$さくらの「ウェルシーシェフ」
カンブリア宮殿 2012年8月30日 放送
◆ゲスト◆ 
快進撃のスナック菓子の王者!
ダントツを目指す攻めの経営
カルビー会長 松本 晃(まつもと・あきら)氏を観ました。
「カンブリア宮殿」からの学びを実践してみると
廻りの人が明るく元氣になり、収益が上がる内容だったので
より多くの人に知っていただきたく、引用させていただきました。
※日本が元氣になるお薦めTV番組「カンブリア宮殿」はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

カンブリア宮殿 村上龍×経済人 (日経スペシャル)/日本経済新聞出版社

¥1,680
Amazon.co.jp
※カルビーはこちら!

http://www.calbee.co.jp

$さくらの「ウェルシーシェフ」
■豊かさを創る質問■
・あなたは、あなたのビジネスや会社の責任を、広い意味で
考えることはありますか?
・あなたのビジネスや会社は利益をあげていますか?
・あなたは、能力が高くて使いやすい人間ですか?
__________________________
<卓越のレシピ>
企業というのは利益をあげないとダメなんだ!
__________________________
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆小池映子:大企業病に陥っていたわけではないですよね。
松本社長:そうじゃないですが、企業は成長しながら、
「ちゃんと利益をあげないといけない!」という意識が薄かった。
「企業というのは利益をあげないとダメなんだ!」というのを
言う人がいなかったのか、強調されていなかったのか。
 でもちゃんと「ちゃんと利益をあげないといけない!」と言って
あげればわからない人はいない。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆元々、カルビーの創業者の方のいうように
『企業は世のため人のため!』
「顧客が喜んでくれればいいじゃないか!」という考え方です。
この考え方は間違ってはいないのですが、しかし
もう少し広く考えてみると、例えば国ということで考えてみると
企業は「ちゃんと利益をあげないといけない!」
そうじゃないと税金を払えない、そうしないと国債を発行して
借金ばかりしないといけない!
だから「ちゃんと利益をあげないといけない!」
そして「税金を納めないといけない!」
これは我々、企業の一番大切なことだと思うのですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆村上龍:カンブリア宮殿では、衰退した会社や、JALのように
潰れた会社に、再建の専門家が入って改革をしたというのがドラマチックで、
それを物語仕立てにしてご紹介して参りました。
それと比べてなんですが・・・。
松本さんの話を聴いていると、カルビーでの棚卸しや危機感の共有が
カルビーは、他の企業と比べて、カルビーの側も創業者のDNAとして
新しいことを受け入れよう!というものがあったのではないか?
と思うのですが?
松本会長:仰るとおりです。
カルビーは素晴らしい企業です。
ただどんな会社も弱点が無い会社はありませんから!
私は再建屋でもなんでもありません。
本当は非常に高いレベルの企業が、まだそこまで力を出しきっていない
のを、本来の力のレベルまでもっていくのが私のミッションですから。
◆村上龍:なんか幸福な関係ですね。
松本会長:そうですね商品も楽しい商品ですから、皆が楽しくできるのは
いいビジネスだと思いますね。
ただしこれから・・・。
TVなどの他の商品が、そうだったように、これからひょっとしたら
グローバルの波に飲み込まれてしまうかもしれません。
だから今はそれを準備しているのですね。
日本の国内は50%位のシエアーがありますから悪くはないですし
比較的安泰と申してますかが、、ある日突然ですね黒船が来るか、
赤船が来るか分からない!
それで波に飲まれてなくなっちゃうということが
あり得ないわけではないです。
ですからその準備を今しきりにやっている状態です。
◆歴代納税額が1位の斎藤一人さんはいいます。
21世紀は経済を学ぶことになるんだよ。
会社というのは利益をあげないとダメなんだよ!
正しいことをいっているからって、政治家にしたりしたら
ダメだよ。ちゃんと利益を出さないとダメなんだよ。
社員で「どこかに立派な良い社長いないかなあ?」という前に
まずは、自分が「立派な社員」になりなよ!
うちの社員はみんな立派に働いているよ!
だから、この会社は!という前に、
『自分が使いやすい社員にならないとダメなんだよ!』
価値がある人間は、使いやすくて能力がある人間なんだよ!
経済の時代は、経済が出来ないとダメなんだよ。
斎藤一人さんの言葉は、いつも本当の意味で思いやりと
優しさを感じますね。
【ゲストプロフィール】
◆ゲスト◆ 
松本 晃(まつもと・あきら)
1947年:京都市出身
1972年:京都大学大学院 農学部修了 伊藤忠商事入社
1993年:ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人 事業本部長
1999年:ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人 社長
2009年:カルビー会長兼CEO
【企業情報】
カルビー株式会社
本社所在地:東京都千代田区丸の内1-8-3
設立:1949年4月30日
資本金:11,252百万円(2012年3月31日現在)
従業員数:2,897人 (2012年3月31日現在)
※日本が元氣になるお薦めTV番組「カンブリア宮殿」はこちら!

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

カンブリア宮殿 村上龍×経済人 (日経スペシャル)/日本経済新聞出版社

¥1,680
Amazon.co.jp
_____________________________
<魔法のレシピ>
■ 21世紀は経済を学ぶことになる
経済の時代は、経済が出来ないとダメなんだよ
■ 「顧客が喜んでくれればいいじゃないか!」という
この考え方は間違ってはいないのですが、しかしもう少し広く
考えてみると、例えば国ということで考えてみると企業は
「ちゃんと利益をあげないといけない!」
そうじゃないと税金を払えない、そうしないと国債を発行して
借金ばかりしないといけない!
だから「ちゃんと利益をあげないといけない!」
そして「税金を納めないといけない!」
これは我々、企業の一番大切なことだと思うのですね
■ 価値がある人間は、使いやすくて能力がある人間なんだよ!
______________________________
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★★★
ガッツ・グリル 新宿店で『メンチカツ』(650円)
を頂きました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ガッツのメンチカツは、噛むとジューシーなお肉の旨味が
口の中に広がりなんともえいない深い味わいです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
匂いが残らない『ニンニク醤油』やライスと一緒にいただく
『辛子味噌』のお陰で食欲倍増です。
ガッツのお料理は、ボリュームもたっぷりで
元氣100倍ですね。
o(*^▽^*)oエ
ご馳走さまでした。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ガッツ・グリル 新宿店はこちら

http://www.guts.gr.jp/shop/index4.html

ありがとうございます。