$さくらの「ウェルシーシェフ」
斎藤一人さんに教えていただいた「つきには法則がある」
というお話しを、さらに深くシェアーさせていただき
より多くの方が「ツイテル人」になっていただければ嬉しく思います。
掛け算でも 5*8=40とか、公式を知っている人は
何度やっても5*8=40と同じ答えがだせます。
ただ、あてずっぽうで答えを出した人は、いつも
同じ答えをだすことは難しいです。
「つきの法則」もこれと同じで、今週、書かせていただいた
「下駄の話し」とか「お数珠のお話し」とか、
「つきの法則」を知っている人は何度でも「ついてる人になる」
ことができるそうです。
変な人の書いたツイてる話/斎藤 一人

¥1,575
Amazon.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
「つきの法則」を活用しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆さらに斎藤ひとりさんは
2005年までの6年連続で実質納税額が1位というのは
「奇跡」なんだよ。と教えてくださいます。
「奇跡の定義」は、ちょくちょく起きたのは奇跡ではない。
ただし、まったく起きないのも「奇跡」ではないといいます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆例えば、夏になるとアスファルトを突き破って
草が生えているのを見かけることがあります。
弱い草が、固いアスファルトを突き破るなんて
いうのは「奇跡」です。
もし、アスファルトに力ずくで、草を押しつけたら、
アスファルトを突き破るどころか、草は「青汁」に
なってしまいます。
ではなぜ、弱い草が固いアスファルトを突き破れるのか?
実は「奇跡」を起こすのにも法則があり
何度でも「奇跡」を起こすことができるそうです。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆「奇跡を起こす法則」とは
「自分はついてるんだ」と思い、今、自分がもてる最大
の力で、「ジワー」とやり続けることです。
弱い草が、固いアスファルトを突き破れるのも、
これと同じで弱い草が最大の力で「ジワー」と
押し続けることで固いアスファルトを突き破ったのです。
だから、私たちが奇跡を起こすのも、私たちが今持っている
力はどんなに小さくてもいいそうです。
「自分はついてるんだ」と思い、今、自分がもてる最大
の力で、「ジワー」とやり続けることです。
◆そういわれてみれば、自分が過去には出来そうもないことが
出来るようになったのは、
自分がもてる最大の力で、ジワー」とやり続けた時でした。
いつでも、何度でも
「つきの法則」や「奇跡を起こす法則」を活用することは大切ですね。
斎藤ひとりさん、お読みいただいている皆さま
豊かな氣づきを、本当にありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■「つきの法則」を知っている人は
   いつでも「ついてる人になる」ことができる
■「奇跡を起こす法則」とは「自分はついてるんだ」と思い
自分がもてる最大の力で「ジワー」とやり続けることである
■いつでも「つきの法則」や「奇跡を起こす法則」を活用しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
マカオで1番人気の『エッグタルト』を頂きました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
これを食べずには帰れないとまで言われています。
東京でも昨年ブームになり、食べてはいましたが、
マカオのスイーツの頂点に君臨する人気店のエッグタルトは
ホントに格別ですね(^^♪
サクサクと軽やかなパイ生地とトロトロで
なめらかなカスタードが絶妙です。
焼きあがる先からどんどん売れているので、
焼き立てを食べる事ができます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
熱々でヤケドしそうなエッグタルトはいくつでも
食べられそうな美味しさでした。
お店は「カフェ・エ・ナタ」というカフェで
野外のテラス席で頂けます。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
ペタしてね