$さくらの「ウェルシーシェフ」
カンブリア宮殿 2012年8月30日 放送
◆ゲスト◆ 
快進撃のスナック菓子の王者!
ダントツを目指す攻めの経営
カルビー会長 松本 晃(まつもと・あきら)氏を観ました。
「カンブリア宮殿」からの学びを実践してみると
廻りの人が明るく元氣になり、収益が上がる内容だったので
より多くの人に知っていただきたく、引用させていただきました。
※日本が元氣になるお薦めTV番組「カンブリア宮殿」はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

カンブリア宮殿 村上龍×経済人 (日経スペシャル)/日本経済新聞出版社

¥1,680
Amazon.co.jp
※カルビーはこちら!

http://www.calbee.co.jp

$さくらの「ウェルシーシェフ」
■豊かさを創る質問■
・あなたは事業を仕分けして棚卸しをしていますか?
・あなたの会社で「これはいいことだ!」というのは何ですか?
・あなたの会社で「やろうと思ったけどできてないこと!」は何ですか?
・あなたの会社で「やめた方がいいこと!」は何ですか?
__________________________
<卓越のレシピ>
事業を仕分けして棚卸しする!
__________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆村上龍:JALが典型ですが、よく衰退したりダメになった企業に
外部の人がはいっていって、改革をやったり会議をやるときに
フィロソフィーを入れますよね。
カルビーの場合は、松本さんが入社されて、伝えたいことが
他の企業に比べると、わりかしスムーズに浸透していったように
見えるのですが?
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆松本会長:それは私が、難しいことがいえないので簡単なことしか
いえないからです。
カルビーの場合はダメになった会社ではなくて、一時期ちょっと
停滞しただけなんですよ。
しかし一時期停滞した会社でも、ダメになった会社でも
それをどうするかというのは、プロセスというか、手法というものが
あると思うのです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆カルビーで最初にやったのは『棚卸し』をやったのです。
だいたい新しい会社、ダメになった会社に新しい経営者が入ると
「あれが悪い、これが悪い」といいますが、そんなことがあるはず
がないですよ。
とにかく会社のなかには必ず、良いことがあるのです。
「これはいいことだ!」というのが必ずあります。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆最初に「こんないいことをやっているよ!」というのが
あるのです。
カルビーは、先ほども申し上げましたが、良いことがたくさんありました。
2番目は、「やろうと思ったけどできてないこと!」
これがあるのです。
3番目は、「やめた方がいいこと!」これがあるのです。
「これはやめろ!」と。
仕分けを最初にしないとダメなのです。
政権が変わると、いつも企業は棚卸しが必要です。
◆カルビーで一番最初にやったのは、
会長になったとたんにやったのはマネージメント層を全員集めて
それをやりました。
そのとき自分は何もいいませんでした。
それをマネージメント層が、自分たちで
「これは、よかったよな!」
「これは、やろうと思ったけど出来てないよな!」
「これは、やめようよ!」と、これを自分たちで考えて
自分たちで決めたのです。
「あれも悪い!これも悪い!」といっても人はついてこないです。
私のように外から来て偉そうに、「お前らどうだ!こうだ!」
と言っても、人はついて来ないです。
※カルビーはこちら!

http://www.calbee.co.jp

$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆カルビーの松本晃会長の前職である
ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)は2009年までに
・76期連続増収
・25期連続増益
・47期連続増配
を実現し、長期的な企業価値を創造しています。
その理由は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)の
「我が信条(Our Credo)」にあると感じます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)の「我が信条(Our Credo)」
はこちら!
http://www.jnj.co.jp/group/credo/index.html

