ユダヤ人大富豪の教え/本田 健

¥1,470
Amazon.co.jp
「ユダヤ人大富豪の教え」などの、ベストセラー作家である
本田健さんの講演をお聞きしました。
本田健さんのお話しは、とてもソフトで心に響きます。
お金の専門家として複数の会社を経営され、アメリカに住まれていたこともある
本田健さんの「これからのビジネスや、お金、そして人生についてのお考え」や
「対策」について感じたことを書かせていただきます。
あなた様のビジネスや人生にお役に立てば嬉しく思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
どんなに社会が変化しようが不安に振り回されず
自分を磨いていこう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
$さくらの「ウェルシーシェフ」
◆本田健さんは
これから『さらにコンテンツが無料化していく』といいます。
現在、インターネットの検索にある情報は、殆どが「無料」です。
これからはさらに
・インターネットの接続も、「従量制」ではなく
殆どが「使い放題」の世代になるでしょう。
・ 国際電話も、スカイプを使うことで、殆ど「無料」になるでしょう。
こうして「無料が当たり前の世界」になります。
つまり、今まで『商品として売れていたものが、商品として売れなくなっていきます』
それでは「無料が当たり前になっていく世界では、どのようにビジネスをすれば良いのでしょうか?」
◆本田健さんは
「世界でドルへの不信が、すすむこと」もお話しされていました。
最近では、アジアで商売をしている現地のおばさんも
「ドルを嫌がることがある」そうです???
さらに日本でも、これから金融不安に陥る可能性があるそうです。
日本はこれから、さらに・・・
・不況がひどくなる
・リストラが大量にでる
・収入と消費のどちらも、二極化していく
そして「預金封鎖もありえる」そうです。
本田健さんは、主婦や、女子校生が「銀行に預けたお金がヤバイらしいよ!!」
というメールを携帯から送る頃から、日本の金融不安がはじまるのではないか?
というお話しをされていました。なんだかイメージできちゃいますね。
◆本田健さんは、これからの時代の「キーワード」は
「成功」とか「お金」というものが減少していき・・・
『自分らしく』『等身大で』『いまを楽しく生きる』
といった生き方をする人が増えてくるといいます。
そして、さらに2極化してゆき
■(A)不安や恐れから、引きこもりのような生活をする人
■(B)自分の才能を磨いて、道を切り開いていく人
という(A)か(B)の、どちらかの生き方に分かれてくるそうです。
◆本田健さんは、このような未来予想の中で、これからの時代を
より幸せに豊かに生きるためのアドバイスもくださいました。
例として、昨年、豚インフルエンザ騒動が起きました。
では、あなたの身の回りで豚インフルエンザに
・かかった人はいますか?
・今、何人くらいがマスクをしていますか?
殆どの人は、問題なく大丈夫だったと思います。
本田健さんはいいます。
『どんなに社会が変化しようが、不安に振り回されず、自分を磨いてください。』
なぜなら、極論ですがたとえお金の価値がなくなったとしても、
・私達人間は食事をしなくては生きていけません。
・髪が伸びれば、切らなくてはなりません。
つまり仮に今の資本主義が崩壊したとしても
私達が生活していくためには必ず、何かしらのサービスや商品が必要とされます。
ですから、そんな時代がきたとしても提供できるサービスを
いまから準備しておくことを教えてくださいました。
◆そして、その準備のためには、いつも
「人がお金を払いたくなるのはどんなときなのか?」
を考えることが、良いヒントになるそうです。
本田健さんは、21世紀は「お金のかからないものを自由に与えて、
自由に受け取る時代が来る」といいます。
明日から2回にわたり本田健さんの講演で教えていただいた
これからの時代でも「より幸せに豊かに生きる秘訣」について書かせていただきますね。
有難うございます。
◆本田 健さん 「幸せな小金もちになるホームページ」はこちら
http://www.aiueoffice.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■お金のかからないものを自由に与えて、自由に受け取る時代にも
必要な商品やサービスがある
■「人がお金を払いたくなるのはどんなときなのか?」考え、準備をしよう
■ 世界でドルへの不信と、日本の金融不安に備えよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★
居酒屋さんのランチで、大根おろしがたっぷりかかった
和風ハンバーグのソテーと、ナスの炒め物、揚げだし豆腐と
おダシの効いたお味噌汁の定食をいただきました。
$さくらの「ウェルシーシェフ」
居酒屋さんのランチは、味が良いところが多くて嬉しいですね。
やはりお酒を飲むひとは、味に拘るひとが多いのですかね?