11212216_686326808180586_1898156636_n

 

こんにちは。(まる現)の久家邦彦です。

東京は爽やかなお天氣ですね。
薔薇の花が、美しく咲きました。

11225651_686326018180665_1157365282_n

今日の、『無敵の魂!潜在意識DNAトレーニング』です!

◎『発明王のトーマスエジソンと母親の話』を聴いたことがあります。

エジソンは1847年2月11日にミラン(オハイオ州)に生まれました。

小学校に入学するも算数の授業中に

「1+1=2」と教えられたのを鵜呑みにすることができず

「1個の粘土と1個の粘土を合わせたら、大きな1個の粘土になる。

なのになぜ2個なの?」

という具合で、授業中に事あるごとに

「なぜ?」を連発していたそうです。

◆さらにエジソンの好奇心は、学校内に止まらず

「なぜ物は燃えるのか」を知りたい!

と思い立ち、藁を燃やしていたところ、

自宅の納屋を全焼させてしまいました。

そんな 少年エジソンは、小学校の先生から

√「君の頭はどうかしてる」

√「この子の性根は、腐っている」

と言われました。

 

■この時、エジソンの母親は先生に

⇒「この子の性根は、腐ってなどいません。

先生、この子は、あなたよりよっぽど立派な大人になります。」

と言い返しました。

そして入学からわずか3ヶ月で、エジソンは小学校を退学します。

 

■エジソンは、母親のこの言葉を生涯忘れることがなかったそうです。

「母親が、自分にとっての最大のヒーローだ!!」

と述べています。

11094215_685028888310378_1456165309_n

====================

■「発明王のトーマスエジソン」はいいます。

====================

 

私の母は、私がまだ若い時に亡くなりましたが

私の全生涯に影響を及ぼしました。

 

幼い私に母が授けた訓練の成果は、失われることがなかったのです。

 

人生の大切な時期に、母が私を正しく評価し、信じてくれていなかったなら、

とうてい発明家にはなれなかったでしょう。

 

私はいつも軽はずみな少年だったので、

異なる考え方を持った母親に育てられていたら、

どうしようもない人間になっていたに違いありません。

 

母の厳しさ、優しさ、善良さの持つ力のおかげで、

私は正しい道を歩むことができました。

 

母のおかげで、今の私ができたのです。

母の思い出は終生、私の宝物となるでしょう。

 

====================

11218788_687806761365924_5657497983374770770_n

■自分の身の廻りに、自分の存在を信じてくれる人

がいる人は幸せですね。

 

あなたは

「もし自分の存在を信じてくれる人が誰もいなければどうしますか?」

⇒ 自分で、自分を信られるるようになればいいのです。

 

私たちは、セルフイメージどおりの行動をします。

セルフイメージとは、

「自分で自分をどう評価しているか?」

ということです。

 

■ある女性は、子供の頃、母親が厳しくて、

「親に怒られるんじゃないか?」と思い、

母親の顔色を伺い、いつもビクビクしていました。

 

■小学校にいくと、

「ある友達のグループが、自分を嫌いなんじゃないか?」

と感じて、いつもビクビクしてしまいました。

そこで他の友達のグループとつき合い始めました。

すると学校でイジメられました。

 

■大人になっても、自分に自信がもてなくて

人のいうことに流され、簡単に約束や契約をするようになりました。

ムリな契約や約束は、守るのが難しく、さらに自信を失いました。

 

■「なぜ、彼女は、人の誘いを『断ること』が

できないのでしょうか?」

それは、子供の頃の記憶があるからです。

 

「親の顔色を伺わないと怒らて嫌な氣持ちになる、、、、」

という、間違った記憶から、

大人になった今でも『断る』と「嫌な氣持ちになる」という

思い込みがあるのです。

 

■ところで、

「人の誘いを断ると、嫌な氣持ちになる。」というのは

 

・「事実でしょうか?」

それとも

・「思い込みでしょうか?」

 

⇒答えは「100%思い込み」です。

 

■彼女は、子供の頃の、間違った記憶からくる、不安や怒りから

自信をなくし、セルフイメージが下がっていたのです。

 

⇒ DNAカウンセリングで、彼女のDNA氣質を分析すると、


・不安を、他の人より10倍感じやすいリスクマネジメントの

DNA氣質が強く発現していました。

 

・また、完璧に執着して、それが強いストレスになることがある、

パーフェクト氣質も発言していました。

 

彼女に必要なことは、

・「他人との人間関係」を氣にするまえに、まず、


⇒「自分との人間関係」を改善することです。

11245341_686326411513959_1543773279_n

 

====================

■「良好な人間関係をつくる!3つの秘訣」があります。

====================

 

■秘訣1■ 「人間関係は、100%自分の責任だと考えて行動する」

 

⇒あなたが、「1%」でも相手の責任にしたら、

その関係を改善できません。

 

⇒反対に、もしあなたが

「人間関係は、100%自分の責任だと考えて行動していれば、

もし相手とあわない場合、

自分から主体的に、その相手と距離を置くことができます。

 

■秘訣2■「人間関係には2つある」

「他人との人間関係」と「自分との人間関係」

⇒ 「他人との人間関係」ばかり考えている方はご注意ください。

 

なぜなら、「相手の顔色ばかり伺っている」と、

強いストレスを抱えたり、頼まれたことを断れなくて

ムダな出費や時間が重なる可能性があるからです。

 

そればかりか、なかには、、、

「人の顏色ばかりうかがっている」と

圧力をかけられたり、イジメられたり、騙されることがあります。

 

■私たちが住んでいるこの世界は、

セルフイメージどおりの現実が現れてきます。

 

◆もしもあなたが、

「自分が好きではなく、自分を侮れば、、、、

 

⇒いずれ相手も自分を侮るようになる」ということです。

 

◆ 反対にあなたが「自分との人間関係」をマスターして、

自分の氣元を自分でとり、いつも上氣元で、自分が大好きになれば、、、

 

⇒ いずれ人からも好かれるようになる。

 

■秘訣3■「人間関係はテクニックだけを学んでも、上手くいかない理由を知る」

良い人間関係は一時的なものではありません。

 

良い人間関係とは、長期的に

お互いが豊かになるだけでなく、

廻りの人にもより良い影響を与えます。

 

「人間関係のテクニック」はいずれ通用しなくなります。

なぜなら、人間は相手が心から自分のことを、

思っているかどうかが、わかるからです。

11216127_686326014847332_756607094_n

====================

■そもそも『自信がある人』と「自信がない人』の

違いを、ご存知ですか?

 

「自信」とは何でしょう!!

 

「・・・」

 

「・・・」

 

「・・・」

 

「自信」とは「当人の思い込み」です。

 

「自信」は『自分とのコミュニケーション』で

つくることができます。

 

■21年間でのべ7万3400人の研修や
個別セッションを担当するなかで


・いじめられっこが、世界チャンピョンになった


・対人恐怖症の人が、業界最大の事業を築いて大富豪になった

 

・自殺志願者が、豊かなリーダーになった

そんな例を何人も観てきました。


DNA潜在意識トレーニングは

こちらをチエックしてみてください!

 

⇒ http://marugen.tokyo/seminar


思いが原因、人生は結果、浮かんだことは必ずできる!!

毎日1%づつ成長してゆきましょう!!

いい選択が未来を変える!

豊かな未来を現実化する!!

日本現実化戦略研究所(まる現)

    久家 邦彦