強運を学ぶ映画の第3弾として「10億分の一の男」を観ました。
未曾有の大地震のなから、強運のカジノ王サムに拾われ育てられたフェデェリコは
サムが経営するカジノで、勝ちすぎているお客がいると
その人の身体に触れて「運」を奪い取ってしまう力をサムに教えられます。
ある時、フェデェリコはカジノ王のサムから離ようとします。
ところが別れ際、カジノ王のサムはフェデェリコの身体に触れ、
抱きしめ、フェデェリコの運を奪い取ってしまいます。
その後、フェデェリコは『強運を持つものを探す』旅を始めます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
『運』を意識し、コントロールしよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆その後、フェデェリコは飛行事故で273人の乗客の中で唯一生き残った男
トマスに出会います。
実はこのトマスは強盗をしてきて、女性刑事のサラに追われています。
フェデェリコは保険屋になりかわり、この強運な男トマスと組んで
自分の変わりに他の強運者達を相手に賭けをさせます。
そして「10億分の1の男トマス」は、次第にゲームに勝ち進んでいきます・・・
◆DVD「10億分の1の男」を観ていると
普段、目に見えない「運」の流れを意識してみると
「運」を、自分自身でコントロールできることに氣づいてきます。
さくらが感じる、自分自身で「運」をコントロールする秘訣とは・・・
・『強運』の人とつきあうこと
フェデェリコは「強運な人間」に会いにいき、その「運」をテストします。
・『成功体験を重ねることで「運」を重ねて、さらなる強運を意識すること』
トマスはゲームに勝つことで、次第に自分の「運」を確信していきます。
・重要な局面では必ず勝つこと・・・『強運者』であること
ラストシーンをお楽しみに・・・
 
◆トマスも最後には、フェデェリコから「強運」を吸い取ったカジノ王サムと
命をかけた、逆ロシアンルーレットの賭けをすることになります。
(拳銃の6個の弾奏に5発の弾をつめ1箇所だけ空にする。そして、
順番に相手を撃ちあう)
その結果はいかに???
・日本の歴代納税額1位である 斎藤一人さんは
「実力は運には勝てない」といいます。
・経営の神様といわれる 故 松下幸之助氏は
「自分は運がよかったから成功した」といいます。
・日本で最も多くの会社を上場されているご兄弟の兄で2社を上場している尊敬している事業家の強運の師匠は
『「運」はつかめる。「強運になりなさい』といいます。

『強運』になりたいかたや『強運』にご興味がある方は
DVD「10億分の1の男」をご覧になってみてはいかがでしょうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■『強運』の人とつきあうこと
■『成功体験を重ねる』ことで「運」を重ね『強運』を意識しよう
■ 重要な局面では必ず勝ち『強運者』になろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
上野広小路にある、とんかつ武蔵野にきました。
 
今日はロースカツをいただきました。
武蔵野のとんかつは、衣の揚げ具合がふっくらしていて
嬉しかったです。
 
赤だしのお味噌汁と白菜のお漬物のお味も
とんかつの味を引き立ててくれます。
1000円で美味しいロースかつを食べたい方にはお勧めです。