿」はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

【ゲストプロフィール】
◆ゲスト◆ 
松本 晃(まつもと・あきら)
1947年:京都市出身
1972年:京都大学大学院 農学部修了 伊藤忠商事入社
1993年:ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人 事業本部長
1999年:ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人 社長
2009年:カルビー会長兼CEO
【企業情報】
カルビー株式会社
本社所在地:東京都千代田区丸の内1-8-3
設立:1949年4月30日
資本金:11,252百万円(2012年3月31日現在)
従業員数:2,897人 (2012年3月31日現在)
※カンブリア宮殿はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

_____________________________
<魔法のレシピ>
■ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)の「我が信条(Our Credo)」
この考え方が実に正しい! (松本晃会長) 
 
※ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)の「我が信条(Our Credo)」
はこちら!
http://www.jnj.co.jp/group/credo/index.html

事業は、3つのステークホルダーを大切にしないと利益は株主にこない!
・1番目は、顧客、取引先
・2番目は、従業員やその家族
・3番目は、コミュニティー
■ リーマンショックまでのアメリカの投資銀行の年収を
見ていた私たちは、アメリカ企業への見方が、一面的だった
のかもしれない!
※「我が信条(Our Credo)」で著名な
ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)は2009年までに
・76期連続増収
・25期連続増益
・47期連続増配
を実現し、長期的な企業価値を創造しています。
■ 事業経営も国家経営も、まろ(真心)UPとまろわ(真心の輪)UP
が土台となる!
______________________________
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★★
グリンパッタイで「グリーンカレー」680円
をいただきました。
グリンパッタイは神田や大崎にもあるそうですが
ここのグリーンカレーは美味しいです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
チキンと野菜がゴロゴロはいっていて、こんなに具だくさんの
グリーンカレーは珍しいです。それにタイ米がグリーンカレーに
よく合うのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
とっても美味しかったです。o(*^▽^*)o!
グリンパッタイの店内はかなりカジュアルな雰囲気ですが、
タイの氣楽さを感じさせてくれていいですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆日本人が好きな『外国料理ベスト10』は?
・1位 中華料理
・2位 イタリアン
・3位 フレンチ
・4位 韓国
・5位 スペイン
・6位 インド
・7位 タイ
・8位 ロシア
・9位 ベトナム
・10位ドイツ
と続きますがタイ料理が7位にはいっています。
♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬  
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※グリンパッタイはこちら!

http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13090944/

魂が喜ぶ!美味しいタイ料理をありがとうございますo(*^▽^*)o