大人氣の映画『アバター』を観てきました。
「3Dの立体映像で凄い迫力・・・」
映像技術の進化を感じさせてくれました。
この映画の興行収入は、すでに「タイタニック」を抜いて世界一ということで
平日なのに満員でした。
「アバター」は中国では上映禁止になっているそうです。
民族紛争が理由ということですが・・・
「アバター」の迫力は、人を啓蒙する力が強いのかもしれませんね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
世の中を、心の目で見よう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆時は22世紀。
主人公ジェイク・サリーは、地球上での戦争で負傷して下半身不随になった元海兵隊員。
彼はアルファ・ケンタウリ系惑星・ポリフェマスの最大の衛星パンドラでの作戦アバター・プロジェクトの参加者に選ばれる。
このプロジェクトに参加して無事に地球に戻れば、高額の報酬とともに足も治して
もらえるというものだった。ジェイクはパンドラへ向かうことを決意する。
それは恐ろしげな動物や植物が共存する深いジャングルに覆われた未開の星であった。
◆パンドラでは、肉体的には人間よりも能力が高く、研ぎ澄まされた感覚を持つ人間そっくりの種族、ナヴィが生息していた。
3メートルの身長、尻尾ときらめく青い皮膚をしたナヴィは、原始的ながらも自然と調和した暮らしを送っていた。
ジェイクのアバターはパンドラ駐在の科学者グレース博士のアバターと共に,
戦士としてナヴィの生活を学び言語の習得に努める.
◆ナヴィがテリトリーとするパンドラの森の奥には希少鉱物が埋蔵しており、
それを求める人間との間で小競り合いが発生していた。
ジェイクは、この侵略に加担する一員として起用されていた。
人間はパンドラの大気を呼吸できないため、人間とナヴィを組み合わせた肉体、
アバターが遺伝子操作で作り出された。
ナヴィそっくりに作られたアバターの体は、ドライバーとなる人間の意識と連結させる
ことで人間がコントロールし、現実の世界でナヴィとして実際に生活することができるのである。
ジェイクはアバターのボディを借りている間だけ、再び歩ける体を取り戻すことができたのだった。
◆パンドラのジャングル深く、スパイとして送り込まれた彼は、ナヴィの女性ネイティリと出会う。
彼女は若くて美しく、そして勇敢な戦士であった。
ジェイクは彼女のもとでナヴィとして生活しながら、森に住む多数のすばらしいもの、
同時に危険なものに出くわす。
そして息をのむほどに美しいパンドラの自然に魅せられ、それと共存することの尊さを学んでゆく。
 
◆時が経過するうちにジェイクは種族の垣根を越えてナヴィに溶け込み、そしてネイティリと恋に落ちる。
その結果、ジェイクは採掘活動を進める地球の軍隊とナヴィの間で板挟みとなり、パンドラの運命を決める
一大決戦で、どちらの味方につくか、決断を迫られることになる。
ジェイクはネイティリと愛し合い結ばれるが,そのとき傭兵集団の一斉攻撃が始まった….
◆ここからの展開は『アバター』をご覧になり、是非、お楽しみください。
「力や富、権力のみを目指す強欲な生き方」と、「自然と共生する生き方」とが
ぶつかる時の「選択基準」を考えさせられるストーリーでした。
「映画って本当にいいですね。」
素敵な映画を本当にありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■ 目の前の利益のみに生きるのではなく
人生で本当に欲しい気持ちで毎日を生きよう
■ 木を見て森を見よう
■ 心の声を聞き、それに従おう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級グルメ> ★★★
 
新宿にある「博多ばってん食堂」で、もつ鍋をいただきました。
 
ここのもつ鍋は、新鮮でぷりぷりした美味しいモツと
ちゃんぽん玉に、豚骨ふうのだしが、とてもよく合います。
 
生ビールは、何杯、いただいても190円ですので
モツ鍋にビールという組み合わせがお好きな方にはお勧めですね。
ちなみに、黒豚のコロッケも、ふくよかな味わいで美味しかったです。
 
お通しは、一人500円
 
サービスも気持ちよく、よい雰囲気意のお店なのですが、
一緒にモツ鍋を食べていた方が、お店のスタッフに「あなた笑顔がいいですね。」
と、明るく励ましていたのが印象的でしたヾ(@^▽^@)ノ
気持ちのよいひとときを感謝しています。
ペタしてね