11185870_684350038378263_526287911_n

こんにちは。(まる現)の久家邦彦です。

熱海で『思いを現実化する戦略策定」の合宿をしてまいりました。
澄んだ空氣のなかに、海と山と熱海城が見える素敵な空間で
ゆったりと温泉につかり、さらなる生命力と智慧と情熱が
湧きでてまいりました。

■あなたは、こんなことを感じたことはありませんか?

√ いろいろ学んでいるけど思ったような成果がでない、

√ 目標を達成できてない、

√ 突き抜けた成果がでない、

√ 人と話すのが怖い、

√ そもそも自分は幸せになっていいのだろうか、

時間とお金をつかって学んできたのに、思ったような結果が
でないのは悲しいことですよね。

 

■実は18年前、私も同じ悩みを抱えていました・・・。

18年前の私は、成功法則や営業、マーケティングに関して、多額の自己投資をしていました。

また、本やセミナー教材、メンターから学ぶだけでなく、
日々の仕事でも実践していたので、知識やノウハウはかなり豊富にありました。

 それに、これらを実践すれば、夢が叶い、
目標が達成できて、理想の毎日を生きられるという自信もあったのです。

ところが、、、。

思うように夢や目標が実現しないのです。

当時の私にとっては、不安、恐怖、焦りが日常でした。

いったい何が、間違っていたのかまったくわからなかったからです。

■今にして思えば、大きな問題があったのです。

せっかく本を読んだり、セミナーに参加したり、教材から学んでいても

√ 心の底の底のほうでは、 自分を信じることができなかったり、

√ 「自分には無理だ」と感じてしまったり、

√ 先生や廻りの人に認められたこともなく、

√ ゴールのイメージを思い描くことができなかったりしたのです、

もちろんこれは、学歴や経済状態、先生や親の問題ではないのです。

何が問題かというと・・・。

11198449_684535255026408_2028350239_n

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<卓越のレシピ>

内側が変わらなければ、何も変わらない!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ⇒ もちろん、自分自身の問題です。

当時は、目標を決めても、環境や他の人の責任にしていましたから

その結果、「いつも目標を実現できない!」という非常に悔しい経験をしていました。

さらに情けないことに、、、。

「今回はしょうがない、次回にしよう・・・。」と、
ズルズルと先延ばしばかりしていましたから。

 

■ある時、氣づきました。

「自分が変わらなければ、何も変わらない」ということに

なぜなら私たちは、一人一人の考え方や、捉え方、信念が
それぞれ違うからです。

例えば、私たちは

・同じ時に、
・同じことを、
・同じ場所で、
・同じ先生から、
・同じ言葉で学んでも、

そのことに対する、考え方や捉え方、感じ方や
その後の行動は、人それぞれで全くが違うからです。

■実験を2つしてみましょう。

===========================

■実験①■

以下の文章の「〜〜」の部分にどんな言葉を入れますか?
直観で3秒以内に答えてください。

⇒「結婚とは〜〜である。」

===========================

3 秒

2秒

1秒

あなたは
「結婚とは~~である。」の「〜〜」に
どんな言葉が入りましたか?

■ワークショップで「この質問」をすると、
人によって全く違う言葉(答え)がでてきます。

⇒ 「結婚とは~~である。」

Aさん「結婚とは、『幸せ』である。」

Bさん「結婚とは、『我慢』である。」

Cさん「結婚とは、『ユニット』である。」

■興味深いのは、それぞれの「結婚」に対する、
イメージ(意味づけ)が全く違うことです、、、

でも、なによりも驚きなのは「そこ」ではりません!!