◆我々の第一の責任は、我々の製品およびサービスを使用してくれる
医師、看護師、患者、そして母親、父親をはじめとする、すべての
顧客に対するものであると確信する。
顧客一人一人のニーズに応えるにあたり、我々の行なうすべての
活動は質的に高い水準のものでなければならない。
適正な価格を維持するため、我々は常に製品原価を引き下げる
努力をしなければならない。
顧客からの注文には、迅速、かつ正確に応えなければならない。
我々の取引先には、適正な利益をあげる機会を提供
しなければならない。
◆我々の第二の責任は全社員 ――世界中で共に働く男性も女性も
に対するものである。
社員一人一人は個人として尊重され、その尊厳と価値が
認められなければならない。
社員は安心して仕事に従事できなければならない。
待遇は公正かつ適切でなければならず、働く環境は清潔で、整理整頓され、
かつ安全でなければならない。社員が家族に対する責任を十分
果たすことができるよう、配慮しなければならない。
社員の提案、苦情が自由にできる環境でなければならない。
能力ある人々には、雇用、能力開発および昇進の機会が平等に
与えられなければならない。
我々は有能な管理者を任命しなければならない。
そして、その行動は公正、かつ道義にかなったものでなければならない。
◆我々の第三の責任は、我々が生活し、働いている地域社会、
更には全世界の共同社会に対するものである。
我々は良き市民として、有益な社会事業および福祉に貢献し、
適切な租税を負担しなければならない。
我々は社会の発展、健康の増進、教育の改善に寄与する
活動に参画しなければならない。
我々が使用する施設を常に良好な状態に保ち、環境と資源の
保護に努めなければならない。
◆我々の第四の、そして最後の責任は、会社の株主に対するものである。
事業は健全な利益を生まなければならない。
我々は新しい考えを試みなければならない。
研究開発は継続され、革新的な企画は開発され、
失敗は償わなければならない。
新しい設備を購入し、新しい施設を整備し、新しい製品を
市場に導入しなければならない。
逆境の時に備えて蓄積を行なわなければならない。
これらすべての原則が実行されてはじめて、
株主は正当な報酬を享受することができるものと確信する。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「我が信条(Our Credo)」で著名な
ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)は2009年までに
・76期連続増収
・25期連続増益
・47期連続増配
を実現し、長期的な企業価値を創造しています。
その理由は、まさにジョンソン・エンド・ジョンソン(株)
の「我が信条(Our Credo)」にあると感じます。
※以下、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)の元社長 松本晃氏の
茨城経営品質大学「公開講座 第2回」より
http://www.icpe.or.jp/blog/2009/09/post_73.html

$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆クレドとは、ラテン語で「志」「信条」「約束」を意味する言葉です。
ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)の「我が信条(Our Credo)」
には4つの責任がありますが、クレドを現場で実践し4つの責任をまっとうする
のは、経営者であり社員です。
経営者と社員ひとりひとりが主体性をもってクレドを実行することで
その企業や病院の文化や社風が築かれていきます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆女性に大人氣の産婦人科医院『あおばウィメンズホスピタル』
でもクレドを軸に経営されています。
医療法人フロンティア
あおばウィメンズホスピタル
          ~クレド(信条)~
あおばウィメンズホスピタルは、ゲストの皆様に安全・安心で心のこもったおもてなしと快適で洗練された雰囲気を提供いたします。
キャスト1人1人はプロフェッショナルとして、最高の医療技術とホスピタリティを提供することを最も大切な使命と心得ます。
愛と希望に満ちた未来へはばたく新しい生命を、ここ”あおばウィメンズホスピタル”より心をこめて送り出させて頂く事をお約束いたします。
またゲストの皆様の言葉にされない願望やニーズを先読みし、家族の一員の想いで愛のあるパーソナルサービスを提供いたします。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※大切なのは「お客様のために」という気持ちです!より
http://ameblo.jp/sakura-toyota/

$さくらの「ウェルシーシェフ」
※患者様に心を尽くす! 
『なぜ女性は牛丼屋に行かないのか?』阿部孝彦著より
http://ameblo.jp/sakura-toyota/archive-201210.html

※日本が元氣になるお薦めTV番組「カンブリア宮殿」はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

カンブリア宮殿 村上龍×経済人 (日経スペシャル)/日本経済新聞出版社

¥1,680
Amazon.co.jp
_____________________________
<魔法のレシピ>
■ 一時期停滞した会社でも、ダメになった会社でも、
それをどうするかというのは、プロセスと手法というものがある
カルビーで最初にやったのは、『棚卸し』をやったのです
■ 会社のなかには必ず、良いことがあるのです
最初に「これはいいことだ!」というのが必ずあります
2番目は、「やろうと思ったけどできてないこと!」
これがあるのです
3番目は、「やめた方がいいこと!」これがあるのです
仕分けを最初にしないとダメなのです
政権が変わると、いつも企業は棚卸しが必要です
■ 現場で自分たちで考えて、自分たちで決める!
外から来て偉そうに「お前らどうだ!こうだ!」と言っても
人はついて来ない!
マネージメント層が、自分たちで
・「これは、よかったよな!」
・「これは、やろうと思ったけど出来てないよな!」
・「これは、やめようよ!」
とこれを自分たちで考えて、自分たちで決めたのです
______________________________
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★
『セブンのおでん』をいただきました。
セブンの「味しみ大根」や「ちくわぶ」に味噌だれをつけて
いただくと、おでんの名店にも、ひけをとらないお味ですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
個人的には、炭火焼つくね串(なんこつ入り)のおでんが
大好きです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
・串ボール(いか・えび・野菜)110円
・炭火焼つくね串(なんこつ入り)105円
・江戸っ子ちくわぶ  90円
・野菜天      100円
・かまくらはんぺん 105円
・味しみ大根     75円
$さくらの「ウェルシーシェフ」
これからの季節は身体がホカホカあたたまる、
『セブンの美味しいおでん』が嬉しいですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※「セブンのおでん」はこちら!
http://www.sej.co.jp/sej/html/products/ff/oden/

ありがとうございます