ワタミ株式会社の創業者である
渡邉美樹氏の書籍『きみはなぜ働くか』を読みました。
『働くこと』について、深く考えさせられる内容でしたので
一部を引用しご紹介させていただきます。
※お薦め書籍『きみはなぜ働くか』はこちら!
きみはなぜ働くか。(日経ビジネス人文庫)/日本経済新聞出版社

¥680
Amazon.co.jp
■豊かさを創る質問■
・あなたは、充実した毎日を感じていますか?
・あなたは、当たり前を、当たり前と思い、
些細なことで、不平を口していませんか?
・あなたは、全てを当たり前とせず、常に感謝の心で
生きていますか?
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
既に手にしている、真に価値のあるものに感謝しよう!
---------------------------------------------
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆自然な美しい土地に育った人は、その土地を美しいと
感じながら暮らしているのだろうか。
毎日見る当たり前の景色に、その価値を見失っているのでは
ないだろうか。
君たちの身の回りのことを考えて欲しい。
あらゆることを当たり前と思って過ごしてはいないか。
身近にあるがゆえに、それ自体が大きな価値を持つものであるにも
かかわらず、大切にしていないことがたくさんあるのではないか。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆例えば、『お金が1億円貯まった。幸せだ』といっても、
実際には、絶対に、それを幸せとは言わない。
健康であること。家族がいること。友達がいること。
食べることができること。笑うこと、泣くことができること。
幸福とは、そうした普段、当たり前の状態であることを言う。
私たちはこうした絶対的価値よりも、まだ手にしていない
相対的価値ばかりに目がいく。
しかし、私たちは既に手にしている、真に価値のあるものに
対して感謝すべきである。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆例えば、学費を払ってくれるお父さん。いつもおいしい食事を
用意してくれるお母さん。また結婚している人であれば自分で汚した
洋服の洗濯までしてくれる奥さん。
それを当たり前として、感謝の心を忘れてはいないだろうか。
例えば、お店で働いてくれているメンバーがいる。
真面目で一生懸命がんばっているありがたい存在なのに、ただどんくさい
というだけで、そのメンバーを否定してしまうことはないか。
◆例えば、家族がみんな健康に生活している。
その状態がありがたい、感謝すべきことであるにもかかわらず、
些細なことで、不平を口にしたりしていないか。
その人が充実した毎日を感じられる状態であれば、
それこそが幸福ということである。
まずは、自分の存在に関わるすべてのことに感謝の気持ちを
持ちたいものだ。
『こうなりたい』と思う事はすばらしいことだが、それ以前に
あらゆることを感謝の心でとらえることが大切だ。
◆まず自分があって、その自分を支えてくれる人がいて、
さらに夢を持つことができる状態があって、
そこで初めて『こうなりたい』という思いは生まれてくる。
『こうなりたい』と思う自分像になれる人とは、全てを
当たり前とせず、常に感謝の心で生きている人である。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆『感謝』することの大切さは、世界じゅうでいわれてきたのですね。
・感謝は最上の美徳であるだけでなく、すべての美徳の母でもある
                 キケロ
・感謝する技術とは、あなたの感謝の気持ちに手や腕や脚をつけ、
声を加えることで感謝することである
 感謝する技術とは、他人も幸福にしようと努力することで、
自分の幸福を感謝することである
                W・A・ピーターソン
・まことに感謝の心こそ他を活かし自分を活かすゆえんである
                 本多静六
◆「おかげさま」でないものは、この世にひとつもありません
みんな「おかげさん」で成り立っているんです
                相田みつを
・「感謝する心」は、心穏やかに生きる最高の発明品です
                 斎藤茂太
・「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう!
感謝の心が高まれば高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていく
                 松下幸之助
・深い思いやりから出る感謝の言葉をふりまきながら日々を過ごす
これが、友をつくり、人を動かす妙諦である
                デール・カーネギー
※お薦め書籍『きみはなぜ働くか』はこちら!
きみはなぜ働くか。(日経ビジネス人文庫)/日本経済新聞出版社

¥680
Amazon.co.jp
---------------------------------------------
<魔法のレシピ>
■ 当たり前を、当たり前と思う人に成功はない!
例えば、家族がみんな健康に生活している
その状態がありがたい、感謝すべきことであるにもかかわらず、
些細なことで、不平を口にしたりしていないか?
■ まず自分があって、その自分を支えてくれる人がいて、
さらに夢を持つことができる状態があって
そこで初めて『こうなりたい』という思いは生まれてくる!
『こうなりたい』と思う自分像になれる人とは、全てを
当たり前とせず、常に感謝の心で生きている人である
■ その人が充実した毎日を感じられる状態であれば、
それこそが幸福ということである!
---------------------------------------------
<さくらのB級グルメ>★★★★★ ★
回転寿司の『はま寿司』に行きました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
美味しい創作メニューがたくさんありました。
・紅ズワイガニ天
・広島県産 カキフライ軍艦
・あんきも軍艦
・活〆寒ブリ
・チキン竜田ロール
・和歌山県有田産 炙り太刀魚
・真鱈 白子軍艦
・炙り さんま
定番のメニューも一皿、105円(平日90円)と
お値段もリーズナブルで嬉しいですね。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
・まぐろ中トロ
・ウニ
・いくら
・ネギトロ
大好きです。o(^▽^)o
$さくらの「ウェルシーシェフ」
※『はま寿司』はこちら!

http://www.hamazushi.com/hamazushi/topics/2012/1129000522.html

$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆回転寿司の『はま寿司』は、牛丼の『すき屋』を展開する
ゼンショーグループなのですね。
ゼンショーグループの理念
『世界から飢餓と貧困を撲滅する』
ゼンショーは、創業から30年近くの時を経て、
グループ全体で約4,580店舗、
売上高約4,361億円(2013年3月予想)の規模に成長。
日本の外食企業ではNo.1の地位を確立しました。
特にこの10年間の推移をみると、売上高で約20倍という
成長を果たしています。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆ゼンショーの小川賢太郎会長はいいます。
次に目指すのは「フード業世界一」
『世界から飢餓と貧困を撲滅する』ために『フード業世界一』
を目指す!
※ゼンショーグループのトップメッセージはこちら!
http://www.zensho.co.jp/jp/company/message/

※ゼンショーグループのIR情報はこちら!

http://www.zensho.co.jp/jp/ir/index.html?id=hd

※ゼンショー社名の由来!

http://www.zensho.co.jp/jp/company/identity/index.html?id=sb

豊かなB級グルメ大国!日本に生まれたことに
心から感謝しています。d(⌒o⌒)b♪
ありがとうございます。