ビジネスで失敗する人の10の法則/ドナルド R キーオ

¥1,680
Amazon.co.jp
ドナルド・R・キーオの『ビジネスで失敗する人の10の法則』の
法則 2『柔軟性をなくす』から書かせていただきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
柔軟性を持ちつづけよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「リスクをとらないこと」と「柔軟性をなくすこと」は
密接に関係しているが、重要な違いがある。
本当の意味で「柔軟性がない頑固者」は、自分の流儀を確立していて
成功の法則に絶対の自信をもっているために。そもそも他の方法が
見えなくなっているのである。
◆コカ・コーラ社でそうなったことがある。
1920年コカ・コーラという商標の使用権をめぐった訴訟に
決着がついた。
オリバー・ウエンデル・ホームズ判事が
『ひとつの源泉から供給される、ひとつの商品であり、社会に良く知られている』
として、コカ・コーラ社『勝訴』の判決をだした。
◆コカ・コーラ社の経営陣は、この言葉に感激して、聖書の言葉のように扱った。
そして『あの緑色のビンに入った6オンス半のコカ・コーラ』しか
コカ・コーラと考えなくなった。
ところが、1939年、ペプシコーラ社では、12オンス(360ミリリットル)で
ペプシ・コーラを売るようになり
マーケティングの天才、ウオルター・マックが、素晴らしいコピーをつくった。
『同じ5セント、量は倍』
◆ペプシは値段は同じで量は倍ということで、アメリカの消費者の間で
人氣が高まっていった。
1947年から54年までで、ペプシの売上は2倍になり、コカ・コーラ
の売上は横ばいだった。
状況が変わったときに、それまでの流儀を守りとおす。すると失敗する。
『これが人間の悲劇だ。状況は変わり、人間は変わらない。」
             マキャベリ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<魔法のレシピ>
■状況が変わったとき、それまでの流儀を守りとおすと失敗する
■素直に世の中をみよう
■時代の流れに乗ろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<さくらのB級ぐるめ>★★★★
サイゼリヤでワインをしました。
さくらの「ウェルシーシェフ」-100216_2219531.jpg
スープは、野菜たっぷり田舎風ミネストローネ
さくらの「ウェルシーシェフ」-100216_2217551.jpg
そしてチーズたっぷりのシエフサラダに、マルゲリータピザ
 
が赤ワインによくあいます。
 
仕上げは、こんがりパリパリの地中海風ピラフを
楽しく皆でシエアーしました。
有難うございます。
■サイゼリヤはこちら
http://www.saizeriya.co.jp/