一人一人それぞれが無意識にもっている
「結婚」に対するイメージ(意味づけ)どおりの
行動をしていることです。

◆Aさん「結婚とは、『幸せ』である。」

現在 ⇒ 結婚相談所に、7年間登録して婚活中です。

◆Bさん「結婚とは、『我慢』である。」

現在 ⇒ 離婚しました。

◆Cさん「結婚とは、『ユニット』である。」

現在 ⇒ 夫婦の関係が冷めている。(仮面の夫婦状態)

??-20

===========================

■実験②■

以下の文章の「~~」の部分にどんな言葉を入れますか?
直観で3秒以内に答えてください。

⇒「大きな声を出す人は~~である。」

===========================

3 秒

2秒

1秒

さあ、今度は
「大きな声を出す人は~~である。」の「~~」に
どんな言葉が入りましたか?

■ワークショップで「この質問」をすると、
こんな答えが返ってきます。

⇒ 「大きな声を出す人は~~である。」

Aさん「大きな声を出す人は『理性がない人』である。」

Bさん「大きな声を出す人は『元氣な人』である。」

Cさん「大きな声を出す人は『ウソをつけない人』である。」

■こちらも興味深いのは、それぞれの「大きな声を出す人」に対する、
イメージ(意味づけ)どおりの自分になっています。

⇒ 「大きな声を出す人は~~である。」

◆Aさん「大きな声を出す人は『理性がない人』である。」

現在 ⇒ 声が小さく、話していても聞き返してしまうくらい声がでません。

◆Bさん「大きな声を出す人は『元氣な人』である。」

現在 ⇒ 大きな声を出す人に好感をもっています。

◆Cさん「大きな声を出す人は『ウソをつけない人』である。」

現在 ⇒ 大きな声を出す人が好きです。

■私たちは出来事や言葉に対して、
「無意識」にそれぞれの『脳内辞書』で意味づけをしています。

言い換えると、「出来事」や「言葉」を
『過去の記憶により無意識に翻訳して』行動しているのです。

ですから、もしあなたが本や、セミナー、
教材に多額の自己投資をしも

√ いろいろ学んでいるけど思ったような成果がでない、とか

√ 目標を達成できてない、とか

√ 突き抜けた成果がでない、とか

√ 人と話すのが怖い、とか

√ そもそも自分は幸せになっていいのだろうか、とか

感じていたら、以下の『3つのポイント』をチエックしてみてください。

■ポイント①■

「思考は変容」したか?

■ポイント②■

「行動は変容」したか?

■ポイント③■

「できる人」になったか?

■私たちが、学び成長するときに役に立つ『3ステップ』があります。

あなたは今、3つどの位置にいますか?

===========================

■ステップ①■
===========================

◆「知る」ステップ!

まず「自分が何を知らないか?」を知ることで、

「誰から、いつ、どこで、何を、どのように学べばいいか?」
頭でわかる。

⇒「思考が変容する」ステップ。

===========================

■ステップ②■

===========================

◆「わかる」ステップ!

学んだことを、細かく細分化して、
一番簡単なベビーステップから行動を始め、行動を続けることで
実践で「わかる」。

⇒「行動が変容する」ステップ。

===========================

■ステップ③■

===========================

◆「なる」ステップ!

やり遂げるまで、改善を重ね続ける習慣を身につけることで
「できる」信念や性格になる。

⇒ 「できる人になる」ステップ

===========================

成功し続けている人は、
自分を思いどおりに動かしている人です。

今までの学びを、突き抜けた成果に変えたい方は
こちらをチエックしてみてください。

⇒ http://marugen.tokyo/seminar

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<卓越のレシピ>

■私たちは、一人一人それぞれの「出来事」や「言葉」に対する、
イメージや意味づけが全く違う!

■私たちは、一人一人それぞれが無意識にもっている
「出来事」や「言葉」に対するイメージ(意味づけ)
どおりの行動をしている

■学びを成果に変える秘訣は
「外」ではなく、自分の「内」から変えていくことである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11185844_684535248359742_149322813_n

追伸:品川で満月をみながら大好きな仲間たちと
ワインをしました。

空氣が美味しく感じる良い季節ですね。
どうぞ素敵なGWをお楽しみください。


10429424_778351602240967_170257959807369577_n

いい選択が未来を変える!
豊かな未来を現実化する!!
日本現実化戦略研究所(まる現)
    久家 邦彦